海外の枕木ガーデニング施工例・おしゃれなお庭のDIY集

海外の枕木ガーデニング施工例・おしゃれなお庭のDIY集

列車が通る線路に敷かれる「枕木」という木材は、レールを支えるだけではなく、色んなアレンジに応用されている。最近は防腐効果が高い枕木が出てきているので、それを使ったあらゆるDIYが考え出され、なかなか思いつかないような傑作が誕生している。

アイデア色々!「枕木DIY」で、外の空間や庭をもっとステキに!

1歩1歩踏みしめて歩く道に使う

幅がある枕木を、小石を敷き詰めた道に埋めておくと、しっかりと踏みしめられるような道ができあがる。これはガーデニングにふさわしいDIY方法とも言える。

石を敷き詰めた箱庭の囲い

土の上にさらに小石を敷き詰めて作った花壇の囲いも、枕木にお任せ。
デコボコするように長さを切って埋めていくのがコツ。

きれいな花が咲く花壇の囲いと橋

色とりどりの花を植える花壇の囲いにも、枕木は使える。
水はけの悪い部分を渡るようにするための橋も、枕木が材料である。

幅広い階段に使う

家の玄関まで続いている幅広い階段にも、枕木が役立つ。
敷き詰めている小石の色と、木材の色が見事に調和している。

4本で1つの正方形を作り、敷き詰めていく

あまり大きくない枕木を使うDIY。
均等な長さに切って、真ん中に小さい正方形ができるような正方形に組み合わせていく。
小さい正方形から見える小石がまたおしゃれ。

家庭菜園の足場に

野菜などを育てる家庭菜園に、ちょっとした足場があれば、農作業も少しは楽になる。
足場を囲むように苗を植えていくのがポイント。

小さな花壇の囲いにも使える

あまり大きくない花壇を作りたい時、枕木で囲いをするのがおすすめ。
少しデコボコした感じで打っていくのがコツ。

出典:sharecute.com

小石の道の足場に

小石をたくさん敷き詰めた道を歩きやすくするために、枕木を固定する。
このような風景は、まるで列車が通る線路のようだ。

日本風庭園にもよく馴染む

料亭にありそうな、日本風庭園に黒く塗った枕木を施工した。
すると不思議なことに、よりわびさびが出てきて、心が和んでくる。

少し曲がった階段

先ほど紹介した階段は、このように曲げても悪くない。
脇にある緑の植物がさらに引き立てている。

出典:www.houzz.com

野外のソファー

まず、みんな同じ高さになるように短めに切った枕木を、上から見ると長方形型になるように地面に埋め込む。次に普通の板をしっかりと釘で固定する。
最後にマットを敷けば、くつろげるソファーのできあがり。

いくつも積み上げて造った花壇

枕木を横に2つ重ね合わせて、長方形状になるように繋ぎ合わせる。
今まで適当な長さに切って、打ち込んでいくのとは違うやり方である。

2段になっている花壇

こちらは、先ほどと同じ要領で作ったが、2段になっていることがわかる。
それでも広々とした、立派な花壇であることには変わりない。

味わいのある色で造った花壇

土台は、味わいのあるえんじ色で構成した。
ベンチのように座れる、厚い板も固定されているのがよい。

出典:www.flickr.com

テーブルとイス

庭でガーデンパーティーをやる時に不可欠なテーブルとイスだって、枕木で作れる。写真は一例だが、自分オリジナルの工夫を施すとよい。

夜になると足元が灯される階段

枕木と小石で作った階段に、足元を照らすライトがあると暗い夜でも安心である。

長い砂利の道を渡るための足場

少し長い、砂利が敷き詰められている道を渡るのにありがたい。これで靴が汚れない。

出典:imageck.com

広い庭にも十分に馴染んでいる

先ほど紹介した要領で作った花壇は、広い庭にもよく馴染んでいる。
やっぱり分厚さと重圧感があるからだと考えられる。

緑の芝生を渡る、階段状の足場

濃い緑色の芝生を渡るようにかけられた足場。
階段のように造ってあるのがよい。
若々しい緑と温もりがありそうな木の組み合わせがたまらない。

ガーデンのインテリアに最適

左から、徐々に高くなっていく枕木の柵をDIYした。
表面に、フックを付け、プランターをつけてもよい。
これはガーデニングのおしゃれなインテリアである。

まさに緑の植物のオーケストラ会場

階段状の枕木の花壇には、色んな種類の緑の植物を植えている。
両側を壁で仕切っているので、まるで緑のオーケストラ会場のように見える。

花と緑が共演する会場

これは是非とも自分の家のガーデニングに取り入れたい。
土台、花壇、壁、全て枕木でできていて、緑の葉っぱと花を程よく調和して栽培している。

ギザギザの花壇

枕木の花壇は、何も長方形や円形でなくてはならないという決まりはない。
このように、ギザギザになった珍しい形状にしても十分におしゃれ。

向こう側へ渡る橋

ぬかるんでいる部分や水はけが悪くて水たまりになる部分に置くと便利。
一部分でも良いが、舗装するように全体に置いても構わない。

正方形のレンガを敷き詰めた道の柵

少し曲がっている正方形のレンガを敷き詰めた道の脇に、だんだん高くなっていく枕木の柵を施工した。こうすることで道がよりおしゃれになる。

重圧感がありそうな、階段と花壇

焦げ茶色の枕木を使って、階段と花壇を作った。
色が黒に近い焦げ茶色だと、不思議なことにしっかりとした重圧感を感じる。

短く切って、かわいい花を植える花壇に

枕木を少し短めに切って、低くなるように打ちつけていくと、素敵なガーデニングが誕生する。
そこにはかわいらしい色んな色の花を植えたい。


よかったら「いいね!」もよろしく♪