カッパドキアはトルコ観光に来たら見てほしい世界遺産‏

カッパドキアはトルコ観光に来たら見てほしい世界遺産‏

アジアとヨーロッパに跨る国、トルコ。宗教行事を大切にし、歴史を刻んだ世界遺産がたくさんあることで有名な国でもある。その中でも指折りの世界遺産が、「カッパドキア」である。これは大地と人間の営みが築いた素晴らしい景観が広がり、見どころもたくさんある遺跡だということを紹介する。

トルコ旅行必見!世界遺産にもなった白眉の遺跡「カッパドキア」

カッパドキア

トルコの首都・アンカラより南東の位置にある、火山活動によって形成された奇妙な岩が集まる標高1200m、面積2500㎢の広大な大地。しかし、そこに人間が手を加えて、より素晴らしいものへとなった。

この大地には、たくさんの文化、歴史などが詰まっている

カッパドキアの大地は、長い歴史・芸術・宗教などが混沌となって、トルコを象徴する場所と言える。さらにここは1985年に複合遺産として世界遺産となった。

首都のアンカラから、かなり離れた所にある。

改めて、カッパドキアの位置を地図で確認すると、首都であるアンカラより東の方面に、かなり離れた位置にあることがわかる。そしてヨーロッパの方面に位置するトルコ有数の都市・イスタンブールからはさらにもっと離れている。

なぜこのような美しい景観が生まれたのか その謎に迫る!

はるか昔の、火山の噴火によって誕生した

まるで煙突や針葉樹林のような不思議な岩の大地は、約6000年前に火山が噴火して、火山灰による凝灰岩層を形成し、雨や雪によって浸食され、固い地層と融合したことで誕生した。(写真はあくまでもイメージ)

アケメネス朝によって、名前が付けられた

紀元前1200年頃、ヒッタイト帝国が崩壊して紀元前600年頃になるとメディア、リディア両王国が境界を争った。これらを治めたアケメネス朝ペルシャ人は美しい馬という意味の名前「カパトグヤ」をこの地に与えた。名前は変更されて、ついに「カッパドキア」という名前となった。

出典:www.flickr.com

写真:ローマ皇帝アウグストゥス

紀元前17年になると、カッパドキア全体をローマが統一した。そこには、ローマ帝国皇帝の弾圧を受け、逃れてきたキリスト教徒が住んでいた。彼らは柔らかい岩や岩盤を加工して住居や教会を造った。これから紹介する博物館内にある教会や地下都市は、キリスト教徒によって造られたものが多い。

出典:listverse.com

オスマン帝国によって、トルコ一色となった

11世紀以降、セルジュク朝の寛容な支配の下、イスラム教とキリスト教は仲良くなれたが、1515年にオスマン帝国が誕生したことによって、カッパドキアはトルコ一色となった。

観光の拠点にもなる、遺跡を代表する4つの都市

出典:gezievreni.com

ユルギュップ

宿泊に欠かせないホテルや観光案内所、お土産屋、銀行などが集う町で、カッパドキアの観光拠点となっている。さらには最高の眺めを楽しめるウチヒサールという名所もここにある。

出典:www.willgoto.com

ネヴシェヒル

こちらは、カッパドキアの中で最大の都市となっていて、ユルギュップからバスで15分ほどで行ける、セルジュク時代の面影が残る町。ビザンチン期に建てられたたくさんの教会や修道院が集結している。

ギョレメ

洞窟を利用した小さなホテルが並ぶ街。目玉は、何といっても「妖精の煙突」と呼ばれる煙突のような岩がずらりと立つ、ギョレメの谷で、ここにはこれから紹介するギョレメ国立公園という観光スポットもある。

アヴァノス

ネヴシェヒルまたはユルギュップからともにバスで20分行ける、素焼きの陶器で有名な街。もちろんここで作られた数々の陶器は、豊富な種類があってお土産として売られている。

魅力あふれる見所、異形のパノラマを楽しもう!

クルチャルスラン廟

ユルギュップの広場から10分程度歩いたところで、初代セルジュク朝の王が建てた廟を見つける。ちなみにここは展望台となっていて、ここから眺望できる景色は実に素晴らしい。

キノコ岩

一見、円錐の屋根が付いた家のように見えるが、これは自然の恩恵が作り出した立派な見所・キノコ岩である。名前から想像してみると、まるで菌糸が付いた木から美味しそうなキノコが育っている様子がうかがえる。

オルタヒサール

高さ約80mもある、中央に位置する岩山の砦。名前には「中央の要塞」という意味が込められていて、現在はもろくなっているため登ることはできないが、麓からの眺めもとても素晴らしいものである。

出典:okplanet.ru

ウチヒサール

実際に住居として使われて、敵の侵入を防ぐためにもあった無数の穴がある岩山の要塞。もちろん、頂上からの眺めは感動を誘うものである。なお、ここはギョレメからバスで15分程度でたどりつけ、入るには入場料がかかる。

ギョレメ野外博物館

カッパドキアのあちこちには、イスラム教徒の弾圧から逃れてきたキリスト教徒たちによって築き上げられた教会がある。その数は昔は500もあったが、今では30箇所になってしまった。ここはそのような岩窟教会の博物館で、外観は、あまり目立たないような感じだが、中に入ると鮮やかなフレスコ絵画が描かれている。

出典:www.tatilana.com

ゼルヴェ野外博物館

切り立つ断崖が特徴の、1950年代までキリスト教徒とイスラム教徒が仲良く住んでいた渓谷。もちろん、岩窟教会もある。一言で言えば博物館と言うより大自然の中でウォーキングを楽しむという言葉が適している。

クズル・チュクル

またの名を「ローズ・バレー」とも言う、ほんのりピンク色の岩肌が特徴的な谷。さらにそれは沈んでいく夕日の光を浴びると、真っ赤な色になり、「レッド・バレー」と呼ばれる。

デヴレント渓谷

火山灰が堆積してできた岩と、浸食でできた岩が連なる谷。ここにはたくさんのキリスト教徒が迫害から逃れてきたことでも有名で、特に目玉となっているのが写真に写っている、まるで砂漠を旅するラクダのような形をした、ラクダ岩だ。

ウフララ渓谷

全長は12mもあり、最も深い所は100mもあると言われている、断崖絶壁の渓谷。この壮大なスケールを楽しむために、歩きやすいように工夫された遊歩道が完備されていて、きれいな清流の川が流れている。

さらに、地下には迷路のような巨大都市もある!

カッパドキアの地下には多くの都市が眠っているが、次に紹介する2つは、観光にピッタリな規模が大きい都市である。

カイマクル地下都市

深さ55m、地下8層の、9世紀に造られた地下都市。
内部は、まるでアリの巣のような構造で、教会や墓地、台所などの設備を始め、敵が侵入してきた時に対する偽の道や仕掛けなども造られた。

デリンクユ地下都市

カイマクルから南10km移動するとある、地下7層、深さ85mの地下都市。
どの層からでも水を調達でき、通気口としても活躍し、食料貯蔵庫にもなった。
ちなみに、カッパドキアのキリスト教徒は地下都市の最後の層に教会を造っていた。

セリメ修道院

カッパドキアの中には、かつてたくさんの修道院があったが、今ではたった30か所しかなくなってしまった。写真は数々の修道院の中で特に注目を浴びているセリメ修道院で、岩山をくり抜いて造っている。

ミルストーン・ケーブ・スイーツ・ホテル

カッパドキアを訪れて宿泊するなら、やはり近くに造られたホテルに泊まりたい。そのホテルはたくさんあるが、写真のミルストーン・ケーブ・スイーツ・ホテルは特に群を抜いていて、カッパドキアの景色を眺望できる。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪