「100均DIY」100円ショップのアイテムで手作り家具

「100均DIY」100円ショップのアイテムで手作り家具

100円ショップは、格安なのに色々使える商品が揃っている。それに手を加えると、実用的で役立つものに生まれ変わる。最近では材料を100均で揃えて、どこにもないオリジナルの棚や家具などを作る人が出てきている。これから真似したくなる、100均DIYの魅力について紹介する。

工夫次第で、こんな意外なオリジナルDIYができる!

出典:chamapoco.com

フック

帽子や鍵などをとりあえずかけておくのに最適なフック。フック部分ももちろん100均で買える。なお、先ほど紹介したセリアの取っ手をフック代わりに使うという手もある。

子供のおままごとキッチン

市販のカラーボックスに、100均で揃えた材料をあしらうと、このような画期的なキッチンに生まれ変わる。玩具メーカーやおもちゃ屋にはないオリジナリティーがにじみ出ている。このことから100均DIYは、子どもを笑顔にするということが伝わってくる。

出典:roomclip.jp

子供用絵本ラック

小さい範囲のすのこを4つ繋ぎ合わせて、1つの大きなすのこにした後は、スキー板と同じ幅の板材を釘で打ち付けると、表紙がきれいな絵本を展示できるラックが完成した。

出典:roomclip.jp

ウェルカムボード

カフェの外側に置いている「ウェルカムボード」だって、必要な材料を100均で揃えて作れる。また、店には小さな黒板やフックパーツも販売しているので、ウェルカムボードと組み合わせると、より際立ってくる。

出典:roomclip.jp

子供服の収納にも

すのこ、突っ張り棒を組み合わせると、収納に悩む子供服がこんなにきれいに片づけられる場所が誕生する。これだと子供の背丈に合わせることができて、着替える時はここから直接取ればいいから、なかなか便利。

出典:roomclip.jp

インターホンカバー

木箱の底をくりぬいて、インターホンを囲み、蝶番と取っ手を取り付けたすのこをフタにした。このようにすると、インターホンカバーにもなる。さらに応用させればお風呂の保温スイッチのカバーにも最適となるので、100均DIYは実にアイデア豊富だと実感する。

出典:folk-media.com

カゴとキャスターを付けて、自由に移動できるように

同じ長さ、幅のすのこを2つ用意したら、下部分にキャスターを2個付けて、黒く塗って文字を書いた分厚い板で繋ぎ合わせて、ワイヤー製のカゴをポンと置くと、ジャガイモや玉ねぎなど、日持ちする野菜を入れておくのによい作品ができあがった。

ワイヤーネットで、靴やスリッパをしまう場所を作る

玄関でごちゃごちゃになりがちな履物やスリッパを、ひとまとめにしたいなら、ワイヤーネットとプラスチック製のカゴ、さらには突っ張り棒を駆使したしまう場所を作るとよい。これでわざわざ下駄箱を買ってこなくてもよい。

出典:roomclip.jp

ピアスを引っ掛け、ディスプレイする場所

先ほど紹介したメッシュフレーム2つを、蝶番で繋げるだけで、お気に入りのフックピアスを引っ掛けられる素敵な場所ができあがった。そしてこれは本のように折ると、しっかりと自立する。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪