100均の観葉植物もアレンジでここまでおしゃれに

100均の観葉植物もアレンジでここまでおしゃれに

部屋に癒し、安らぎを与えるものと言えば、やはり若々しい緑色の「観葉植物」と答える人が多い。それらは100円ショップでも、種類豊富にあり、育てるのにあると便利な商品も揃っている。さらに飾りつけを工夫して、色々アレンジを利かせると、おしゃれなインテリアに発展するのだ。

種類が豊富!100均で手に入る若々しい青葉の観葉植物!

出典:ameblo.jp

モンステラ

サトイモ科の植物・モンステラは最初は何の変哲もない葉っぱだが、成長すると写真のように茎は伸び、南国リゾートにありそうな味のある形の葉っぱになる。例え小さな100均の植物でも、愛情をもって育てれば、こんなに立派に成長する。

テーブルヤシ

育てやすいことで人気がある、ヤシ科の観葉植物。直射日光に当たらない場所に置いて、水はけのよい土で育てるのが望ましい。あちこちに伸びている細長い緑の葉っぱを伸ばして成長する。

ドラセナ

またの名を「開運竹」という、リュウゼツラン科の植物。常に日光を当てると葉が茂って、両端が薄黄色になっている葉っぱがあるのが特徴。園芸店で買えば、結構いい値段がしそうなのに、100円ショップで格安に売っているなんて信じられない。

出典:ameblo.jp

クワズイモ

おかしな名前を持つ、サトイモ科の植物。水を与えると、翌日葉から水が滴り落ちてくる。そして冬場は、水をあまり与えない方がよい。さらに成長すると人の頭を覆える大きさの葉っぱになり、普通のイモ科の植物と違って毒があるので要注意。

パキラ

アオイ科の植物。20もの種類があり、グラブラ種とアクアティカ種が観賞植物としてある。乾燥に強く、日当たりがよい場所を好み、運気を上げてくれて風水にもよいとされている。冬を迎えると枯れてしまうが、植え替えをすると再び元気になる。

ガジュマル

主に沖縄で見られ、木の精霊が宿ると言われているクワ科の常緑高木。力強さを感じさせる太い根っこのような幹を持っているのが特徴で、「幸せをもたらす木」として知られている。変わった形の植木鉢に入れることで、アレンジできそう。

ポトス

観葉植物が初めてという方には、このポトスを育てることをおすすめする。ぐんぐんとツルを伸ばして、葉を生い茂らせる。そして日光に当てると、葉の緑がより濃くなる。

ジャカランダ

南米には50種類も点在している、ノウゼンカズラ科の植物。成長し続けると、最大で15mの高さになり、紫色の花をつける。

コーヒーの木

アカネ科の植物。これだけでも十分なインテリアになるが、コーヒーの原料になるコーヒー豆もつけるので、育てることで自家製コーヒーも楽しめること間違いなし。

サンセベリア

別名を「虎の尾」という、スズラン亜科チトセラン属の植物。70もの種類があり、葉っぱの形や模様が面白い。さらには、空気中の有害物質を吸収してくれるという特徴もある。

不夜城

健康食品として有名な、アロエの一種。棘がついているのが特徴。葉っぱの中には水を貯える果肉があるので、あまり頻繁に水や肥料をあげてはいけない。なお、これは食用に適していない。

シルクジャスミン

またの名を「ゲッキツ」という、ミカン科の植物。どんどん成長して夏頃になると、写真のような白い花を咲かせる。そしてこの花は、とても香りがよい。

クロトン

またの名を変葉木(へんようぼく)とも言う、主に熱帯地方で育っている植物。原産地では高さが2mにも達し、寒さにとても弱い。濃い緑色の葉っぱに、黄色のまだら模様が付いているのが特徴。

また、心が癒されそうなサボテンや多肉植物も揃っている!

出典:blog.goo.ne.jp

サボテン各種

小さいけれど、見てるだけで心が癒される可愛いサボテン。主に乾燥している地域に生息していて、棘がびっしりあるのが特徴。100円ショップでは、写真に乗っている種類だけにとどまらず、色んなサボテンが販売されている。

黄金司(こがねつかさ)

棘が花火のようにびっしりとついているのが特徴のサボテン。先ほど紹介したサボテンより少し長さがあるのも特徴で、もちろんこれも100円ショップで買える。

出典:www.geocities.jp

多肉植物各種

ぷっくりした形が特徴の、分厚い葉っぱを持つ植物。葉っぱには、水分がぎっしりと詰まっているのであまり水を与える必要はなく、色、形、どれも個性的で、飾っておきたくなること間違いなし。

出典:photozou.jp

ラブハート

一見、緑色のプラスチック雑貨に見えるが、れっきとした多肉植物なのだ。緑のハート型がとてもかわいく、色々なフラワーアレンジメントに使えそうである。

今話題の「エアプランツ」だって100均で買える!

出典:ameblo.jp

エアプランツ各種

エアプランツとは、土を必要としない空気中の水分を吸収して育つ、不思議な植物。近年注目が集まって来て、100円ショップにも進出してきた。もちろん色々なアレンジだってできる。
※中央にあるメラノクテラルから時計回りにハリシー、ストリクタ、フクシ―、イオナンタがあるが、もっと種類を揃えている。

植物と一緒に使いたい!あると便利なおすすめアイテム!

ジュエルポリマー

ダイソーやセリアで販売されている。ビー玉のような大きさのゼリー状のボールが、ぎっしり入っている。水分と栄養素を含んでいるのでこまめな水やりを必要とせず、是非とも植物を生けておく時に使いたい。単色だけ使ってもよいが、色んな色を混ぜ合わせてもよい。

ガラス容器各種

植物を現代風に生けたいなら、透明なガラス容器がおすすめ。色んなデザインや色彩を始め、ダイソーでは割れにくいアクリル製のものもある。また、ワイングラスやタンブラーなどを使ってもよい。

出典:ameblo.jp

カラーゼオライト

ダイソーの色んな色がある、多孔質なゼオライト(粘土鉱物)。先ほど紹介したガラス容器に層になるように入れて、植物を生けると映えるような作品ができあがる。なお単品だけではなく、複数の色を組み合わせて使いたい。

霧吹き

こちらはセリアで販売されている、ちょっとアンティークな感じの霧吹き。観葉植物に適度な水を与えるのにピッタリなのが、何と言っても手軽にシュッシュッと吹きかけられる霧吹き。

出典:ameblo.jp

カラーエコプランター

セリアで発売しているモダンな植木鉢。受け皿がついていて、形やデザイン、色合いやついているハトの模様、どれも素敵なので、植物インテリアに使いたい。なおセリアには、このように観葉植物にぴったりなおしゃれな植木鉢がたくさん揃っている。

ブリキ小物入れ ブリキバケツ

手のひらサイズのブリキ缶製品。ペン立てや何かを入れるのに役立つが、土を敷き詰めて今まで紹介してきた植物を植えるのにもぴったり。

出典:roomclip.jp

ガーデンピック

植えている植物の名前を明確にしたいなら、名前を書けるガーデンピックを使うとよい。ちなみにこれは、100円ショップでも簡単に手に入り、材料を揃えて自分で作っても構わない。

アレンジによって、100均植物はおしゃれなインテリアへと生まれ変わる!

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪