旅行費用を抑えて高級リゾートを満喫できる「セブ島」の絶景まとめ

旅行費用を抑えて高級リゾートを満喫できる「セブ島」の絶景まとめ

フィリピンが所有する島、「セブ島」は日本からでも行きやすく、費用も安いことで人気を集めている。もちろんリゾート化も進み、多くの観光客を魅了して、リピーターが増えている要素を紹介する。

フィリピンを世界史の表舞台へ導くきっかけとなった島「セブ島」

セブ島

フィリピンの南東にあるビサヤ諸島に位置し、南北200km以上の細長い島が特徴で、近くにはマクタン島やバンタヤン島などの、小さな島々が点在している。そして面積は4,468 km²で、人口は約385万人。

フィリピン全体から見ても、位置はよくわかる

今回のまとめのテーマとなるセブ島は、たくさんの島々からなるフィリピン全土から見ても、どこにあるのかがすぐわかる。右にはボホール島、右にはネグロス島があって、その間にセブ島が位置する。

対比的な青い空と海、白い砂浜

青い空と海、白い砂浜、それはどこまでも広がっていて、訪れた人たちの心を感動させている。この光景はまさに、日常の煩わしさを忘れさせてくれそうな感じがするリゾート地だ。

マゼランの上陸で、フィリピン全土が知れ渡った

1521年に、航海士マゼランがセブ島に降り立って、島のあちこちの様子を調査して、この島のスペインによる植民地時代が起こったことから、フィリピンが世界中に知れ渡った。そしてマゼランは、当時のセブ島の王と王妃、たくさんの住人にキリスト教の洗礼を与えた。

セブ島とつながっている、リゾートの小さな島「マクタン島」

マクタン島

セブ島と2本の大きな橋でつながっている小さな島。ツアーの宿泊施設が並び、白い砂浜のビーチを始め、ダイビングなどの楽しみも充実している。ちなみに、セブ島唯一の国際空港も、このマクタン島にある。

マリバゴ・ブルーウォーター・ビーチ・リゾート

日本のテレビや雑誌の撮影によく使われ、ビーチだって白くて美しい砂が広がり、客室はホテルタイプとバンガロータイプがあって、ゆったりくつろげるサービスも満載である。ちなみに、ビーチ沿いのリゾートホテルは、安いところも多い。

遊覧飛行

マクタン島では、セスナ機で空から青い海と島々を眺めることができる企画を運営している小さな航空会社がある。やはり空からの眺望は、陸地からとは違った味わいだ。

南部にある、本島唯一のリゾートエリア「モアルボアル」

モアルボアル

セブ島の中央から少し南の海岸にある、セブ本島唯一のリゾート地。白い浜が続く、ホワイトビーチ沿いには、ダイビングサービスやゲストのためのロッジがずらりと建つようになった。セブシティからバスで2時間で行ける、手頃なリゾート地。

ウミガメ

モアルボアルでは、スキューバダイビングやシュノーケリングなどのマリンアクティビティも盛んで、海に潜ると高い確率でウミガメに出会えることもある。そしてウミガメと一緒に海の中を泳ぐのは、なかなか楽しい。

大自然に囲まれた楽園「セブ北部」

まだ日本人が知らないリゾートが眠る「セブ北部」

このエリアは、大きなホテルなどのリゾート設備が集まっていないので、のんびり過ごせるという特徴を持つ。

バンタヤン島

セブ北部のハグナヤから船で行ける島で、シュガー・ビーチとパラダイス・ビーチという見どころのビーチを所有している。またその近くには、オグトン・ケーブ・リゾートという真水に浸かった洞窟がある。

マラパスクア島

セブ北部のマヤという街から、船で渡るとその島にたどり着ける。オナガザメというサメが見られるダイビングスポットや、東側はシュノーケリングに適している海域がある特徴で有名。

西部と南部には、ダイバーに人気の島が位置する。

ペスカドール島

モアルボアルからボートで30分の場所に浮かぶ島。周りはほぼ垂直の断崖になっているため、色んな種類の回遊魚が多くやって来る。

スミロン島

セブ島南東にある小さな島で、フィリピンで初めて海洋保護区になった場所でもあって、ダイビングを行うと群れでやって来る魚に出会いやすい。

出典:www.egoo.net

アポ島

セブ島の隣にある、ネグロス島の南にある非常に小さな島。とても良い水質で、透明度も優秀な海があるので、多くの観光客が訪れる。

この島の自然を思いっきり満喫できる、アクティビティ活動を楽しもう!

ジンベイザメウォッチング

セブ島の海には特徴的な模様と20mもの全長を持つサメ・ジンベイザメがたくさん生息しているので、シュノーケリングやダイビングを通して見ることができる。ちなみにジンベイザメは世界で一番大きな魚類と言われている。

出典:www.viator.com

アイランドホッピング

アメンボのような形をした、特殊な船に乗ってセブ島を出発し、周辺にある小島を渡っていくツアー。シュノーケリングも含まれていることが多く、カラフルな熱帯魚に巡り合える。

スキューバダイビング

周りを美しい海で囲まれている島でやりたいアクティビティ活動と言えば、やっぱりスキューバダイビングが当てはまる。ウエットスーツを着用して酸素ボンベを背負って海に深く潜って、色んな海の生き物と戯れるのは楽しい。

オスメニャピークでトレッキング

セブ島は海だけではなく、気軽に登山ができるなだらかな山・オスメニャピークもある。標高は1015mで意外と低いので、女性の方でも気軽にトレッキングやハイキングができる。

セブ島には、他にもまだまだ旅の思い出になるような場所がいっぱい!

出典:www.notey.com

セブ刑務所のダンス観賞

セブ島にある刑務所では、一般の観光客向けに受刑者のダンスを後悔している。毎月の最終土曜日だけに実施して、管轄機関に問い合わせれば誰でも無料で見ることができる。そしてダンスの後は、受刑者たちと自由に記念撮影することもできる。

マゼラン・クロス

セブ島に降り立って、世界中にフィリピンを広めた航海士・マゼランが作ったとされる、木製の十字架をしっかりと立てた、神聖な場所。ここでは国王と王妃、そして400人もの島民がキリスト教の洗礼を受けた。

出典:badian.info

カワサンの滝

行く道のりはとても大変だが、たどり着いてみると濁りのないきれいな水の滝が流れ落ちてくるので、イカダに乗って水と触れ合うことができる。そして周りは自然の豊かさに満ち溢れている。

山頂展望台トップス

海抜2000フィートもの高さにあるこの展望台から、セブ島の街やマクタン島を一望できる。そしてここからは、夜にしか見られない街のきれいな夜景を見ることもできる。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪