東京で人気のロシア料理レストランをまとめ

東京で人気のロシア料理レストランをまとめ

極寒の地・ロシアでは、古くから受け継がれてきた数多くの温かい料理が揃っている。 日本にも寒い冬がやって来るのでロシア料理をぜひ食べたいという人は数多くいる。そして東京には、その願いを叶えてくれそうな「ロシア料理」のレストランがたくさん建っていることを紹介する。

ピロシキ、ボルシチなど・・・体も心も温まる、良心的なロシア料理の名店!

ボナ・フェスタ

浅草にあるロシア料理レストラン。
一品一品素材にこだわった、他では見られないオリジナルの料理を提供している。
大勢の団体のために、貸し切りやパーティーにも応じてくれる。

住所:東京都台東区雷門2丁目6−9
   ガーデンビル 1階

「ロシア風キャベツロールのトロトロ煮」
創業以来からずっと人気がある、ボナ・フェスタ自慢の料理。
8時間も煮込むので、口当たりがよくとろけるような食感を楽しめる。
さらに、お土産用に真空パックに入ったものも用意している。

「ジャンボマッシュルームの爆弾」
オーストラリアから輸入した、手のひらくらいの大きさがあるマッシュルームに牛ひき肉、ジャガイモ、パン粉などを詰め、チーズをかけてオーブンで焼き上げた。
これも、ボナ・フェスタ自慢のオリジナル料理。

浅草 ロシア料理 ボナ・フェスタ

ロシア料理 ボナフェスタは浅草駅より徒歩2分です。素材にこだわったオリジナルロシア料理を是非!

出典:www.facebook.com

渋谷ロゴスキー 銀座本店

「肉ピロシキ」
色々な種類があるピロシキの中で、特に人気がある定番のメニュー。
外はカリッとしていて、中には玉ねぎと挽き肉がぎっしり詰まっている。
※この店は現在は休業しているが、2015年9月18日に以下の住所で開店予定である。
住所:東京都中央区銀座5丁目7-10 
   EXITMELSA(旧・ニューメルサ) 7階

出典:www.facebook.com

「かにピロシキ」
ロゴスキーが期間限定で販売した、贅沢なピロシキ。
ズワイガニの身を玉ねぎとともにバターで炒め、ぎっしりと皮に包んだ。
これだけでお腹いっぱいになりそうである。

出典:www.facebook.com

「ウクライナ風ボルシチ」
ロシアを代表するスープと言えば、やはり赤い色のボルシチである。
ロゴスキーでは2種類のボルシチを提供している。その中の一つ・ウクライナ風ボルシチはボルシチの原点と言われている料理である。

出典:www.sungari.jp

ロシア料理 スンガリー

「グリヴィー・ヴ・スメタニエ」
マッシュルームやアスパラなどをクリームソースで煮込んで小さな壺に入れて、パイ生地で蓋をしてオーブンで焼き上げた、この店のおすすめ料理。
住所:東京都新宿区歌舞伎町2-45-6
   千代田ビル地下1階

出典:www.sungari.jp

「ビーフストロガノフ」
牛肉ときのこを炒めて、生クリームで煮込んだ料理。
ビーフストロガノフは色んな作り方があるが、スンガリーのはクリームを少なめにしてしつこくない味わいにしているのが特徴。

出典:www.sungari.jp

「ウォッカ」
ロシアのお酒と言えば、やはりアルコール度数が高いウォッカである。
スンガリーでは、ウォッカは常にマイナス15度を保っていて、何も加えてないものだけではなくレモンやミント、バニラなどの香りをつけたものも揃えている。

出典:r.gnavi.co.jp

ロシア料理 海燕(かいえん)

「ビーフストロガノフ」
35年の経歴を持つシェフが作るロシア料理のレストラン。
この店のビーフストロガノフは、牛肉と玉ねぎとトマトとサワークリームを煮込んで作っている。また、4種類のラインナップがあるランチにも含まれている。
住所:東京都文京区本郷4−28−9

SKAZKA(スカズカ)

いかにも温かい雰囲気が出ている、ロシア風の店内でロシア料理を頂ける。
壁にはロシアの民族衣装や民芸品・マトリョーシカを飾っている。

住所:東京都墨田区江東橋4-19-12 
   近代ビル2階

出典:www.facebook.com

「卵ネギピロシキ」
少し変わっているが、これでも立派なピロシキである。
つぶしたゆで卵と青ネギが見えるように生地で包んでいるのが特徴。
みんなで分けて食べられる、スカズカの自慢料理。

出典:www.chaika.co.jp

チャイカ

「チャイカ・コース」
お一人様4000円で楽しめる、この店自慢のロシア料理が出てくるコースメニュー。
前菜、スープ、メイン料理は好きなものが選べるのが特徴。
住所:東京都新宿区高田馬場1-26-5
   FIビル2階

出典:www.chaika.co.jp

「ヴォルガ・コース」
チャイカが誇る、ロシア料理フルコースのランチメニュー。
前菜、ボルシチ、つぼ焼き、牛肉のステーキ・ビーフストロガノフ風、パンまたはご飯、デザートがついてきて3500円である。

出典:larousse-t.com

ラルース

「ラルースHP特別メニュー」
店特製のオードブル、ボルシチ、ロールキャベツ、パンまたはライス、デザート、コーヒーまたは紅茶がついてくるセットメニュー。
これは、店にある通常のメニューには載っていないので、店員に「HPメニューを下さい」と言って注文する。

住所:東京都台東区浅草1-39-2

出典:larousse-t.com

「Aコース」
先ほどの特別メニューに、なんとロブスターのグリルがついてくる。
ラルースで一番人気のあるコースメニュー。
なお、このレストランではAからEまでのコースメニューがある。

出典:so-niya.com

ソーニャ

「牛タンの赤ワイン煮」
黒毛和牛のタンを、グルジア産の赤ワインでじっくり煮込んだ料理。
とろけるように柔らかく、ジューシーでふくよかな味わいが特徴。

住所:東京都文京区小石川5-31-6-101

出典:so-niya.com

「アラジ」
日本ではあまり知っている人はいないが、ロシアのデザートである。
揚げたての熱々ドーナツに、生クリームとイチゴジャムを盛り付けたもの。
ソーニャの隠れた甘いメニューである。

ストロバヤ

「サーモンのサラダ」
ロシアでもよく獲れるサーモンは、スモークサーモンとしても加工される。
これは当然野菜サラダにも合う。そしてそれはストロバヤ自慢のアラカルトメニューとして確立している。

住所:東京都台東区西浅草2丁目15−8

ろしあ亭

「オールドスタルカ」
ウォッカの一種だが、梨やリンゴの葉っぱを入れて熟成させて、最後にブランデーを加えているのが特徴。「皇帝の酒」と称されている。
是非一度、試してみる価値あり。

住所:東京都千代田区神田神保町1丁目13

出典:www.hotpepper.jp

六本木バイカル

ロシアにある、世界で一番深い湖が店名になっているレストラン。
オーナー、店員ともに全員ロシア人で、本場にも負けない本格的なロシア料理を楽しめる。
おすすめは「バイカル特製人気のロシア料理7品コース」であり、2800円で当店自慢のロシア料理を存分に味わえる。
住所:東京都港区六本木4-12-7
   RBビル3階

石の花

古くから伝わるロシア民話が店名になっている。
テーブル席ではなくカウンター席も置いてあって、軽く一杯やりたいという方も大歓迎である。そしてウォッカは18種類も揃えていて、それに合うロシア料理もたくさんある。
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-1-10

出典:www.okcafe.co

OKカフェ

「ボルシチとピロシキのロシアンセット」
ロシア料理専門店ではないが、親子で楽しく食事ができる店構えのレストラン。
これはロシア人シェフが作っている、ボルシチとピロシキが一つになったセットである。
大人でも子供でも楽しめること間違いなし。
住所:東京都 杉並区 浜田山 3-34-6
   ハマサンビル1階

出典:loco.yahoo.co.jp

スメターナ

スメターナとは、ロシアのサワークリームのことである。
温かみが伝わるような店内で、本格的なロシア料理を楽しめる。
最大で30人収容でき、もちろん宴会も承っている。
3500円、3800円、4000円、4500円のコース料理がある。
住所:東京都 国立市 東 1-7-5
   弥生ビル 地下1階

出典:www.facebook.com

MOIKA29

ロシアのサンクトぺテルブルクで公邸料理人だったシェフが心をこめて作る料理と、良質のワインとウォッカが揃っているお店。
カウンター席もあり、天井からワイングラスがぶら下がっているので、何だかビストロにいるような感じである。

住所: 東京都新宿区高田馬場4丁目17−15

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪