カッパドキアはトルコ観光に来たら見てほしい世界遺産‏

カッパドキアはトルコ観光に来たら見てほしい世界遺産‏

アジアとヨーロッパに跨る国、トルコ。宗教行事を大切にし、歴史を刻んだ世界遺産がたくさんあることで有名な国でもある。その中でも指折りの世界遺産が、「カッパドキア」である。これは大地と人間の営みが築いた素晴らしい景観が広がり、見どころもたくさんある遺跡だということを紹介する。

険しい岩がそびえ立つ、カッパドキアの大地を楽しむアクティビティ

気球に乗って、空から景色を楽しむ

これまで紹介してきたカッパドキアの壮大な風景は、地上からでも楽しめるが、やはり気球に乗って空から見下ろしてみると、地上の時とは異なる味わいがある。やっぱり高い所から見下ろす、自然の景色はダイナミックだ。

バギーツアー

カッパドキアの荒い道を旅したいが、徒歩だと疲れてしまう恐れもある。そんな時に役立ててほしいのが、丈夫な4輪が付いたバギーで道を走るバギーツアーだ。これさえあればカッパドキアあちこちの方面へ渡れる。

トレッキング

本来なら、高原や森林など緑豊かなところで行うトレッキングも、独特の雰囲気があるカッパドキアで行うと、全くの別物に感じられる。しかし、日差しが強いことが多いので、日焼け止めや水分をしっかり携帯するのを忘れずに。

日本から、カッパドキアへ向かうには

写真:アタテュルク国際空港

日本からトルコへは、イスタンブールのアタテュルク国際空港への直行便がある。そこから、空路かバスでカッパドキアへ向かう方法が挙げられる。イスタンブールから飛行機でカッパドキアの県都・ネヴシェヒルへ1時間20分かけて向かうか、ネヴシェヒル・ユルギュップ・ギョレメ行きのバスで10時間かけて向かう手段がある。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪