上海の人気レストラン♡点心から上海ガニまでグルメまとめ

上海の人気レストラン♡点心から上海ガニまでグルメまとめ

常に発展を続ける中国の都市・上海には、多くの観光客が訪れて、観光を楽しんで素晴らしいグルメを堪能している。上海ならではのグルメは、上海ガニを始め、それを使った料理や、地元で愛されているB級グルメ、甘い点心など豊富な種類がある。

3

たくさんの人を感動させて唸らせる、上海自慢の料理系グルメ!

出典:www.xialv.com

上海小籠包

100年以上の歴史を持つ、上海独自の小籠包。 
具はかに味噌を使うというこだわりがあるのが特徴。 
店は常に混んでいて、待ち時間2時間以上は当たり前という所が多く、持ち帰ることも可能だ。
上海を訪れたら、まずはこの「上海小籠包」を食べておきたい。

店舗:南翔饅頭店
住所:上海市黄浦区豫园路85号
ホームページ http://www.nxfood.com.cn/

出典:dc.ishenbao.com

カニみそ入りのスープ饅頭

こんな肉まんは、他ではなかなかお目にかかれない、グルメの肉まんだ。
肉まんにストローが着いていて、たっぷりある中の肉汁を吸いながら食べる。
肉汁は、上海ガニの味噌が入っていて、贅沢な味わいである。

店舗:南翔饅頭店
住所:上海市黄浦区豫园路85号
ホームページ http://www.nxfood.com.cn/

出典:www.soso999.org

鶏スープお粥

中国名物の三黄鶏から取った、鶏スープだしを取ってお粥を作る。 
こちらの店のお粥は世界一番美味しいと言われていて、朝食にも食べたいグルメである。

店舗:小紹興
住所: 上海杨浦区眉州路888-1号
ホームページ http://www.xsx.com.cn/

出典:www.soso999.org

蒸し鶏

これも、三黄鶏を使った料理。肉のしっとりした食感と、かけて食べるタレが見事に調和している。もちろんご飯のおかずやお酒のおつまみにもピッタリなグルメ料理。

店舗:小紹興
住所:上海杨浦区眉州路888-1号
ホームページ http://www.xsx.com.cn/

出典:op.xinmin.cn

上海ガニ

上海を代表するグルメと言えば、この上海ガニ。(本名はチュウゴクモクズガニ)
ねっとりとしたカニ味噌が詰まっていて、雄には白子、雌には卵が詰まっている。
上海の多くのレストランでは、新鮮な上海ガニを料理している。

店舗:成隆行蟹王府
住所:上海黄市浦区九江路216号

蟹みそ豆腐

一見普通の麻婆豆腐に見えるが、カニ味噌が入っている上海らしい麻婆豆腐。
ご飯にかけて食べると、もう至福の味わいで、上海レストランを代表する人気メニューでもある。

店舗:新洛鼎大酒店
住所:上海市汾西路360号

出典:xmwb.xinmin.cn

上海冷やし中華麺

上海ならではの冷やし中華・上海冷やし中華麺は、多くの市民を始め観光客、有名人にも愛されているグルメだ。夏の暑い時期に食べると、元気が湧き出てきそうだ。

店舗:王家沙点心店
住所:上海市静安区南京西路805号

焼きまんじゅう(生煎饅頭)

「焼きまんじゅう」は一言でいえば、小籠包の焼きバージョンと言える。 
外はもちもち、中はジューシーで、噛めば肉汁があふれ出てくるという理想のグルメである。
これを作っている店は、全国にチェーン店を40店舗以上構えていて、お手頃な値段で食べられる。

店舗:小楊生煎館
住所:上海市静安区呉江路269号

排骨麺(骨付きロース麺)

排骨麺(パーコーメン)とは、柔らかく煮込んだ豚の骨付きあばら肉(スペアリブ)をトッピングした麺で、中華のB級グルメとして存在している。
これも、ぜひ食べておきたい上海自慢の逸品で、レストランや屋台で提供されている。

店舗:永興面館
住所:上海市黄浦区広西北路448-454号

出典:www.dianping.com

豚挽き肉と豆腐の包み

20店舗チェーン展開している、メニューが100種類以上もあるレストランの自慢料理。
こちらは豆腐と豚挽き肉を焼売の皮で包んで煮込んだもので、優しい味わいがする。

店舗:和記小菜
住所:上海市浦東新区東方路985号一百杉杉大厦6階

剥きエビ炒め

上海料理の代表と言われて、おつまみにもピッタリな、プリプリとした剥きエビ炒め。
エビが水晶のような透明感を持っているので、中国語では水晶エビとも呼ばれている。

店舗:鼎壹坊小菜
住所:上海市臨汾路1097号

出典:tieba.baidu.com

揚げた骨付き豚肉と甘辛い餅

これも、上海が誇るB級グルメ。
骨付き豚バラ肉を揚げたものと、甘辛く味付けした餅を交互に食べると、非常に素晴らしい味になる。

店舗:鮮得来排骨年糕
住所:上海市浦东新区乳山路108号

出典:www.dianping.com

酢豚

日本でもなじみがある中華料理、「酢豚」も食べておきたいグルメ。
上海市内で評判のいいレストランの酢豚は、美味しいだけではなく値段もお手頃なので、たくさんの市民が訪れている。

店舗:査餐庁
住所:上海市盧湾区思南路30-4号

上海が自慢する珍しい逸品や、デザートにもなる点心も豊富!

出典:www.nxfeng.com

高橋の松餅(ソンピン)

100年以上の歴史持つ店が、心を込めて手作りする饅頭。
中身はあんこを始め三種類あり、皮は触るとぽろぽろと落ちるように柔らかい。 
本当はでき立てが一番美味しいが、お土産として持ち帰ることもできる。 

店舗:高橋松餅
住所:上海市浦東新区高橋鎮清渓路172号(張揚北路近く)

出典:www.dianping.com

揚げゴマ団子

中国では「芝麻球(チーマーカオ)」とも呼ばれる、人気の点心・揚げゴマ団子。
普通の胡麻団子より大きくて、揚げ物なのに脂っこくないからいくらでも食べられる。
何より、揚げたてが一番美味しくて、デザートも提供するレストランでも出されている。

店舗:広東特大麻球王
住所:上海市山陰路274-7号

出典:www.dianping.com

臭豆腐(チョウドウフ)

台湾で有名な、名前の通り臭い豆腐。
匂いは強烈だが 食べてみれば全然匂いはなく、揚げ物のよい香りがする。
外はパリパリしていて、中は柔らかい。 

店舗:上海老街臭豆腐
住所:上海市黄浦区上海老街蔵宝楼附近

出典:www.shsxjy.com

上海風白玉だんご

団子の外にはアズキの粉をまぶしていて、中には黒ゴマの餡が入っている。
日本のものとは遥かに違う、上海ならではの白玉団子だ。
和菓子が好きな人は、食べたくなること間違いなし。

店舗:喬家柵食府
住所:上海徐匯区襄陽南路313号
ホームページ
http://shxuhui011264.11467.com/

出典:item.yhd.com

中華あんこ餅

上海地区の漢民族の伝統スイーツ。 
伸ばしたお餅で、漉し餡を巻いただけだが、この素朴感と味わいが実によい。

店舗:沈大成
住所:中国上海黄浦区南京東路636

出典:item.jd.com

崇明糕(すうめいこう)

崇明糕は、固めと柔らかめの二種類があり、もち粉とくるみなどの10種類以上の材料でで作っている蒸し菓子だ。これも是非押さえておきたい。

店舗:沈大成
住所:中国上海黄浦区南京東路636

出典:www.wadongxi.com

もち米の蒸しケーキ

今、上海名物として知られている。もち米の蒸しケーキ。
もち米を粉にしたものを使うので、優しい食感と味わいが楽しめる。 

店舗:沈大成
住所:中国上海黄浦区南京東路636

出典:www.dianping.com

中華パイ

これも、上海が誇る甘い点心。
中身はあんこや、砂糖など四種類があり、多くの人が買い求めている。
中華パイは、やっぱり焼きたてがとても美味しい。

店舗:呉苑餅家
住所:上海市静安区石門一路威海路口

出典:tieba.baidu.com

海棠(かいどう)ケーキ

形が、海棠という花に似ているので、海棠ケーキと呼ばれる。
専用の鉄板で焼き上げ、中にはあんこが詰まっている。鉄板を使える職人が年々少なくなっているので、今では希少なお菓子になってしまった。

店舗:王記海棠糕
住所:上海市浦東新区新场古鎮新场大街399号

出典:www.dianping.com

上海草団子

日本のよもぎ饅頭と似ている、上海に伝わる伝統菓子。
蒸篭(せいろ)を開けると、よもぎのふくよかな香りがしてくる。
なお、上海草団子は中国語で、「青团(チントォアン)」と呼ばれる。

店舗:王家沙点心店
住所:上海市静安区南京西路1890号

水蜜桃

普通の桃より身が柔らかく、水気が多く、糖度が高い。
上海では、七月から桃狩りが行われていて、この水蜜桃を食べるために訪れる人が多い。

店舗:南匯水蜜桃第一村
住所:上海浦東新区新场鎮果園村新西六隊622号

出典:www.egou.com

鮮肉月餅

月餅と言っても、中身はあんこではなく、肉を使った具材が詰まっている点心。 
おやつにしても軽食にしても美味しく頂ける。

店舗:老大房鮮肉月餅
住所:上海市田林路39号第二食品商店内

出典:www.dianping.com

上海おこげ

昔、ご飯を釜で炊いていた時、下の香ばしい焦げた部分を食べてたことでおこげが誕生した。そのまま食べても美味しいが、今ではとろみあんをかけて、料理として出されたりスーパーで売られていたりする。

店舗:930私房菜(欧陽路店)
住所:上海市虹口区欧陽路196号1号棟3階(四達路近く)

出典:www.a11b22.com

味付きそら豆

60年前から伝わる伝統の味。上海に行ったら、上海城隍廟(こうびょう)の味付きそら豆を味見しなかったら、上海に行ったことにならないと言われている。そら豆は皮ごと食べられる。

店舗:上海城隍廟
住所:上海市黄浦区方浜中路249号
ホームページ http://www.shchm.org/


よかったら「いいね!」もよろしく♪