自分オリジナルの手作りリュックがおしゃれ!ハンドメイド

自分オリジナルの手作りリュックがおしゃれ!ハンドメイド

背中に背負うリュックは、通学やお出かけの時に使える便利なアイテムであることは有名だが、自分で1から作るという方法も編み出されている。やっぱりハンドメイドのリュックは、お店では決して手に入らないデザインに仕立て上げることができる。

2016.3.25 UPDATE

2

お出かけの時に使える!ハンドメイドのオリジナルリュックサック!

上の余白部分をきつく巻いて、革ひもで留める

リュック全体は灰色がかっていて、あまり派手な色合いではない。上の部分に余白がある場合は、きつく巻いてそこにぶら下がっている革ひもで留めるようにしている。

兄弟でおそろいのリュック

兄弟あるいは姉妹おそろいで使わせたいリュックサックも、手作りに限る。なお作る時は完全に同じ形状、色でなくてもよい。これがあれば家族旅行に大いに役立つ。

出典:www.flcty.com

ジーンズ生地をリメイク

履かなくなったジーンズや、デニム生地を使ったジャケットを、リュックサックにリメイクしても構わない。そしてズボンにも使う革ベルトのような留め具を使うと、よりジーンズらしくなる。

出典:tagtraeumerin.de

2つの生地を繋げて作る

1つは、黒と白のギザギザ模様、もう1つは茶色いレザー生地といった、2つの布地を使って、リュックサックを作り上げた。こんなデザインは雑貨屋さんに置いても悪くない。

出典:79ideas.org

純白なリュック

真っ白な布生地を縫い合わせて作った、素敵なリュックサック。これに荷物を詰めて、天気がいい日に出かけると、すがすがしい気分になれそうだ。もちろん女性にもぴったり。

マチを付けて、容量を出す

側面部分にマチを付けて、とても大きな要領にしている。これなら教科書やノート、辞書などがたくさん入りそうだ。また表面にあるポケットも、斜めに付けているというのが特徴である。

幼稚園や小学校の遠足にピッタリ

カラフルな柄の布を使って、幼稚園児や小学生が遠足に持って行くナップザックを作った。ここにお弁当や敷物、おやつなどを入れておくとよい。そして何より、子供が喜んでくれそうだ。

巾着型のナップザック

ナップザックは、てっきり子供が使うものと思われがちだが、大人が使っても大丈夫なのだ。もちろんちょっとしたところへお出かけする時にも最適である。

2つの素材の布を組み合わせて

大きい範囲は、黒と白の正三角形を組み合わせた布を使い、小さい範囲は茶色いレザー生地を使っている。そしてそれらをナップザックに生かすと、大人のためにあるような作品ができあがった。

閉じる部分に柄を付ける

閉じる部分だけにおしゃれな柄をつけると、非常に素敵なリュックサックができあがった。これは是非とも、女の子に使わせたい逸品だ。そして閉じる部分の縁にバッジやワッペンなどを付けてもよい。

手提げカバンにもなる

手の込んだ工夫を凝らしてみれば、リュックが手提げかばんに早変わりする。そして縁や下の部分に柄の付いた布をアイロンプリントして、もっとおしゃれに仕上げた。

黒いレザー生地を使っておしゃれに

黒いレザー生地を使って、容積がある袋を作って肩にかける2本のひもを縫いつけた。布の時とは違う質感と高級感があるので、モデルのように美しい女性に持たせたい。

灰色の背景と、白くて細かい水玉

女子高生、女子大学生に使わせたい、シンプルかつかわいいデザインのリュックサック。使っている布生地は、灰色の背景にたくさんの水玉が、雪のようにあしらわれている。また表面にポケットが付いているので、化粧品などを入れられる。

金具を使って、背負うための帯を作る

カラビナ代わりにもなる丈夫な金具を、手作りリュックサックのひも部分に取り入れた。リュック部分の要領も大きいので、登山に使える。

大きなイニシャルをあしらってもよい

アルファベットの形をしている、大きなイニシャルをナップザックにあしらった。これは大きな目印になって、すぐに見つけられる。

クラッチバックにもなる

肩にかけるベルト部分をグルグル巻き付けると、手に持って運ぶクラッチバックへと応用できる。ちなみにこのリュックサックの容量は、あまり大きくないので、クラッチバックへと応用できるのである。

これは塾に通う時に使わせたい

塾や習い事に勤しむお子さんにも、手作りの塾専用リュックを作ってあげたい。写真は、本や教科書がきちんと入る、塾にふさわしいデザインの本カバンだ。閉じる部分にワンポイントを付けてあげると、子どもはもっと喜んでくれる。

子供が喜びそうな、パイナップルの形の巾着

またまた、子供の遠足で使わせたいナップザックが登場した。物を入れる部分は黄色で、白い格子状のラインがある。そして上の部分には緑の葉っぱがあって、パイナップルを形成している。これなら子供は喜んでくれそうだ。

やっぱりリュックは、お出かけにピッタリ

今更だけど、手作りリュックサックはお出かけにも持って来いである。特に動物園や博物館の見学は、手提げかばんよりリュックのほうがありがたい。

出典:weheartit.com

市販のリュックをリメイク

安く手に入れた、市販のリュックがちょっと殺風景だという場合は、手芸用品を使って自分好みにリメイクするとよい。写真はレースを使っているが、ワッペンやアイロンでくっつくラインストーンでも構わない。

出典:weheartit.com

半端な布切れでポケットを作る

本体の部分と閉じる部分が異なっている、手作りとは思えない素晴らしい仕上がりのリュックサック。ちなみに写真のリュックについているポケットは、ジーンズジャケットの袖部分を使っている。

子供が好きそうな柄も取り入れる

子ども向けのリュックサックを作るなら、写真のような子ども向けの柄を使うとよい。写真は大空を飛ぶ飛行機だが、電車や車、花柄やキャラクター柄を使っても全然OKである。

シンプルな布袋をリメイク

平凡すぎる、灰色の布袋をナップザックに応用させた。使うひもはパーカーで使われる白い丸ヒモが適している。

ひもの部分を赤く染めて

ナップザックに使うひもが、白だと物足りないという場合は、染料で染めるか他の色の丸ヒモを使ってみるとよい。たったこれだけでナップザックがよく映える。

女性にピッタリ

色合い、デザイン、容量、どれをとっても欠点がない、完璧なリュックサック。そして何より、ハンドメイドとは思えない出来栄えで、女性にもピッタリである。

手作り感が伝わる、巾着ナップザック

今度は、柄が異なる2つの布同士を繋ぎ合わせて、1つのナップザックを作った。なお、使う布は、下は柄がない単色、上は柄がある方が適している。

虹色のうろこを纏ったリュック

1個1個かぎ針編みで編んだ、七色のうろこを市販のリュックに結わえ付けた。遠くから見ると、まるでグラデーションがかっているようにも見えて、非常に素晴らしい雰囲気を醸し出している。


よかったら「いいね!」もよろしく♪