ストーンヘンジはイギリス旅行の世界七不思議の遺跡‏

ストーンヘンジはイギリス旅行の世界七不思議の遺跡‏

イギリスの首都ロンドンは、ビッグベンやバッキンガム宮殿など美しい建物で有名だが、観光に訪れたら見ておくべき、「ストーンヘンジ」も忘れてはならない。解明されていない謎が多いが、大きな石がきれいな円形を作っていて、写真を撮ったり、深く突き詰めてみたくなる場所であることを紹介する。

巨大な石が成す、円形の不思議な遺跡「ストーンヘンジ」

出典:io9.gizmodo.com

ストーンヘンジ

イギリスの首都・ロンドンから南にあるソールズベリーという町の近郊に建っている、環(わ)のように連なって立っている石の遺跡。大きくて柱のような石の高さは最大で7mのものや、4mや5mのものもあり、直径は約100mある。ちなみにこの遺跡は、1986年に世界遺産となった。

出典:www.initial.nl

イギリスの南に位置し、ロンドンから離れている

イギリスのどこら辺にあるのか、地図で確認してみると、首都であるロンドンから西に約200kmの所にある「ソールズベリー」という都市から北西に13kmの所に位置するのがわかる。言い換えればイギリスの南の方面にある。

いざ観光へ!遺跡の構造は一体どうなっているのか

上から見たストーンヘンジ

このように上から見ると、途切れてはいるが大きな石が円形に連なっていることが伺える。
中には、2つの石に跨る(またがる)ように1つの石が横になって乗っているものもある。このことからストーンヘンジ・日本語に訳すと「石の番(つがい)」と名前が生まれたのではないかと推測されている。

ストーンヘンジ・復元予想図

こちらはコンピューター・グラフィックスで作った、崩れる前の本来のストーンヘンジの想像図である。もし完全に完成していたら、立つ石はすべて番(つがい)で繋がって、「コロシアム」という闘技場のような形になっていたのではないだろうかと考えられている。

サーセンストーン

この場所から近い所で採石され、しっかりと大地に立てられている柱のような石。重さは平均すると25トンあり、最大で50トンの重さになるものもある。ちなみに物質は珪石(けいせき)と言う、セメントやガラスの材料にもなる石だ。

リンテル

先ほど紹介した、直立しているサーセン同士を繋いでいるように上に横たわる石。またの名を「まぐさ石」とも言い、石はできるだけ水平に置いているというのがわかる。

ブルーストーン

サーセンに囲まれた内側にある、比較的小さい石。82個あったらしいが、多くはアクセサリーに加工するために誰かに持っていかれてしまい、今では数えるほどになってしまった。ちなみに石の成分は、玄武岩と同じで、正式名称は「プレセリブルーストーン」と言う。

出典:videohive.net

沈む夕陽ともよく調和する

空を赤く染めて、だんだん地平線に沈んでいく真っ赤な夕陽は、ストーンヘンジの所まで下がっていくと、まるで石と石の隙間から眩しいけれど神々しい光がこぼれているように見える。そしてこの光景は、写真に収めておきたい。

現在でも研究中の、ストーンヘンジに秘められた謎

真上から見ると、ミステリーサークルのようだ

さらにストーンヘンジは、真上から見ると、周りに大きな直径を持つ円形の溝があることがわかる。なので、世界中の大地にあるミステリーサークルのようにも見える。しかしこの遺跡は一体いつ誰が何のために建てたのかは、現在でも明確にわかっていない。しかし、ある研究チームの調査によると、4000年か5000年前に作られたのではないかと言われている。

発見された人骨

さらに、ここでたくさんの人骨が見つかったことから、この地は死者を葬るための埋葬地だったのではないかと推測されている。なお、サーセンの周りを囲むように人骨を埋めた穴が56個もあり、そこにはブルーストーンが立てられていたと考えられている。

さらに、地下には17もの神殿が眠っていた!

写真:調査団による発掘作業

研究が進むと、最新の金属探知機やレーダーなどを使って、深さ3mの地下の調査が行われた。すると、地上では気づけなかった新たな発見が見つかった。

地下スキャンでもっと詳しく

さらに研究が進み、地下スキャンを使って、もう一度深い地下の調査が行われた。すると、新たな発見があった。およそ6000年前に造られたと思われる、大規模な建造物が眠っていたのだ。それは17個にも及ぶ神殿や、亡くなった人を葬る埋葬としてある建物ばかりだった。なぜその上にストーンヘンジが造られたのだろうか。

円形に組まれた石は、他にもあらゆる役割を果たしていた

考古学者による、見解が浮かび上がっている

※写真はイメージ
さらに、ある考古学者は、先代の民族は以下に紹介する「役割」を果たすためにストーンヘンジを建てたのではないかと述べている。

出典:www.pexels.com

星を観測する、天文台としての役割を果たしていた

夜空に浮かぶたくさんの星を観測する、天文台の役割を果たしてたのではないかという根拠は、遺跡自体が「夏至の太陽」に合わせて作られていることと、夏至の朝の太陽はストーンヘンジのちょうど中央を照らすことが、ある学者によって提唱されたことによる。

ケガや病気を治癒する、ヒーリングスポットとして

※写真はイメージ
先ほど紹介したように、ストーンヘンジからはたくさんの人骨が発掘された。その人骨を詳しく分析してみると、現地で暮らしていたイギリス人のみならず、ドイツ人やフランス人のものもあり、それには病気やケガを患っていた証拠も残っていた。だからこの場所は病気やケガを治癒するヒーリングスポットだったとも言われている。

出典:www.npr.org

宇宙との交信にも役立っていた

地球やたくさんの惑星が浮かんでいて、どれくらいの広さがあるのかわからない宇宙空間との交信を行うのにも、役立っていたのではないかと推測される。ちなみに宇宙に浮かぶ火星には、マーズヘンジと呼ばれる火星独自のストーンヘンジもある。

祖先を信仰、崇拝する

※写真はイメージ
ストーンヘンジでは、はるか昔に生きていた先住民を称えるための祭典も行われていたのではないかと推測されている。ちなみに遺跡を造っている大きな石は、祖先の魂を結び付けているとも言われている。

王の墳墓の役割も担っていた

※写真はイメージ
ストーンヘンジの地下から人骨が発掘されたことから、ここは日本の古墳やエジプトのピラミッドのように、王やその親族の人骨を納める墳墓だったのではないかと推測されている。規模は古墳やピラミッドのようにないかもしれないが、安らかに眠れることに変わりはない。

出典:www.npr.org

UFOの発着場だったのではないかと言われている

宇宙からやってきた未確認生命体・UFOが着陸するのに、ストーンヘンジが使われていたのではないかと言われている。これは全くの事実無根だが、UFOの離着陸に使われていたら、なかなか面白い。

イギリスのストーンヘンジの原型は、スコットランドにあった!

スコットランドのストーンヘンジ

スコットランドが所有する島・オークニー諸島にも、イギリスのストーンヘンジと同じような石の遺跡がある。この遺跡の最大の特徴と言えば、少し細くて白っぽい色の大きな石が、地面にしっかりと立っていることだ。

何と日本にも、ストーンヘンジに似たような場所があった!

大湯環状列石(おおゆかんじょうれっせき)

秋田県鹿角市にある縄文時代の遺跡で、人々が定住して暮らしていた屋根付きの家を少し大きめの石が輪になって囲んでいる。ちなみにその規模は日本最大のストーンサークルと言われていて、ここから当時の生活がうかがえる出土品がたくさん出た。

楯築遺跡(たてつきいせき)

こちらは岡山県にある弥生時代の墳丘墓で、本場のストーンヘンジのように大きな石がいくつも立っていることから、ここも日本のストーンヘンジではないかと言われている。

ロンドンから、ストーンヘンジ観光へ向かうには

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪