色んな柄の布を繋げるパッチワーク・キルトのかわいい作品集!

色んな柄の布を繋げるパッチワーク・キルトのかわいい作品集!

破れてしまった服や中途半端な端切れの布は、「パッチワーク・キルト」という方法で、全くの別物に生まれ変わることができる。そのアレンジ方法は、カーテン、クッション、マットなどさまざまなものに応用されている。

1つ1つの端切れを繋ぎ合わせて作る、数々のパッチワーク・キルト作品!

柄は異なるけれど大きさが合同な正方形の布を繋ぎ合わせた簡単なカーテン

色んな柄の布を大きめに切って、縫い合わせてカーテン金具を付けると、ちょっとしたおしゃれなカーテンができあがる。窓から差し込む光によって、より素晴らしさが際立つ。

正方形や直角二等辺三角形に切った布を縫い合わせてベッドのシーツに

ベッドのシーツは、白もよいが色とりどりのパッチワークで作ってもよい。作るのは相当時間がかかるかもしれないが、完成すると達成感を味わえる。

出典:www.flickr.com

スナップボタンで留められて文房具などを入れるのに最適な横長のポーチ

鉛筆や文房具などをしまっておくのに最適な、横長のポーチを作った。横長で、パチッと留められるようになっている。

一緒に使いたくなるベッドカバー・枕カバーも全部キルト生地の手作り

ベッドカバー、枕カバーともに同じ柄のキルト生地で作っている。やっぱりお揃いにすると、よりかわいさが出てくる。

緑の大地に咲く花をあしらったラグマットは子供部屋に打ってつけ

まずは、緑を基調とした生地で芝生のようなマットを作り、そこに色んな柄で作った花を縫い付けていく。完成したら、子ども部屋に置いておきたい。

テーブルを彩るマットはカラフルなパッチワークとバイアステープが最適

小さなテーブルが殺風景だと感じる時は、パッチワークで作った小さなマットを敷くとよろしい。そこにまた色んなものを置くとより映えてくる。

鍋敷きにもなるポット敷きには同じ幅に切った色んな布が縫い合わされている

円形になるように繋ぎ合わせて、十分に使える鍋敷きを作った。パッチーワーク/キルトは、色んな布を組み合わせるから面白い。

出典:www.imagui.com

かわいい柄を集めて作った中に入れたものが見えないようにするためのカーテン

手芸などで使う、大きな作業台は、下に物をしまえるようになっている。そこを遮断するカーテンも、やっぱりキルトで作るに限る。そしてカーテンレールは、100均でも手に入る突っ張り棒で充分。

中に綿を詰めていて色んな形状になっている数々のかわいいマスコット

キルト生地は、縫い合わせて綿を詰めて作るマスコットにもぴったり。赤ちゃんのおもちゃに使ってもよい。

リビングに置くソファーに敷いたり配置したいカバーとクッション

ふかふかのソファーにかけておくカバーも、パッチワークにお任せ。カバーだけでは物足りないなら、クッションも作って置いておくとよい。

素敵な柄が組み込まれたクリスマスカラーの鍋敷きはプレゼントにもぴったり

ポインセチアの花、ヒイラギの葉っぱなどの布を基調として作った鍋敷き。冬の寒い時期に作る料理が入った、熱々の鍋を乗せたい。

色んな柄の布を合同な大きさに切って作るカボチャのように大きなクッション

まるでお化けのように大きい、カボチャみたいなクッション。縫い合わせて形を作っていくのは一苦労だが、でき上がると苦労は吹っ飛ぶ。

熱を遮断してより手に持ちやすくしてくれるフライパンの持ち手カバー

持ち手がちょっと細い、手にしっくりと来ないという時は、この手作り持ち手カバーを付けておくとよい。これでしっかり握れて、熱さも感じない。

色とりどりの直角二等辺三角形を散りばめたマットは子供に喜ばれる

茶色を基調とした背景には、同じ大きさの色とりどりの直角三角形が散りばめられている。とても手作りとは思えない、お店に売っていそうなデザインだ。

1つ1つに仕切った部分には綿が詰まっているペットが安らげそうなマット

1個1個仕切って綿を詰めている。こんなにふわふわしていれば、犬や猫などのペットも大喜びしそうだ。

色んなものを縫い付けた本や手帳を入れるのにふさわしいショルダーバッグ

同じく端切れや刺繍糸で作った、色んな飾りを縫い付けたショルダーバッグ。本や書類がすっぽりと入るので、図書館で勉強する時に使いたい。

楕円形をして外側と内側がはっきりと分かれているピンク色の花柄のマット

女の子の部屋の床に置きたい、かわいいラグマット。ピンクを基調としたかわいい花柄の布を、楕円形に繋ぎ合わせている。

手帳や文庫本を包むのに最適できちんと閉じられる手作りのカバー

雑貨屋さんに売っていそうな、キルトのアレンジ作品。中にはスケジュールを書いた手帳、または小説の文庫本を収めたい。

たくさん物が入ってお出かけの時やちょっとした用事に役立つトートバック

お出かけに持って行きたいトートバッグも、キルトを繋ぎ合わせることで作れる。お店には売っていない、自分だけのオリジナルが作れてしまう。

出典:honarbazaar.com

正三角形の布を繋ぎ合わせて作ったマチ針を刺せるピンクッション

1つの柄の布を小さな正三角形に切って、綿を詰めながら繋ぎ合わせて正三角錐を作った。
そのまま飾ってもよいが、手芸で使うマチ針を刺すピンクッションにもなる。

出典:www.flickr.com

3種類の柄を繋ぎ合わせて作り上げた円形のストラップ付きポーチ

まるでマカロンのような、円形のポーチ。上にはストラップが付いていて、手作り感があふれている。

ふかふかのかけ布団を包んでくれる布団カバーにもキルティング要素が生きている

少し大きい花柄の端切れを縫い合わせて、作った布団カバー。これをかけて眠ると、ぐっすりと眠れそう。

色んな模様を敷き詰めて中心部分でまとまっている円形クッション

上から見ると、色とりどりの花びらをもつ花のように見える。これも女の子らしい柄と形のクッションと言える。

赤を基調とした数々のキルト生地で作り上げた素敵な幅広いカーテン

長いカーテンだって、キルト生地を繋ぎ合わせてできる。これから新しくカーテンを付けるなら、やっぱりパッチワークのものが適している。

マチがあって十分な容積を保っているお弁当を入れるトートバック

お弁当をすっぽりと入れられそうな、箱型のトートバック。赤やピンク、グレーの色がしっかりと調和している。

真っ赤なハート型パッチワークがはっきりと映えているテーブルマット

正方形のキルトをつなげて作った真っ赤なハートが、ベージュ色のマットに映えている。食卓に敷くと、より情熱が伝わってくる。

出典:www.flickr.com

ティーバックのひも部分がチャームポイントのティーカップ型ポーチ

紅茶を注ぐ、ティーカップの形をしたポーチ。ファスナーの部分には、フエルトで作ったティーバッグのひもが付いている。冬の寒い時期に使いたい。

作るなら大変な時間と根気を要するゆったりくつろげる広々としたマット

これも大変な労力を使う作品。でも完成して広げてみると、達成感を味わえ、ゴロゴロしたくなる。

白鳥のような首を持つおしゃれなデザインのポット敷きも立派な作品だ

平坦なポット敷き(鍋敷き)に飽きてきたら、立体の白鳥の首をあしらうとよい。これもなかなかの秀逸な作品だ。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪