ベルトの収納方法まとめ!ハンガーやフックで効率的に片づけ

ベルトの収納方法まとめ!ハンガーやフックで効率的に片づけ

今ではファッションアイテムの定番と言える「ベルト」を、きれいに収納するアイデアを考えたことはあるだろうか。やはり整理しておくとごちゃごちゃにならずにすっきりと取り出せて、見栄えがよくなる。

7

理想のベルト収納アイデア!これでファッションへの意欲が高まる!

何本もある細い革ベルトはフック付きの大きなリングに引っかける

マスターキーを束ねるような大きさを持つフック付きリングに、ベルトの金具を通して棒に引っかけた。この方法は、とにかくベルトがたくさんあってどう収納したらいいかわからない方におすすめである。

スーツに合わせるビジネスマンのベルトを引っかけるためだけに作られたハンガー

最大で、14本のベルトをかけることができる優れもの。これはビジネスマンの強い味方でもあるハンガーだ。さらにここにはベルトだけではなく、ネクタイを引っ掛けることもできる。今までフックがないと整理できないと思われていたベルトが、この方法で救われた。

アクセサリーなどを入れておく仕切りの中にぐるぐると丸めて入れる

1つ1つ丁寧に仕切られている仕切りの中に、丸めた細いベルトを収納するだけでもよい。この仕切りには、ネクタイピンやカフスボタン、ピアス、ブレスレットなどのアクセサリーをしまっておける。

出典:blog.netrobe.com

細いベルトを巻き付けてブレスレットを通す場所に何個も重ねておく

女性向けの細いベルトをしっかりと円形になるように巻き付けて、卓上スタンドに通した。たくさん重ねると、アクセサリーショップのようにとてもおしゃれになる。上の段にはベルトとポーチ、下の段にはネックレスやブレスレットなどのアクセサリーを収めておけると、オシャレにうるさい女性の強い味方だ。

カーテンに使うフックとレールを応用させていくつものベルトを掛ける場所に

カーテン用具一式を応用させて、タンスの中に突っ張らせると、こんなに素敵なベルトホルダーになった。ベルト金具を引っ掛けるだけで、すっきりと整理できる。

出典:www.amazon.com

扉の内側には細々としたものを整理するカゴやたくさんのベルトがかかっていた

扉の内側を有効活用した、ベルト収納方法。カゴを取り付けているので、ベルトの他にもネクタイピンや腕時計などをしまえるのがありがたい。あまり場所を取れないときにありがたいスペース有効活用である。

脚の部分が曲がっているのが特徴のフクロウのフックにたくさんのベルトを

フクロウの脚の部分がフックになっていて、そこにベルト金具を通した大きな輪をかけている。このフクロウもデザインが優秀なだけではなく、扉の後ろにかけられるようになっている。

中身がはっきりと見える透明なポケットに丸めて収めても全然構わない

中身が見える、透明なポケットを壁にかけて1つ1つに丸めたベルトを収めた。壁の範囲が余っているなら、この方法がぴったり。ベルトは、丸めるだけではなくたたんでしまうという手もある。

大きなフックを埋め込んでいる自分のDIYでも作れるベルト専用ハンガー

細長い板切れにビスフックをねじ込み、ハンガー金具を取り付けるだけでも、立派にベルトハンガーは作れる。ちなみに使う金具は金色のものを使うと、高級感が出てくる。

出典:www.homedit.com

100円ショップでも手に入る仕切りで引き出しの中一面を仕切る

100円ショップでも手に入る仕切り板を使って、引き出しの中を仕切り、丸めたベルトを収納した。仕切り板は少しやわらかいプラスチック版がおすすめ。

登山のリュックサックに付けていく頑丈な金具・カラビナも大いに役立つ

主に登山に使われる便利な金具・カラビナを、服を掛ける部分が取れてしまったハンガーフックに取り付けるだけでも、立派にベルトをかけることができる。カラビナ自体は丈夫なので、引っかけるのに非常に役立つ。

出典:www.homedit.com

二股に分かれている珍しいフックもベルト整理にものすごく役に立つ

珍しい形状の、二股のフックだってしっかりと、ベルト整理に役立つ。このフックは壁にネジで取り付けて使う。フックが2つあってまとまっているという優れものなんて、なかなかお店で見かけない。

出典:www.homedit.com

たくさんフックが付いていて壁にかけられるネクタイ専用のハンガー

たくさんフックがある、珍しい形状のハンガーに、たくさんのベルトがぶら下がっている。大抵ハンガーって服を掛けるためにあると思われがちだが、他のものを掛けるために考案されたものもある。

丸めた後は隙間なく収まっているビジネスマンのためのネクタイの引き出し

1つの引き出しを、ベルト専用の空間にしている。輪っか状の黒色がたくさん敷き詰められていて、実に紳士的で大人っぽい。太くてしっかりとしたベルトを引き出しに整理するなら、仕切りはいらないという場合もある。

丸めた後はびしっと立ててから引き出しに隙間なくしまうという手もある

輪っか状に丸めたベルトを、仕切った引き出しに立てて収める。やはり立てるとたくさんしまえそうだ。立てて仕切りの中にしまうというアイデアは、女性にもぴったり。

横棒にいくつものビスフックをねじ込んだ木製のハンガーもおすすめ

市販の木製ハンガーをDIYして、全くの別物にした。もちろんこれも洋服がかけられる。横一直線になっている木の棒にビスフックをねじ込んで作っている。

サングラスと虹のように並んだカラフルで細いベルトが調和している

ファッションにうるさい女性にピッタリな整理方法。下の細いベルトはカラフルなので、虹のようにも見える。上のサングラスと下のカラフルなベルト、実に対照的な収納方法である。

下にキャスターが付いていて自由に移動ができる洋服かけに括り付ける

下にキャスターが付いていて自由に動かせる洋服かけにも、ベルトはぴったり。忙しくてベルトをしっかりとしまえないという人には、ただ棒にかけておくという方法がありがたい。

棚の内側に取りつけられている手前に引き出せるレールフックも役立つ

使いたい時に、手前に引き出して使うレール付きフックだって強い味方。これはタンスの幅広い側面に取り付けておきたい。

出典:www.duitang.com

切れ込みを入れた革製の布をハンガーに吊るしてからベルトを吊るす

革のようにしっかりとした布に穴を空けてベルトを通し、ハンガーを取り付けることでもベルと整理に役立つ。レザー生地の他にも、コルク板をリメイクして作ってもよい。

出典:www.duitang.com

ベルトを引っかける場所は市販のネクタイハンガーでも全然構わない

これは、何もネクタイだけを整理するだけのものではないということが改めてわかった。隙間の部分で金具を留められるようになっているのがわかる。

色んなデザインのベルトが引き出しの中に詰まっていてまさにベルトの宝石箱

黒い仕切りの中に納まっているたくさんのベルトが、まるできれいな宝石、装飾品のように見える。なのでベルトの宝石箱と言える。ちなみにベルトをラインストーンでデコレーションしてもかまわない。

両面テープで貼りつける形式の単品のフックを壁に貼りつけてもよい

100円ショップでも買える、単品フックを壁に貼りつけて、ベルトをかけてもよい。これは一人暮らしの人にも最適な方法。ちなみにフックは強力な両面テープで貼りつけるものもある。

仕切りにもなる不要な空き箱に収めるというだけでも全然構わない

半端な大きさの、不要な空き箱にまとめても大丈夫。もちろんこれは後で引き出しに収める。空き箱を、ネクタイをしまう仕切りにするという発送はなかなか素晴らしい。


よかったら「いいね!」もよろしく♪