【フィジー】セレブな旅行者が集まるラグジュアリーな島/ビーチまとめ

【フィジー】セレブな旅行者が集まるラグジュアリーな島/ビーチまとめ

南太平洋には、風光明媚な島国がある。その中でもいくつかの島から成り立ち、一つの国としてある「フィジー」は、青い海と白い砂浜で有名な楽園の島国であることを紹介する。

いくつかの離島からなるリゾートの島国「フィジー」

正式名称はフィジー共和国で笑顔があふれる南太平洋の楽園と言われている

面積は1万8279㎢で、人口は約84万9218人。首都はスバで、使われている言語は英語を始め、フィジー語、さらにはヒンドゥー語もある。年間を通して気候に恵まれており、雨季と乾季に分けられる。

オーストラリアやニュージーランドを始めとする国があるオセアニア州に位置する

オーストラリアやニュージーランドを始めとする、オセアニア州にフィジーは位置する。もちろん赤道から下にある南太平洋にも位置していて、所有している島は300以上もある。

理想の天国あふれる、フィジー最高の島「マナ島」

ここもなかなか素晴らしい楽園だと言われているマナ島も見ておきたい

フィジーで1番人気のあり、日本人観光客も多く訪れる「マナ島」。神が宿る島と信じられていて、リゾート地としても最大の規模がある。周りを囲む海とそれに伴う白い砂浜が素晴らしい。

ゆったりとくつろいだりシュノーケリングも楽しめるノースビーチ

一度ここに来たものは、再び帰って来るという伝説もある、神秘あふれる島のビーチ。「ノースビーチ」「サウスビーチ」「サンセットビーチ」という3つのビーチがこの島の魅力である。

燃える太陽がどんどん地平線へ沈んでいくのを見られるサンセットビーチ

情熱あふれる夕日が沈み、1日の終わりを告げる。簡易に作った場所を示す看板が目印で、ここは日没の時刻に訪れておきたい。太陽の光によって、海も赤く染まるという印象もある。

南の位置にあるサウスビーチもすごく楽しいビーチスポットと言える

名前の通り南の位置にあって、シュノーケリングやダイビングにも打ってつけな場所。魚がたくさん住んでいて、複数人で乗るボートやジェットスキーなどのマリンスポーツも頻繁に行われる。

美しい夕日が感動を呼ぶ「トコリキ島」

出典:www.flickr.com

プライベートビーチも備わっていてハネムーンにもぴったりなトコリキ島

ママヌザ諸島の北にある、トコリキ島。ここの周囲はプライベートビーチに囲まれているので、新婚旅行やカップルに人気のリゾートの島とも言われている。

トコリキ島のビーチは透明度が高くてシュノーケルに打ってつけだ

透明度の高い海なので、シュノーケルの視界がはっきりしていろんな魚を見れる。浜辺の砂も白いので、ここにいると時間の流れを思わず忘れてしまいそうだ。

シェラトン リゾート & スパ トコリキ アイランド フィジー

トコリキ島にはたくさんのリゾートホテルがあるが、その中でも特に群を抜いているのがこのホテルだ。客室は全部で101室あって、島ならではのアクティビティ活動も楽しめるようになっている。

きめの細かい白い砂浜が広がる「マタマノア島」

出典:www.venere.com

100万ドルのサンゴ礁が島全体を囲んでいるマタアノア島もおすすめ

ビチレブ島から一番離れた位置にある島。きめ細やかなホワイトサンドビーチに囲まれた特徴がある。そして周りを囲んでいる海にはカラフルなサンゴ礁があって、小規模なリゾートホテルがお客を魅了する。

出典:www.freepik.com

さらさらとしていてきめ細かくてその上白い砂が堆積したビーチも素晴らしい

この島の浜辺をゆっくり歩いても、1時間程度で済む。フィジー島自慢のビーチはただ歩くだけではなく、ゆっくりとくつろげるという印象があって、砂を記念に持ち帰りたくなる。

地形を生かしたリゾート地が集結した「マロロ島」

周りを囲む海や島全体に広がっている大自然がとても豊かなマロロ島

ママヌザ諸島の最も南にある島で、エメラルドグリーンの海が広がり、有名なダイビングやサーフィンの穴場もある。

カップルのバカンスにも打ってつけなビーチ・ランデヴー・マロロ

マロロ島のビーチに沿った場所に位置する。そこからは、フィジー初めて建てられた、水上コテージが見える。ランデヴーとはフランス語でデートという意味があるので、カップルのバカンスにもぴったり。

常に活気あふれるリゾート地「マロロ・ライライ島」

日常の煩わしさを忘れてのんびりゆったりと過ごしたいマロロ・ライライ島

マロロ島から南東の位置にある。海はもちろん、南国ムード満点の宿泊施設やアクティビティが充実していて、堅苦しさがない特徴があふれる島。

出典:www.agoda.com

洗練された大人のリゾート地として知られるロマニ・アイランド・リゾート

マロロ・ライライ島のビーチリゾート。「ロマニ」とは、フィジー語で「愛」という意味があり、カップルや新婚旅行先で人気の場所となっており、近くの宿泊施設も白を基調とした建物である。

首都だけではなく、南部には優雅な魅力あふれる海岸線がある「ビチレブ島」

フィジーの中で一番大きくて首都であるスバも完備しているビチレブ島

フィジーで最も大きく、首都のスバがあり、国の政治、経済、行政を担う島である。街の見どころも有名だが、太平洋の島だと思わせるリゾートエリアも完備している。

ありとあらゆるアクティビティ活動を行うことができるコーラル・コースト

160㎞もある長い海岸線一帯、コーラル・コースト。この海岸線には、高級リゾートからゲストハウスまで多くのホテルが点在し、フィジー有数のリゾートエリアとなっている。

2番目に大きい、豊かな自然の島「バヌアレブ島」

まだまだ手つかずの豊かな自然が残っているバヌアレブ島も素晴らしい

ビチレブ島の次に大きいが、まだ未開発なところもある島。しかし、豊かな自然が残っていて、それらを生かしたリゾートエリアが造られている。

出典:www.gogobot.com

疲れを癒す温泉もあると言われているサブサブの海も十分な見所がある

バヌアレブ島の南に「サブサブ湾」という海がある。ここには、カラフルなサンゴ礁が広がっており、無垢な自然の中でのバカンスを楽しめる。

ビーチリゾートもよいけれど、この島の観光や自然と戯れる活動も味わいたい!

カラフルな色が全体に行き届いているスリ・ジヴァ・スブラマニア寺院

南半球の中で最も大きいと言われている、ヒンドゥー教の寺院。建てられた背景はインドから砂糖農園に出稼ぎに来た人たちによるもので、1984年に建立された。外側はカラフルで、中にはヒンドゥー教の最高神の銅像が飾られている。

この地で暮らす生き物たちが集まっている素晴らしきクラエコパーク

フィジーに生息する植物や、とても珍しいカラフルな鳥や爬虫類、両生類が暮らしている、自然と共存することをモットーとしたテーマパーク。ちなみにここには地元の小学生たちが社会見学で訪れることも結構多い。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪