フィリピン屈指のリゾート【ボラカイ島】の人気スポット厳選10

フィリピン屈指のリゾート【ボラカイ島】の人気スポット厳選10

フィリピンの所有する多くの島の中でも、各国から観光客が来る「ボラカイ島」という島がある。島自体が持っている美しいビーチで人気を誇っていたが、開発が進んでより賑やかなリゾートの島となった、それでもこの島はのんびりと過ごしやすい特徴は変わらないことを紹介する。

フィリピンの細長いリゾートの島・ボラカイ島には魅力があふれている!

出典:www.india.com

ボラカイ島

ボラカイ島とは、フィリピンが所有するパナイ島の北西に位置する、細長い島で、全長7.5m、面積1002ヘクタールになる。最初は美しいビーチが目玉だったが、観光のための開発が進み、国際的なリゾート向けの島となって、世界中からの観光客がたくさん訪れる。

フィリピン全土から見ると、かなり小さい島となっている

大きな本土と、たくさんの小さな島からなるフィリピン全土から、ボラカイ島の位置を見てみると、かなり小さな島となっていることがわかる。パナイ島の北からほんの少し離れた位置にあって、地図を拡大しない限りなかなか気づきにくい。

観光客に特に人気のある「ホワイト・ビーチ」で楽しいバカンスを!

ホワイト・ビーチ

ボラカイ島の目玉となっているのが、どこまでも真っ白できめ細かい砂で構成されているこのホワイト・ビーチ。長く延びている白い砂浜がたくさんの人気を集めていて、ビーチ沿いにはリゾートホテル、レストラン、バー、ディスコなどが並んでいる。その地を裸足で歩いてみると、心地よさを味わえる。

ビーチロード

先ほど紹介したホワイト・ビーチに沿って、たくさんの人で賑わうビーチロードがある。ここには、お土産屋さんやレストラン、バー、果物屋を始めとする、たくさんのお店がずらりと並んでいるので、ちょっとしたショッピングも楽しめる。

出典:www.flickr.com

情熱的で真っ赤な夕陽に染められて

ホワイト・ビーチは、青い空が広がる日中でも楽しめるが、もうすぐ夜になることを告げる真っ赤な夕陽によって、ますます素晴らしくなる。真っ赤に染まった空と海、そして地平線に向かって沈んでいく太陽が、私たちの心を感動させる。

この島には、観光にふさわしい見所がたくさんある!

マウント・ロホ展望台

ボラカイ島の東にある一番高い山、「マウント・ロホ」は、先ほど紹介したホワイトビーチから20分歩いて行ける。頂上の展望台(入場料50ペソ)からは島周辺のきれいな海が見られ、特に夕暮れの景色は素晴らしい。

ウィリーズ ロック

先ほど紹介したホワイト・ビーチを歩いていくと見つけられる、まるで座礁した船のような岩。ここは登っても大丈夫で、遠浅の海に居座っていて、上には木が生えていて、その岩の周りには緑色の藻がびっしりと生えている。

人が少なくて静かでのんびりできる「プカシェル・ビーチ」

プカシェル・ビーチ

ボラカイ本島の北西にあるビーチで、丸くて小さい貝「プカシェル」がたくさん砂浜にあることで有名だったが、その貝はアクセサリーなどに使うために拾い集められて、数が激減している。レストランや売店などが集まっていないので、人があまり集まらず、閑静で世界が認めたビーチとなっている。

魚と戯れるシュノーケリングに最高の島「クロコダイル島」

クロコダイル島

ボラカイ島の南東にある、全体の形がクロコダイル(ワニ)のような形をしているためこの名がつけられた小さな島。周囲はサンゴ礁に囲まれていて、シュノーケリングやダイビングを楽しめる絶好の場所でもある。

冒険気分を味わえる洞窟のある「ラウレル島」

出典:kanoilander.com

ラウレル島

ボラカイ島とパナイ島の間にある島。ここには、クリスタル・ケーブという波が岩に叩き付ける大きな洞窟があって、入ると水晶のように輝く岩があると言われている。(入場料150ペソかかる)

この島のダイビングスポットは、どれも海の宝庫と言えるものばかり

カミアⅡ

深さ30mのところに、15年くらい前に沈没した船があって、そこには日本では見られない魚の群れがたくさん暮らしている。もちろんダイビングで船の中に入ることも可能だ。

フライデーズロック

最大の深さは18mで、初心者でも楽しめる。前が見えなくなるくらいの魚の群れがやって来て、日本では珍しいオレンジ色の熱帯魚・クマノミも生息している。

バリンハイ

9~20mのドロップオフ(急斜面・断崖)で、豊富な種類のハゼを始め、マンタやイトマキエイに遭遇することもある。

プンタブンガ

出会える魚は大物から小さいものまで幅広く、図鑑にも乗ってない珍種にも出会える確率も多い。何しろ、カラフルなサンゴ礁があるのでたくさんの魚が棲みついている。

ヤパック

中級、上級者向けのダイビングスポットとなっている。さらに12から4月は、高速で泳いでいる50匹ほどのマグロの群れを見かけることもある。

この島を思いっきり満喫できる、アクティビティ活動にも参加しよう!

アイランドホッピング

ボラカイ島に来たらやっておいてほしいアクティビティ活動が、このアイランドホッピング。変わった形の船で島と島を繋ぐ短い旅を繰り返しながら大海原を渡っていくという活動で、中にはシュノーケリングも含まれていたり、一日かけて行うものもある。

スキューバダイビング

ボラカイ島を囲んでいる、どこまでも広くて深い海に潜って、そこに生息するカラフルな魚たちと戯れるのが、このスキューバダイビング。全く経験がない方でも楽しめるように工夫を凝らしていて、深く潜れば潜るほど海を満喫できる。

出典:boracaylive.com

ヘルメットダイビング

先ほど紹介したスキューバダイビングとは一味違う、海へのダイビング。専用のヘルメットは酸素が送られるチューブが付いていて、20kgの重さがあるが、重さは水の浮力で軽減されて、ヘルメット内はかなり空洞になっているので、被って潜ってもメイクが落ちない。

出典:www.unotours.com

パラセイリング

南太平洋のリゾート地ではよく行われている、マリンアクティビティ。パラシュートが付いた2つの座席に体を固定して、ボートに引っ張られながら空へ上昇する。最高高度は70mにもなり、共に青い空と海を、今まででは味わえなかった興奮と一緒に楽しめる。

バナナボート

フィリピンでよく採れる、黄色くて長いフルーツ・バナナを模った水上ボートに跨って、海の上を滑走する「バナナボート」という活動もなかなかユニークなアクティビティだ。ボートには最大で6人乗れて、安全のために救命胴衣を着けることが義務付けられている。

カイトボーディング

またの名を「カイトサーフィン」とも言う、とてもカッコいいマリンアクティビティ。サーフィンで使うボードより一回り小さいボードとパラシュートのような専用の凧を繋いで、海の上を気持ちよく滑走する。もちろん凧はしっかりと吹いてくる風を受け止めて、ボードを動かしている。

ムード満点な現地のバーで、夜も思いっきり満喫!

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪