【マチュピチュ】高い峰の上にそびえるペルーの空中都市

【マチュピチュ】高い峰の上にそびえるペルーの空中都市

南米ペルーは、先住民族の文明の遺跡がたくさんある。その中の1つ、「マチュピチュ」をご存じだろうか。標高が高い山の上に存在し、インカ帝国の名残がある神殿などが残る、謎だらけの遺跡であるが、一度は探訪してみたくなる場所だということを紹介する。

アンデス文明の神聖な空気が包む空中都市「マチュピチュ」

マチュピチュ

マチュピチュとは、ペルーにあるマチュピチュ山とワイナピチュ山を繋いでいる、標高約2400mの山稜に存在する遺跡。そこは麓からは全く見えず、空中から見ることが可能なので、「空中都市」という名も持ち、1983年には世界遺産となった。

ワイナピチュ山からは、マチュピチュの絶景を見られる

ワイナピチュ山は、マチュピチュより標高が高いので、ここから、壮大なマチュピチュのすべてを眺望できる。

この都市が発見されるまでの過去は、今も調査が進められている

アンデス文明には文字がなかったため、様子をうかがわせる記録のようなものがなく、マチュピチュという遺跡はなぜ造られたのかは、残念ながら現在でも明らかになっていない。
しかし、ある考古学者の研究によると、以下のようなことが推定されている。

1、マチュピチュは、アンデス文明の最後を象徴する「伝説の都市」でもある
インカ帝国は、スペインの侵略によってほぼ滅亡状態になった。
追い詰められたインカの人々は、深いジャングルの奥に、スペインへの抵抗のための作戦を考える基地を作った。
とうとうインカ帝国は滅びてしまったが、その基地がスペインに発見されることはなかった。
なので「伝説の都市」という肩書きもあった。

2、遺跡となった建物には、驚きの建築技術が生かされていた!
ペルーは地震が多い国で、マチュピチュがあるのはなんと活断層の上なのだ。さらにその地は降水量も多いため、より地盤が緩いことは明らかである。
マチュピチュにある建造物は、見栄えがよいと思われがちだが、「あること」にも備えてあるのだ。
そう、答えは「地震が来た時に備える」である。

それに応える造りの方法は、正しく噛み合うように石を加工して、隙間が出ないように組み合わせる。
さらに、建物の60%を地面に埋める。その底には雨がたくさん降っても水はけが良いように粉砕した石を敷き詰めておく。

これらの技術が生かされずに、ただ石を積んだだけでは、当然大地震によって崩れて、本当に失われた遺跡となっていただろう。

インカ帝国の足跡が残る謎だらけの遺跡めぐり

遺跡入口が、観光のスタート地点とゴール地点である。そこでパスポートチェックを受け、少し歩くと、マチュピチュ遺跡めぐりが始まる。
なお、マチュピチュでは歩く道筋が決められていて、前の遺跡に戻りたいと思っても戻れないので注意。

出典:gokimdo.com

見張り小屋

遺跡内で、南の位置にある小屋。現在ではマチュピチュ全体を一望できる場所として有名。名前の通り監視の役割ができるように、マチュピチュで最も高い所に指定した。

儀式の石(葬儀の石)

インカの世界観が反映されているのではないかと言われている、花崗岩(かこうがん)でできた石。これは神に捧げ物をするために使われたのか、死体を納める墓地として使われたのではないかと今でも研究されている。

段々畑

日本にも見られる、作物を育てるための段々畑。日光や降り注ぐ雨水の恩恵を受けて農作物が育つように、斜面に造られた。畑の中は土だけではなく、小石や砂利を敷き詰めて、水はけをよくしているのが特徴。

市街地入口

大きな石で造られた、覗くとワイナピチュ山が見える門。また、入り口の3か所にひもを通せる穴が開いているので、木の扉が取り付けられたこともあった。

太陽の神殿

マチュピチュで唯一の、滑らかな曲線を持った石造りの壁の建物で、その名前の通り、昇る太陽が神殿を照らすから、この名前が付けられた。

石切場

その名の通り、マチュピチュの遺跡を築くのに不可欠な石を切り出した場所。ちなみに石の種類は儀式の石も構成している「花崗岩」である。

出典:kinooze.com

作業小屋

職人自ら住み込み、建物の重要な材料となる石を加工していた小屋。これだけ広いことからたくさんの人が暮らしていることが推測される。

3つの窓の神殿

窓は本当は5つあるのだが、左右の2つは塞がれているので、3つの窓の神殿と呼ばれていて、この神殿から、インカ帝国を築いたといわれる伝説が残っている。

主神殿

未完成だが、マチュピチュの中で一番重要とされている神殿で、広場に面しており、ミイラが置かれたとも推測されている。積まれている石はすべて四角い石なので、構造が遺跡の中で一番しっかりとしている。

神官の館

その名の通り、神官を待機させた場所。神聖な祭典を行う時に必要な神官は、待つだけではなく祈りを捧げたりもした。

神聖な広場

少し崩れてはいるがマチュピチュの中央にあり、見どころも集結している。何より標高の高い位置にあるので、素晴らしい見晴らしも楽しめて、先ほど紹介した上3つの神聖なる建物が、まるで守るかのように取り囲んでいる広場となっている。

インティワタナ(日時計)

この角柱は東西南北を指す角があり、太陽暦で暦を図っていたインカの人々が、季節を読み解くための日時計として利用していたものである。

メイン広場

区域を分割する役割もあった広場。
観客席の跡もあり、色んな催し物や祭典などが行われた。ここはまさに野外競技場だったとも考えられる。

ワイラナ

登山や儀式の準備室としてあった、向かい合って2棟ある小屋。ワイナピチュへの登り口がこの向こうに広がっていて、現在は、マチュピチュを訪れた人のための憩いの場として建っている。

聖なる石

先ほどのワイラナの間にある石。
その後ろには、この石によく似ている、ヤナンティン山がそびえる。

3つの入り口の家

同じ造りの建物が並ぶ、3つの入り口を持つ遺跡。
工芸品、言語、インカの歴史などを教える、学校のような場所で、多くの人が集まった。

2階建ての家

利用目的などの詳細は解明されていないが、マチュピチュでは滅多に見られない2階建ての家。
斜面に建てられている。

天体観測の石

直径60cm程度の2つの石。
一見石臼のようだが、天体観測に重要な役割を担っている。
その方法は、くぼみに水を張って、そこに映る太陽や月や星を観測したのではないかと推定されている。

出典:www.hiro500.com

インティマチャイ

人があまり訪れることはないが、冬至になると、太陽が暗い洞窟を照らす。
「太陽が目覚める場所」と称される遺跡。

コンドルの神殿

最初は、儀式のみ行っていた場所だと思われてきたが、罪人を投獄する牢屋でもあるということが判明した。
外観はまさに、翼を広げた勇ましいコンドルに似ている。

16の水汲み場

生きるために欠かせない「水」は、マチュピチュではどうしていたのだろうか。実はマチュピチュには、ワイナピチュから水が滴り、絶えず流れてきて、その水を確保するために、16もの水路と水汲み場が造られた。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪