着なくなったワイシャツをおしゃれにリメイクして活用している事例集

着なくなったワイシャツをおしゃれにリメイクして活用している事例集

仕事で着る「ワイシャツ」がくたびれてきたら、全く別の洋服にリメイクしてみてはいかがだろうか。アイデアを加えることで、ワイシャツから作ったとは思えない作品がたくさんできあがるのだ。

2018.9.13 UPDATE

53

ワイシャツをリメイクして作った、数々の素晴らしいファッションアイテム!!!

まずは裾の丈が長いワイシャツを加工して女性にピッタリなチュニックを作る

丈が長いワイシャツをリメイクして作ったチュニックは、女性向けの立派なファッションアイテムだ。ワイシャツが持つ生地の質感と、リメイクアイデアが1つになって、清楚な雰囲気がにじみ出ていることがわかる。

出典:www.flickr.com

びしっと整っていた襟の部分をえぐり取って作る淡い水色のチェック模様のチュニック

今度は、淡い水色のチェック模様のワイシャツで作ったチュニック。先ほどより丈と袖を短くしていて、涼しげな淡い水色をまとっているので、夏に着ていきたいファッションアイテムになった。

今度は襟の部分を残して袖を切り落として料理で使うエプロンに加工

色や模様がついているワイシャツから作った、料理に使うエプロン。ワイシャツの背中の部分を切り取って、全体をエプロンの形に整えていき、前にポケット、左右に背中の部分で作った結ぶひもを取り付けて完成。

袖全体を思いきって切り落とせば夏の時期にぴったりなノースリーブにもなる

強調しているような柄を纏ったワイシャツで作った、ノースリーブのトップス。袖の部分を全部切り落として、襟の部分も大胆に切り落とし、先ほどの袖で新たな襟を作って縫い付けると完成する。涼しげな感じがするので夏に着ていっても悪くない。

2色のワイシャツを繋ぎ合わせて女性にふさわしい夏用ワンピースに

ワイシャツの特徴を生かした、2色のワンピース。襟の部分と半分のスカート部分は薄い紫色で、上半身とスカートの上部分は清純な白である。さらに、ワイシャツの時には尖っていた襟の部分を丸くしたのもポイントである。

背中の部分が開いていてレース生地が縫い合わされているという斬新なアイデア

非常に大胆なアレンジ方法で作った服。背中の中央に大きな切れ込みを入れて、透けているレースを見えるように縫い付けた。こんなワイシャツリメイクのアイデアはなかなか思いつかない。

ボタン部分がそのまま残っていて袖がベルトになっているモダンなスカート

ワイシャツからリメイクしたとは思えない出来栄えのDIYスカート。閉じているボタンの部分を残して、ベルトなどを通す部分を縫い付けて、切り取った部分で作ったサッシュベルトを通しているのが特徴。

柄がステキなワイシャツは袖を取り払って夏に着たいおしゃれなトップスに

だいぶくたびれてきた、紺のストライプ柄のワイシャツに手を加えて、こんなにおしゃれでかわいい女性向けトップスを作った。襟の部分を切り取って、袖の部分を完全に切り落とし、丈も少し短くして、素敵なリボンを付けているのが特徴。

白いワイシャツの一部分だけ切り抜いて透けているレースを縫い付ける

清楚な女性にふさわしい、白の半袖トップス。前の部分を切り取ってレースを縫い付けて、袖を短くして襟の角を丸くすると、同じ白のワイシャツでも全くの別物になった。何よりスカートに似合いそうだ。

青と白のストライプ柄のワイシャツの下の部分だけを切り取って新たに加工

だいぶくたびれてきたが、なかなか捨てられないという人におすすめな、ブルーストライプ柄のワイシャツリメイク。下半分を切って、透けている白い布生地とレース生地を縫い付けて、より清楚感が出ている服へリメイクした。

びしっと整った襟だけを残していて用品店で売っても悪くない仕上がりになっている

ワイシャツ自体の緑色と、白いレースがマッチしているトップス。袖と襟より下の少しの部分を切り取って、白いレース生地を縫い付けて作っている。下の部分に少しひだを寄せるようにするのがコツ。

青い柄付きのワイシャツ何種類かをスカートにした清楚なブルーのワンピース

実はこのワンピースは、ワイシャツの前と後ろを裏返しにして、襟の部分を大胆に切り落とし、裾部分に青系統の布を縫い付けてスカート状にしているのだ。これだけ仕上がりがよければお店で売っても悪くない。

親が来ていたワイシャツから小さい子どもに合うような服だって作れる

お店で買ってしまいがちな子供服だって、ワイシャツで簡単に作れることをお忘れなく。ボタンやワッペンを着けてあげると子供は喜んでくれそうだ。

胸ポケットやボタン部分をそのまま残してクッションカバーを作った

ふかふかのクッションに被せるカバーも、ワイシャツで作った方が断然よい。ボタンが見えるように作るのがコツ。

デニム生地と組み合わせて襟が整ったノースリーブのブラウスにアレンジ

上半分と閉じる部分は、もう着なくなったデニム生地の服を使い、下半分は白いワイシャツといった、非常に斬新なリメイク服である。

ウエストがきゅっと引き締まっているトップスは女性をスリムに見せてくれる

ワイシャツを分解して、引き締めるように縫い付けていくとできあがる。下の部分がギャザーになるようにするのがコツ。

夏の暑い時期の部屋着としても使える女性用のキャミソール&短パン

ちょっとセクシーな、キャミソールと短パン。なおこの作品は柄のあるアロハシャツで作ってもよい。

出典:alldaychic.com

親のワイシャツを大胆にくり抜いて縫い合わせると幼稚園児のスモックになる

ワイシャツを大胆に切り抜いて、ミシンで縫い合わせて作った、幼稚園児用のスモック。下の部分に、ワッペンなどワンポイントを付けると、子供はより喜んでくれそう。

襟を含む肩の部分を全て切り取って作る旅行に着ていきたいチュニック

上の部分を大胆に切り取って、肩が見えるチュニックを作った。これはリゾート地への旅行にピッタリな服だ。

ちょっと背中が見える服は女性独自の色っぽさを出しているのが特徴

ちょっと背中が見えるように加工すると、セクシーが感じが出てくる。

黒い水玉模様のブラウスを加工して胸元のリボンがおしゃれな服を作った

もうよれよれになって、捨てるしかないと思われていたワイシャツが、こんなにおしゃれな女性向けの服に生まれ変わるなんて感動である。

大きなリボンが印象的な離乳食を食べさせる時に使う赤ちゃん用スタイ(前掛け)

布を2枚繋ぎ合わせて作る、赤ちゃん用のスタイ。ワンポイントの蝶ネクタイを着けてあげるとより素晴らしくなる。

幅がある肩ひもが付いたこのキャミソールは夏の女性用衣類となる

材料は不要になったワイシャツ、ただ一つである。ちなみに付ける肩ひもは幅がある方が適している。

若奥様に似合いそうなとてもワイシャツのリメイクとは思えないドレス

スタイルがよい若奥様に似合いそうな、リメイクとは思えないハンドメイドドレス。腰回りのフリルがおしゃれ。

やっぱりおしゃれな柄があってなかなか捨てられないワイシャツは重宝する

やっぱり洋服へリメイクするなら、無地よりも柄があるワイシャツの方がよい。

モスグリーンのチェック模様が印象的な男性が調理する時にぴったりなエプロン

モスグリーンのチェック模様は、どちらかというと男性にピッタリ。なのでエプロンにリメイクして料理が好きな男性へのプレゼントにしたい。

袖から下の部分を活用して引き締まっているようなタイトスカートを作る

キャリアウーマンらしき女性にピッタリなタイトスカートだって、ワイシャツリメイクで簡単にできる。なお、これにはストライプ柄がぴったり。


よかったら「いいね!」もよろしく♪