ハンドメイドの手作りトートバッグ!基本のものからかわいいものまで!

ハンドメイドの手作りトートバッグ!基本のものからかわいいものまで!

女性のお出かけの強い味方・トートバッグは、お店で買うのもよいが、材料を揃えて自分で手作りするという手もある。ハンドメイドのトートバッグなら、お店にはない自分のオリジナルのデザインを作り上げることもできる。是非ともこれを持ってお出かけに行きたい。

2016.2.29 UPDATE

1

簡単に作れて、お出かけにも持って行きたい!自分だけの手作りトートバッグ

手前側と反対側が、1本の革ひもで繋がっている

大抵バッグは、2本の持ち手部分を付けることが多いのに、この手作りバッグは革ひもが一本しか使われていない。ちなみにひもは片方の部分だけにスナップボタンが使われていて、取り外しができるようになっている。

夏に持って行きたい、かわいい柄のバッグ

夏のお出かけに使いたい、2種類の手作りトートバッグ。1つはピンクのストライプ、もう1つは錨(いかり)のステンシルをあしらっている。波がやってくる浜辺に置くと十分に馴染んでいる。

2つの柄を繋ぎ合わせて

今度は2つの柄の布を繋ぎ合わせて、1つのトートバッグを作った。柄の組み合わせは千差万別で、決めた組み合わせによって素敵な作品ができあがる。

植物を持ち運べる、汚れてもいい袋

半端な布で作った、あまり大きくないトートバッグ。汚れてもいいという前提でこれを作ったなら、土と一緒になっている野菜の苗や、植木鉢に植えた植物を入れて持ち運べる。

時を刻む、時計の絵柄

お店で売っても悪くない、素敵な仕上がりのトートバッグ。使われている布の柄、取っ手部分、バッグの形状、どれをとってもこだわり抜いている秀逸作品だ。

教科書やノートをしまえるカバン

作る工程をちょっと工夫すれば、本やノートを入れられる通学用カバンができあがった。フリル付きリボンや、端切れで作ったコサージュを縫い付けてもよい。

出典:www.hgtv.com

外側と内側の絵柄が異なる

2通りの絵柄を持つ、リバーシブルタイプの手作りトートバッグ。外側と内側をひっくり返すと、別の柄になるという特徴を持っている。

出典:bydawnnicole.com

ひもの部分は、丈夫なロープでできている

まさに、海のトートバッグ。バッグの表面には錨のワンポイントがあって、持ち手になっているひもは、船の上でも使う太くて丈夫なロープになっている。これを持って浜辺を歩いたり、海岸線を歩きたい。

出典:honestlywtf.com

ロープをグルグル巻きにして、ミシンで縫い合わせる

少し細いロープをグルグルになるようにきつく丸めて底を作り、ミシンで縫い合わせていく、そして側面も同じような要領で作っていくと、こんなにユニークなバッグができた。肝心のロープは、グラデーションになるように染料で色を付けてもよい。

出典:www.purlsoho.com

スーパーマーケットのお買い物に役立つ

最近、スーパーマーケットへのお買い物には「マイバッグ・エコバッグ」という自分の買い物袋を持って行くという人が増えている。なので買い物用のトートバッグも作ってみてはいかがだろうか。

シンプルな方がよい場合もある

トートバッグは、どちらかと言えばシンプルなデザインのものが多い。でもその方がかえってよいという人も増えている。だから初めてトートバッグを作るなら、シンプルなものから作ってみるとよい。

コサージュを付けてもかわいい

これまで作ってきたトートバッグに何かワンポイントを加えたいという人は、端切れで作ったコサージュを付けてみるとよい。やっぱり花のコサージュを付けることによって、もっとかわいくなってくる。

青を基調とした、清楚なバッグ

青と白がほどよく混ざり合っている、清楚な手作りトートバッグ。容量もたっぷりとあるので、出勤の時にも使えそうである。

出典:kojo-designs.com

外側に大きなポケットを付ける

バッグの外側に、大きなポケットが3つ分ある。このポケットには水筒や折り畳み傘を入れたり、ボールペンを引っ掛けてもよい。

全部レザー生地で作る

入れる部分やひもの部分は、全部丈夫なレザー生地で作っている。レザー生地はワンポイントを付けなくてもおしゃれなので、女性のファッションにぴったり。

まるで、フリル付きのスカート

柄が異なるフリルをそれぞれ交互に縫い合わせて作ったトートバッグ。トートバック自体でかわいさを出したいなら、このアイデアが最適と言える。

これも至って簡単な作り

ミシン初心者さんは、写真のような買い物のビニール袋みたいな形のトートバックを作ってみるとよい。ただ布を裁断してミシンで縫い合わせていくだけなので簡単である。

端切れで作った帯を通して結ぶ

これもなかなか、おしゃれな手作りバッグ。何より結んでいる帯が最大の特徴である。このバッグ本体と、そこに通している帯は、同じ布地でできている。

容積を広くすれば、おもちゃを入れるカゴになる

袋の容積を大きくして、ひもはほぼ取っ手という感じに付けると、子供のおもちゃをしまえるバスケットになった。たくさん作って並べれば、たくさんあるおもちゃを分類できること間違いなし。

猫の刺繍を付けて

トートバッグの縁の部分に、かわいい猫の刺繍を縫い付けた。なお刺繍は手でやってもよいが、ミシンでやると簡単にできあがる。

タオルをたくさん入れられる、大容量のトートバッグ

スポーツで使うタオルを大量に入れることができる、とても大きな要領のトートバッグ。もちろん着ない服をまとめてそこに入れて、押し入れにしまってもよい。

ステンシルやスタンプを付けてもよい

無地のトートバッグに、英語のメッセージをステンシルで付けた。写真はあくまで一例なので、他の言葉やメッセージを書いても悪くない。ちなみに使うインクは布に対応できるものにすること。

出典:handmademood.com

ミシンで直線を縫っていく

安く手に入れたり、自分で作ったりした白のトートバッグは、ミシンで糸の線を縫っていくだけでこんなにおしゃれに生まれ変わる。また、筆記体の名前やメッセージも縫っていくと、なかなかよいものになった。

出典:seekatesew.com

中身が出ないように、チャックを付ける

トートバッグは好きだけれど、中身の本が出るのが不安・・・という方は、口の部分にチャックを縫い付けるとよい。こうすることで中身が安全に守られる。

蝶ネクタイ型のリボンがおしゃれ

グレーの縁の部分についている、灰色の蝶ネクタイのリボンが、なかなかおしゃれである。袋の部分の布の形も、とてもユニークである。

出典:makeandtell.com

正三角形のアイロンプリントを貼る

市販のものや、自分で作ったりした無地のトートバッグに、アイロンプリントによるワンポイントを加えた。そのアイロンプリントは色は異なるが合同な大きさの正三角形である。隅に寄せたり、散らばるようにして貼りつけるととてもよい。


よかったら「いいね!」もよろしく♪