新年を祝うタイの水かけ祭りソンクラーンが楽しそう

新年を祝うタイの水かけ祭りソンクラーンが楽しそう

微笑みの国・タイは一年中気温が高くて暑い国でもある。そんな国にただ水をバシャーっとかけ合って楽しむ「ソンクラーン」というお祭りがあることをご存じだろうか。誰もが水をたくさんぶちまけ、常に水しぶきが舞う、何より楽しいという点があるので、暑さを吹き飛ばすほどの「ソンクラーン」の魅力について紹介する。

タイで行われる「ソンクラーン」とは一体何か?その要点に迫る!

出典:teakdoor.com

これが、ソンクラーンの様子

「ソンクラーン」という言葉自体は、タイの昔の正月のことであり、タイの旧暦の新年という意味である。期間は毎年4月13日から15日で、タイ国民の祝日にもなる。名前の本当の意味とは裏腹に、現在のタイでは「ソンクラーン」は水を激しくバシャーとかけ合うお祭りだ と固く思われている。

出典:thai-iceland.com

もともとは、仏像を清めるための行事だった

タイに根付いている宗教と言えば、仏教である。もちろん僧侶や国内にある数々の仏像も崇拝されている。新年を迎えるにあたって仏像にも、清らかな心を持てるように水をかけ、敬意を表していた。しかし新年を迎える時期は最も熱い時期なので、若年層を中心に水のかけ合いに発展していき、現在に至っている。

ばしゃばしゃ水をかけ合って、大人も子供もハイテンション!

水鉄砲に水をぎっしり詰めて、待ち構えている人々

拳銃サイズの水鉄砲ではなく、タンクが付いた大きめの水鉄砲を持っている。この水鉄砲のおかげでさらに盛り上がること間違いなし。

お祭り中は、常に水しぶきが舞う

バケツや桶に入れた水を高く広い範囲にまき散らすのがコツ。たくさんの人が一斉にまき散らす水は、何だか芸術的なアートのように見える。

バイクが通っていても、すかさず水をかける

バイクを運転している人がいても、ためらいなく水をぶっかける。もちろん、バイク便にも同じように水をかける。

かんかん照りのアスファルトが潤う

太陽の熱を吸収してじりじりに熱いアスファルトの道路も、この祭りによって十分に潤っている。

出典:listverse.com

子供だって、負けずに水をぶちまける

大抵の子どもは、水遊びが大好きだから、この祭りだと歓喜があふれ、楽しく水をバシャーっとするに違いない。

車が通っていても、水の舞は止まらない

タイでは、後ろの席がトラックの荷台のようになっている車が多い。この祭りが来ると、後ろのオープン席に座る人もたくさんいる。もちろん、そこに乗っている人は、水がかかるのが大歓迎だ。

ヴァッシャーッ!!!

このように、水の塊が、容赦なく叩き付けてくることもある。こんなことはお祭りでは当たり前の光景である。

出典:travelertips.org

ひゃあ~!水が小雨のようだ

水しぶきは止むことなく宙を舞う。それはまさに霧や小雨のようで、ちょうどよい温度のミストサウナのようにも感じる。

ソンクラーンの最中は、特にこのエリアが超賑わう!

セントラルワールド周辺

気温が40度にもなる地域。そんなところでソンクラーン行うと、暑さを吹き飛ばすほど賑わうに違いない。

シーロム通り

たくさんの人が行き交う大通り。たとえぎゅうぎゅうに混雑していても、ソンクラーンは行われる。ぎっちぎちのすし詰め状態でも、陽気と熱気があふれている。

出典:goista.com

カオサン

主に屋台がずらりと並んでいる通り。ソンクラーンによって賑わうのはよいが、水しぶきが物を売っている屋台にかかることもある。

RCA(ROUTE 66)

夜になるとネオンの光が灯るディスコがいくつも建ち並ぶ通り。夜になっても、水かけ祭りは続くので、忘れられない夜になること間違いなし。

参加したい人必見!持参すべきものと押さえるべき注意点

出典:www.amazon.com

スマートフォンの防水ケース

ソンクラーンの最中は、常に水が飛び交っている。どこへ行くにもスマートフォンを持っていく人はたくさんいるだろう。そんなときに役に立つのが、このケースである。これさえあれば水に弱いスマートフォンを、水しぶきから守ってくれる。

出典:www.dealstan.com

大きめの水鉄砲

参加するなら、やっぱり自分も水を思いっきりかけたいと思う人は多いだろう。水がたくさん入るタンクをもった、水鉄砲がソンクラーンを盛り上げる。なお水鉄砲はタイ現地でも、コンビニや屋台などで販売している。

出典:www.news24.com

水は、僧侶にはかけてはいけない

日々戒律を守り、仏教の修業に励んでいる僧侶は、タイの至るところにいる。そしてタイ国民は、僧侶をとても大切にしている。なので、いくらお祭りとはいえども、僧侶に水をバシャーっとかけるのは言語道断である。

水は民間人なら誰にかけてもよいが、かけられたら怒ってはダメ

参加している人は、誰でも構わず水をバシャバシャかけてくる。水を思いっきりかけられてメイクが落ちたり、服がびしょ濡れになっても、決して文句を言ってはならない。びしょ濡れを覚悟した上での参加になる。

貴重品はあまり持ち歩かないようにすること

お祭りは常に人が密集していて、騒ぎ声であふれている。当然、スリや引ったくりには絶好のチャンスだ。そして紛失の危険も出てくる。なので、最小限の小銭程度のお金を持ち歩くのが望ましい。

ソンクラーンは、もちろん日本人でも存分に楽しめる!

祭りをさらに盛り上げるため、ゾウや消防車も参加する!

模様を描かれたゾウも、水かけに参加!

タイでは、ゾウが昔から様々な場面で活躍している。さらには人間との絆も深い。そんなゾウも、おしゃれをして、ソンクラーンに参加する。長い鼻を使って、水しぶきを上げて、祭りを盛り上げてより人間と交流を深めていることがわかる。

真っ赤な消防車も、祭りを盛り上げてくれる

普段は火災を消すための消防車も、ソンクラーンが来れば重要な引き立て役にもなる。消防車の後ろの荷台に人が乗り、消火に使うホースで水を広い範囲にかける。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪