消しゴム判子のアイデアがいっぱい!世界に一つだけのオリジナルはんこ

消しゴム判子のアイデアがいっぱい!世界に一つだけのオリジナルはんこ

自分オリジナルのスタンプが欲しい!とお考えの方は、「消しゴムはんこ」という方法で作ってみるとよい。これはその名の通り文房具の消しゴムを削ったり、絵柄を彫ったりすることで作れるスタンプを指し、簡単なものから凝ったオリジナル作品ができあがる。

2016.2.11 UPDATE

2

作って楽しい!押して楽しい!自分で作る消しゴムはんこはアイデアが豊富!

まずは、簡単な絵柄から作ってみよう

至って初心者向けの、手作り消しゴムはんこ。消しゴムを薄く切って、好きな形に切っていき、スタンプ台に接着剤で貼りつけると簡単に消しゴムはんこができあがる。ちなみにできあがった作品は手紙などに押してもよい。

出典:cutesycrafts.com

消しゴムスタンプをポンポン押せば、オリジナルTシャツも作れる

角材状に切った消しゴムを円形に削り、カラフルな布用インクを付けて無地のTシャツにポンポン押していけば、お店に売っていないオリジナルTシャツができあがった。円形だけではなく、ハート形や星形に削っても悪くない。

出典:instagram.com

切手のような絵柄を彫刻

縁、中に描く絵柄、付けるメッセージを自分好みにできる、切手のようなかわいいスタンプ。なお細かい模様を刻むなら彫刻刀を使うとよい。

無地のトートバックが、こんなにおしゃれに

小さな円形スタンプに、同じ系統の色のインクを付けて、無地のトートバックに1つの絵になるように押していく。濃い部分と薄い部分といった濃淡を付けると、とてもおしゃれに仕上がる。

出典:instagram.com

Facebook、twitterアドレスを刻印

ハンドメイドとは思えない、非常に手間暇がかかっている消しゴムはんこ。イラストだけではなく、額縁やFacebookやtwitterのアドレスを刻印するというアイデアもなかなかである。

出典:ispydiy.com

白いクッションに映える、パイナップルの絵柄

平凡な無地のクッションだって、消しゴムスタンプで柄を付けるとおしゃれに!赤色と黄色のインクを付けたものが、交互に組み合わさっているのが特徴。

インパクトのある大きな花も簡単に彫れる

大きい面積の消しゴムを使えば、大きな絵柄だって作れる。目立つように線を太くするのがコツ。写真のような大きな花だけではなく、色んな形の花だって簡単に作れる。

出典:miiia.pixnet.net

3匹のユニークな動物

楽しく遊んでいるような、3匹の動物を彫刻した。これだけ仕上がりがよければ雑貨屋さんで売っても悪くない。そして無地の手紙やはがきのワンポイントとして使うと、もっとかわいくなる。

出典:www.flickr.com

キッチングッズの絵柄を彫る

料理を作るのに必須な、かわいいキッチンアイテムの絵柄を彫刻した。茶色のインクを塗って押すと、カントリー風な感じになるので、手紙などのワンポイントとしても使えて、雑貨屋さんで売っても悪くない。

出典:weheartit.com

今はあまり使われなくなった、カセットテープ

今はあまり聞かなくなった、カセットテープを大きな消しゴムに彫った。カセットテープの質感がそのまま出るように彫るのがコツ。ちなみに使うインクは、黒、灰色、水色、青が最適。

タンポポの花

たくさんの小さな花びらが集まった、タンポポを彫った消しゴムはんこ。使うインクは、もちろん黄色で決まり。タンポポの他にも、キクやひまわり、菜の花などの黄色い花を彫ってもOK。

出典:www.etsy.com

それぞれ柄が違う、三角形のハンコ

同じ形の三角形に切って、それぞれ異なる模様を彫る。1つ1つに違う色のインクを塗って押していくと、十分にかわいい絵柄ができる。そして繋げるようにして押すと、ガーランドにもなる。

出典:www.flickr.com

季節を感じるような、小鳥と花のスタンプ

四季折々の花と小鳥は、消しゴムはんこに持って来いの日本らしい絵柄と言える。はがきや年賀状に書く季節のあいさつの横に押しておくと、好印象が出てくる。

出典:instagram.com

かわいいキャラクターも、消しゴムはんこに取り入れることができる

自分で考案したかわいいキャラクターも、消しゴムはんこにちゃんと使える。左右非対称のキャラクターは、押した時に全く逆になるので注意。

出典:instagram.com

たくさんの消しゴムはんこを押して、1つの絵を作る

これまで作ってきた消しゴム判子をひとまとめになるように、無地の巾着袋に押して1つの情景を作った。これだけ押していれば自分の個性が出ているような作品に仕上がる。

お天気マークのスタンプ

晴れ、雨、雪、曇りは、スタンプに最適な絵柄である。全種類作って、ノートの表紙にたくさん押したい。そして日記の天気を示すのにも使える。

出典:mamabee.com

ヒョウ柄のようなまだら模様

1つ1つの細かい消しゴムに、ヒョウ柄の茶色い斑点を刻んだ。それぞれ異なるようにして、たくさんポンポン押していくと、立派なヒョウ柄になる。黄色や茶色い紙に押していくと、もっとヒョウ柄らしくなる。

枯れ木に花を咲かせることもできる

何の変哲もない枯れ木の絵に、消しゴムスタンプの花や葉っぱを押すと、花が咲き誇ったようになる。このアイデアはまだ幼稚園ぐらいの子供の遊びに最適。

タグの形に整えてもよい

長方形の消しゴムの上2隅を切って穴を空けて、小包に使うタグの形にした。白いインクを塗って紙に押すだけで、プレゼントに付けたいタグができた。

ちょっとしたメッセージを刻む

大まかな円形を作ったら、一言付け加えるようなメッセージを彫る。文字は鏡に映したような文字を彫らないと、押した時に変になるので注意。鉛筆であらかじめ下書きをしておくと、失敗は減らせる。

出典:www.etsy.com

色んな表情

喜び、悲しみ、怒り、楽しいなどの表情を消しゴムスタンプにした。手紙にちょっと押すと、自分の気持ちを表現できる。もちろんメールで使う顔文字を彫ってもよい。

ガムボールマシンのイラスト

子供に人気がある、ガムボールマシンを消しゴムに彫刻して作ったスタンプ。他にもロボットやぬいぐるみなど、子供が好むおもちゃを彫刻しても面白い。

手紙を運ぶ小鳥

くちばしに手紙を咥えて、羽をパタパタさせて運んでいるかわいい小鳥。これは誰もが好みそうなデザインで、いかにも手紙にぴったりそうな消しゴムはんこだ。

女の子が好みそうなデザイン

かわいい日常雑貨や模様を、手作り消しゴムはんこに取り入れた。使うインクも、黒よりカラフルな方が似合う。

出典:www.duitang.com

フレームの中にイラストを刻む

おしゃれなカメオブローチのようなデザイン。
中のイラストは、正面向きでも横向きでも構わない。そして便せんのワンポイントとして使える。

マスキングテープ風にアレンジ

消しゴムの長方形の面全体に模様を彫ってインクを付けて押すと、マスキングテープのようになる。写真を貼ったアルバムのデコレーションに使いたい。


よかったら「いいね!」もよろしく♪