世界中で愛される奇妙な生物ミニオンの手作りグッズ!

世界中で愛される奇妙な生物ミニオンの手作りグッズ!

アメリカで誕生して、日本国内でも人気がある、黄色くて不思議な生物「ミニオン」のグッズを手作りするという動きが出てきている。キャラクター自体のデザインが簡単なので、手芸作品を始めあらゆる雑貨に応用できるのだ。

2016.2.10 UPDATE

29

楽しくハンドメイド!オリジナルの手作りミニオングッズ !!!

読書のためのしおり

今読んでいる本のページに挟んでおく「しおり」を、ミニオン風にアレンジした。黄色い厚紙を縦長の長方形に切って、服の形に切ったデニム生地を貼りつけて、きょろきょろ動く目玉を付けて、表情を作って上にひもを結ぶだけで簡単に作れる。

空き缶をリメイクしたペン立て

筆記用具やハサミなどの文房具を立てて置ける、ミニオンペン立て。不要になった殻の空き缶の上ブタを取って、黄色いカラーシートを側面に貼りつけ、他のカラーシートで作った目と口、服を貼りつけてできあがり。

無地のシューズをリメイク

スニーカー自体にもミニオンらしい色を塗って、つま先の部分にもミニオンの絵を描いている。絵を描く時は、鉛筆で下書きをしておくと、失敗が減らせる。無地のスニーカーがお店で売ってない仕上がりになるのは驚きである。

木の洗濯ばさみ

木でできた洗濯ばさみの側面に色を塗って、きょろきょろ動く手芸用の目玉を貼りつけると、ハンドメイドらしさが出ているミニオンクリップになった。塗装にはポスカ、表情や髪の毛には油性ペンを使うと簡単にできる。

出典:www.etsy.com

樹脂粘土で作ったマスコット

粘土細工が上手な人が作った、樹脂粘土製のマスコット。写真はピアス金具を付けているが、ボールチェーンを付けてキーホルダーにしてもよい。なお、樹脂粘土は100円ショップ・ダイソーでも手に入るので、ミニオンファンは是非作ってみるとよいだろう。

小さなニット帽

毛糸を編んで作るニット作品も、ミニオン風にアレンジできる。写真は丸い手すりなどに被せるカバーだが、もう一回り大きくすれば赤ちゃんにかぶせる帽子、さらに大きくすれば大人でもかぶれるニット帽になる。

出典:www.etsy.com

フェルトの飾りを付けたリース

芯となる輪に黄色い毛糸を巻き付けて、フェルトで作った花とミニオンズを飾り付けしていくと、こんなに素晴らしいリースができあがる。是非とも部屋の中に飾っておきたい、アイデアを生かしたハンドメイドグッズが誕生した。

ぐっすり眠れる枕カバー

寝る時に使う枕にかぶせるカバーに、ミニオンの要素を取り入れた。黄色い布を縫い合わせて、顔を縫い付けていくだけで簡単に、ミニオン枕カバーができた。

出典:www.etsy.com

編んで作った、冬のマフラー

両端にミニオンの顔が付いた、オリジナルの手編みマフラー。いかにも丹念に根気よく編んで作ったことが伝わってくる。そして、雪が降る寒い冬に着ていきたい。

小学生の工作にもピッタリなペン立て

缶詰の空き缶をリメイクして作った、オリジナルミニオンペン立て。これは色画用紙を貼りつけて作っているので、小学生の工作にぴったりだ。何より、簡単にできるという特徴がありがたい。

レモンの表面をペイント

酸っぱいレモンの果実は基本的に黄色いので、ミニオン風にアレンジしてもよい。外側の皮にポスカやアクリル絵の具で表情と服を描くだけなのでとても簡単。たくさん種類を作って食卓に置いておくと、ぐっと雰囲気がよくなりそうだ。

お菓子を包む箱

お菓子やプレゼントなどを入れる、黄色い箱にひと工夫を加えた。ゴーグルと目玉の形に切った折り紙を糊で貼るだけなので簡単である。こういうアレンジが加わると、子供が大喜びしそうだ。

赤ちゃん用の靴

毛糸を編んで作る、赤ちゃん用のかわいい靴にも、ミニオンの要素をプラスした。つま先の部分、留める部分、全体の部分の色合いを工夫すると、ベビー用品店で売っても悪くない靴ができあがった。

直立する編みぐるみ

部屋に飾っておきたい、直立するハンドメイドの編みぐるみ。とてもよく仕上がっているので、トイザらスなどのおもちゃ屋さんに売っても悪くない。少しでも手間暇かければこんなに素晴らしいハンドメイドができるのだ。

出典:www.loopsan.com

クリスマス用の靴下

普通の靴下として履いたり、クリスマスになったら壁に飾って置ける、手編みのミニオン靴下。お店で売られている普通のミニオン靴下では見られない、手作りの温かみがあふれている。

物を入れる紙袋

お客さんへのお土産、プレゼントを入れるのに使う紙袋を、ミニオンキャラクターにリメイクした。これにはおもちゃを入れてもいいかもしれない。

出典:www.pinkoi.com

レザーキーホルダー

雑貨屋さんで売っていそうな仕上がりの、手作りレザーキーホルダー。まさにハンドメイドの巧みな技である。

熱い飲み物を持てるようにするカバー

毛糸を編んで作った、飲み物カバー。これさえあれば紙コップに入った熱い飲み物をしっかりと持つことができる。

ピンクッション

フェルトで作った、ぬいぐるみのようなピンクッション。頭の部分に縫い針やマチ針を刺せるので、手芸に非常に役立つ。

出典:www.artfire.com

ミトンのような手袋

左右のデザインが異なっている、手編みのミニオン手袋。手にはめて色んな動きをすると、人形劇だってできる。

砂遊びに使うバケツ

子供が砂遊びをする時に使う黄色いバケツに、カッティングシートで作ったミニオンの顔を貼りつけた。もちろん砂遊びだけではなく水を汲むのにも使える。

粘土に足形を付けて、絵の具で塗装してキーホルダーに

実はこの粘土は、塩と小麦粉と水を混ぜ合わせて作ったオリジナル粘土なのだ。それに足形を付けて色を塗るだけで、オリジナルのミニオンキーホルダーができた。

ニットのスマホケース

今度は毛糸を編んで、スマートフォンを保管するケースを作った。デザインを自分好みに、ユニークにできるのもハンドメイドのおかげである。

本のページの角に付ける、ブックマーク

小説や評論文などの本には、どこまで読んだかを示すブックマークを付けておきたい。これもミニオン風に紙で手作りした。

紙コップをデコレーション

市販の黄色い紙コップにちょっと手を加えると、お店には売っていないミニオンコップになった。これはパーティーでも使える。

四角いコースター

かぎ針編みで編んだ、ミニオンの顔入りコースター。たくさん作って、広い面積になるように繋げても悪くない。

靴下をリメイクして作った置物

履かなくなったり、伸びたり薄くなってきた靴下を、愛らしいキャラクターにリメイクした。不要なものから作るというアイデアは、オリジナルグッズ作りにふさわしい。


よかったら「いいね!」もよろしく♪