手作りヘアバンドがかわいい♥手軽に作れるおしゃれアイテム

手作りヘアバンドがかわいい♥手軽に作れるおしゃれアイテム

伸び縮みする特徴を生かして、頭にかけたりする「ヘアバンド」は、自分好みに手作りすることができる。やっぱり手作りだと自分好みに作ることができて、毎日使いたくなる逸品ができあがる。

2018.9.28 UPDATE

6

早速使いたくなる、女性向けのかわいい手作りヘアバンド!

カラフルな模様がある布で作ったリボンを縫い付けて女性らしいヘアバンドに

カラフルでかわいい柄を纏ったリボンを付けた、手作りヘアバンド。肝心のリボンは、結び目が出るようにするのがコツ。これはいかにも女性にピッタリなデザインである。

出典:craftsnob.com

伸び縮みするゴムひもを使うのは後ろの部分だけで後は縫い合わせた布を使う

前と後ろで幅が異なっている、柄のあるヘアバンド。布を縫い合わせるのはぜひともミシンにお任せしたい。

2つの帯を絡ませてちょっと変わった印象があるヘアバンドにした

半分に折りたたんだ2つの帯を、鎖のように絡ませて後ろを伸縮性のあるゴムで留めた。こんな方法でも、立派なヘアバンドは作れるのだ。これは幅が広いので、洗顔によく役立つ。

今度はもう何の使い道もないと思われがちな端切れを縫い合わせて作る

今度は、表と裏で柄が異なるヘアバンドを作った。これは、中途半端な面積の布切れを繋ぎ合わせて作りたい。もちろん後ろにはゴムひもを付けて、頭に取り付けられるようになっている。

出典:www.ehow.com

もう不要になった伸縮性のあるTシャツを三つ編みにして作っている

破けてしまったり、不要になったTシャツを細く裂いて、三つ編みにしてヘアバンドに応用させた。三つ編みは、全体に来るように作ったり、1か所だけに作ったりしてもよい。

薄くて白い生地でヘアバンドのワンポイントとなるような花を作った

ゴムひもが通ったヘアバンド本体に、薄くて白い布生地で作ったコサージュを付けると、一見質素だが十分におしゃれな作品に仕上がる。そしてカチューシャ代わりに使ってもよい。

市販のヘアバンドに花のコサージュとパールを付けてリメイクしている

端切れを寄せ集めたり、グルグル巻きにして作る花のコサージュを、既製品のヘアバンドに縫い付けて、パールビーズを接着剤で留めた。もちろんパールだけではなく、ラインストーンを貼りつけてもよい。

ワンポイントが付いたヘアバンドは女の子の赤ちゃんにもぴったり

手作りヘアバンドは、少し大きくなった赤ちゃんに着けてもよい。ちなみに使う布地は、赤ちゃんの肌に適応するものを選ぶこと。

長い板に木の洗濯ばさみを付けてこれまで作ってきたヘアバンドを保管

これまで作ってきたヘアバンドは、すぐ使えるように専用ホルダーに付けておきたい。写真は、板切れに塗装した木の洗濯ばさみを貼りつけて作ったホルダーである。接着に使う接着剤は、グルーガンがおすすめ。

渋い印象が出ているカーキ色のヘアバンドは大人の女性にピッタリ

少し黒っぽい、カーキ色はファッションにふさわしい色として扱われている。なので、女性向けのヘアバンドとして扱っても悪くない。

大きなリボンと灰色と白の縞模様が印象的なヘアバンドもおすすめ

少し幅がある縞模様の布地で、大きなリボンが特徴的なヘアバンドを作った。頭に着ける時は、リボンが斜めになるように着けるとよい。

出典:whatido.com

一か所だけ三つ編みにしたオレンジ色のヘアバンドは元気をもたらしてくれそう

今度は、裂いた伸縮性のある布を1か所だけ三つ編みにしてヘアバンドを作った。色は、太陽みたいなオレンジ色なので、着けると元気が出てきそうである。

全部同じ形状だけど色が異なっていて結構なバリエーションがある

カラフル、そしてかわいい柄があるヘアバンドは、色んなバリエーションを揃えて作っておきたい。これだけ種類があれば洗濯している時があっても大丈夫である。

親子で着けるヘアバンドは是非とも手作りしておきたいと感じられる

幅と大胆な柄がある、大がかりなヘアバンド。用途は洗顔ではなくファッションアイテムとして使っている。柄は親子で別々にして頭に着けると、親子らしいファッションができあがる。

真ん中にボタンが付いた花のコサージュが加わっているニットのヘアバンド

寒い冬に付けていきたい、毛糸を編んで作ったヘアバンド。ただのヘアバンドだけではなく白い毛糸で作った花のコサージュも付けているのが特徴である。

ヘアバンドのリボンが大きければファッションアイテムとして使える

ヘアバンドのリボンが大きければ、女の子らしい立派なファッションアイテムとして使える。明るい色の柄を使うと、より元気が出そうなファッションになる。

今度のヘアバンドはバスタオルから作ってお風呂上がりにふさわしいものに

本体、リボンともにバスタオル生地から作って、お風呂上りに使いたいヘアバンドを作った。結んで作るリボンは、ちょっと斜めになるように着けるとよい。

独特の手触りがある立派な花のコサージュを付けてヘアバンドの見栄えをよくする

独特の手触りがある布でコサージュを作って、幅があるヘアバンドに縫い付けた。コサージュは非常に芸術的な出来である。

柄があって幅広いゴムひもは簡単な方法ですぐにヘアバンドになる

お弁当を抑えるのに使う、かわいい柄と幅があるゴムひもは、長くして結ぶだけで立派なヘアバンドにもなる。手芸が苦手な方は是非ともこの方法を試してみるとよい。

フェルトで簡単に作ったコサージュを付けて赤ちゃん用ヘアバンドに加える

伸縮性のあるヘアバンドに、フェルトで作った花を重ね合わせたコサージュを貼りつけた。ヘアバンド本体は茶色で、フェルトの花はかわいいピンクや赤であり、それらは見事に調和している。

2つのヘアバンドが見事に絡まり合っていてユニークなデザインとなっている

2つ折りにした、2つのヘアバンドが見事に絡まり合って、1つのヘアバンドを形成している。やっぱりこういうユニークなデザインを取り入れても悪くない。

柄がある布にゴムひもを通して作った長めの蝶結びリボンのヘアバンド

結んで作るリボンを、少し長めにして、ヘアバンドに取り入れた。やっぱりリボンが付いていると女の子らしい作品に仕上がる。こんな作品を作るなら、ぜひとも柄がある布で作りたい。

リボンとヘアバンドの部分の柄は異なるがこれでもかわいいことに変わりはない

これまで紹介した、リボン付きのヘアバンドは、リボンとヘアバンドの柄が同じだという特徴ばかりだった。しかし今回は手間はかかるが、リボンとヘアバンドの柄をそれぞれ別々にした。

キュートなイチゴ柄も女の子のヘアバンドにふさわしいと感じられる

かわいいイチゴ柄の布は、ぜひとも女の子が使うヘアバンドに取り入れておきたい。家で使うものなら、多少失敗しても大丈夫である。

かぎ針編みで編んで本体を作り端っこにヘアゴムを付けてまとめる

編んで作るヘアバンドは、普通の毛糸からでも作れるが、かぎ針編みで編んで作ってもできるのだ。ちなみにかぎ針編みの毛糸は伸縮性がないので、一番後ろの部分にヘアゴムを付けておくとよい。

花柄の布切れを使ってますます女性が使うのにふさわしいものにする

タオルやハンカチなど、花柄模様を纏った布地を使って、2つを絡ませたようなヘアバンドを作った。やっぱりピンクの花柄は女の子にふさわしい。そしてこんなデザインは雑貨屋さんに置いても悪くない。


よかったら「いいね!」もよろしく♪