バーニングマンはアメリカ・ネバダのファンタジーなフェス

バーニングマンはアメリカ・ネバダのファンタジーなフェス

アメリカ・ネヴァタ州には、広大な砂漠の大地がある。そこでは「バーニングマン」というお祭りがあることをご存じだろうか。それはもう世界最大規模の奇抜で壮大でユニークなイベントで、人々は歌って踊ってさらには斬新な芸術のオブジェがあるという、非日常を味わえるフェスティバルだということを紹介する。

アメリカの大規模なイベント・バーニングマン とは?

出典:abcnews.go.com

写真は最後に行われるメインイベント

アメリカ北西部にある人里離れた荒野で行われる、もう世界最大規模と言っていいほどのお祭りであり、開催期間は毎年8月から9月にわたって一週間行われる。
具体的な内容はあとで紹介するが、とにかく芸術、舞踊、猥雑さが混沌となっている、融通無碍のお祭りだ。

出典:disinfo.com

大きなオブジェに、火を放ったことから始まった

2人の男が材木などを組み合わせて、高さが2メートルもある人型の像を作った。
そしてその像をサンフランシスコ州の浜辺に置き、火をつけた。これがバーニングマンの始まり、そして時が流れるとともに、像はだんだんと10以上の高さにもなり、祭りも賑やかさを増していった。そして現在に至っている。

バーニングマンの会場はどこまでも広くて、水道、ガス、電気が通っていない荒野!

会場を真上から見ると、こんな感じである

ペルーにある、ナスカの地上絵を思い出させる。
直径約2.4kmの円を3等分し、その2つ分を使っている。
区分は、まるでレコードの表面にある溝のように均等に整っている。

出典:runthetrap.com

まるで世界遺産に登録されていそうな遺跡である

このようにしてみると、何だかユネスコの世界遺産に登録されていそうな遺跡のようである。
だけど、れっきとしたお祭り会場なのだ。
ルーペなどで拡大して見ると、人がたくさん集まっていることがわかる。

出典:neutralduo.com

もちろん電気、水道、ガスは一切通ってない

どこまでも広がっているこの会場には、人間の生活に不可欠な水道、電気、ガスといったライフラインは一切ない。だけどこれがこの大地らしさを表している。
なので、催し物でそれらが必要な場合は、各自で用意しなくてはならない。

バーニングマンに参加する人は知るべき、10か条の原則+アルファ

お祭り期間内でぜひ守るべき、10か条の基本信念がこれだ。

『どんな者をも受け入れる共同体である』(Radical Inclusion / 激進的包容)
 『与えることを喜びとする』(Gifting / 贈与)
 『商業主義とは決別する』(Decommodification / 去商品化)
 『他人の力をあてにしない』(Radical Self-reliance / 徹底的自力更生)
 『本来のあなたを表現する』(Radical Self-expression / 激進的自我表現)
 『隣人と協力する』(Communal Effort / 社区工作』)
 『法に従い、市民としての責任を果たす』(Civic Responsibility / 公民責任)
 『証拠は何も残さない』(Leaving No Trace / 不留痕跡) 
 『積極的に社会に参加する』(Participation / 参与)
 『「いま」を全力で生きる』(Immediacy / 立即性)

出典:ja.wikipedia.org

お金は一切使ってはいけない

バーニングマンを成り立たせているのは、「見返りを求めない」という信念のおかげでもある。
なので現地では、物の売買を固く禁じており、あらゆる見どころも無料で見れるようになっている。

ここは大勢の人や見どころが集まり、1日中いても飽きない!

愉快な仲間たちのダンス

鮮やかな色を纏った人たちが集まって、足を高く上げて踊っている。

出典:www.edmtunes.com

燃えろ!ファイアーダンス!

両端に炎が灯った棒を振り回して行うダンスも見られる。

フラフープを楽しむ女性

青空の下、広大な大地の元でこんな楽しみ方も悪くない。

出典:doktorsblog.de

奇抜な格好だと、楽しさは倍増!

せっかく来るんなら、他の人と同じような格好ではなく、このような個性的な格好がいいよね。

出典:celebratebig.com

こんなに人が集まるだけで、とっても楽しい!

やっぱり大きなイベントは、このようにみんなでやるから面白い。

出典:mikehedge.com

みんなで思いっきりジャンプ!

雄大な大地を思いっきり蹴り上げて!

正義の味方参上!

さすが何でもありのバーニングマンである。

写真に収めたくなるような、芸術的なオブジェも集結する!

出典:www.johnkane.com

美しき女性の像

まず、これだけは押さえておきたいオブジェである。
コンクリートでできているように見えるが、実は針金が複雑に絡み合ってできているのだ。
ルーブル美術館に展示するのにふさわしい作品でもある。

出典:boingboing.net

正多角形の立体

正五角形や正六角形などの正多角形を組み合わせると、写真のような立派な立方体ができあがる。色が金色なので、この砂地の会場に馴染んでいる。
まるで、中東の異国の地に来たような雰囲気を感じる。

出典:www.toovia.com

いくつものそびえ立つ塔

このように、建物を模ったオブジェもある。

出典:www.sbs.com.au

抱き合って、見つめあう2人

いかにもロマンチックなオブジェである。
胸像のようになっているのがまた素晴らしい。

「LOVE」の文字

LOVEを模った文字のオブジェ。
人々は上に乗ってはしゃいでいる。

「BELIEVE」の文字

こちらは、「信じる」と言う意味の「BELIEVE(ビリーヴ)」という単語を模った。
文字のオブジェは、見る人に思いを伝えていそうである。

独創的なデザインのオブジェ

こんな斬新なデザインはなかなか思いつかない。
右側に「YOU」の文字を模った物が置いてあるのがまたよい。

出典:funologist.org

自転車のアーチ

ボロボロになった自転車も、このようにしっかりと組み合わせれば、素晴らしい芸術作品になる。
見かけたら絶対にくぐりたい。

夕方、そして夜になっても、バーニングマンの会場は興奮から醒めない!

全体の様子

夜になって真っ暗になると、オブジェの美しさは一層映える。
写真のように、カラフルにライトアップされるのだ。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪