ハンドメイドで作るオリジナルの手帳がかわいい♥

ハンドメイドで作るオリジナルの手帳がかわいい♥

予定や買うものなどを忘れないように書き留める「手帳」は、100円ショップや文房具屋さんで買った市販のものに、自分オリジナルのアイデアを加えることで、より毎日使いたいものに変身するのだ。これならすぐに気づけて、大事な予定を忘れなくなる。

2016.4.8 UPDATE

1

楽しいアイデアを生かした、自分オリジナルの手作り手帳でスケジュール管理!

出典:eighteen25.com

滲ませた絵の具に、メッセージを書いて

市販の手帳型ノートに白い表紙を貼りつけて、色んな色を混ぜた絵の具を少し滲むように塗りつけた。そして絵の具が乾いたら、今度は黒いインクでメッセージを書く。するとお店で売られていそうなデザインの手帳ができあがった。

黒い表紙に、金色の文字が映える

市販の黒い表紙の手帳に、金色のペンでメッセージや絵を描いた。背景が黒いと、書いた文字はより一層輝いて見える。ちなみに金のペンでたくさんの星を書くと、きれいな星空ができあがる。

本のような表紙

固い表紙を持つ本のような手帳も、自分好みにリメイクしたい。写真は合同な正三角形を敷き詰めたカッティングシートを貼りつけている。ちなみにここには予定ではなく自分で考えた詩や小説を書いてもよい。

閉じるためのバンドを付けて

手帳には、開かないようにしっかりと閉じるためのバンドをつけておきたい。バンドは少し幅があるゴムひもを使っている。

大理石のシールを貼りつけて、お手製のクリップを付ける

今度も市販のノートや手帳をリメイクした逸品である。表面を大理石のシールで覆い尽くし、背表紙を黄土色がかったテープで飾り付ける。そして針金を曲げて作ったクリップを添えて、使い勝手がいい作品に仕上げた。

模様を貼りつけたり、柄を描いてもよい

表紙が真っ白なら、好きな絵を描いたり柄を貼りつけたりした自分好みにリメイクするとよい。表紙が真っ白なノートや手帳、メモ帳は100円ショップで手に入る。

表紙、ページはともに1から手作りだ

一見お店で売られているような手帳に見えるが、れっきとしたハンドメイド作品なのだ。同じ大きさに切ったコピー用紙を糸で束ねて、ちょっとくすんだ感じの表紙と合わせると、素敵な手帳ができあがった。

大切な写真を飾れる

市販の手帳の表紙に、程よい大きさの写真を飾れる留め具のような4隅を付けた。ここに置きに入りの大切な写真を飾って置ける。そして表紙も世界地図なのがとてもよい。

もこもこペンでデコレーション

ドライヤーで乾かすとぷくっと膨らむ、もこもこペンを使って表紙をデコレーションした。写真は点や線だが、自分の好きなキャラクターを描いても構わない。ちなみにもこもこペンは衣類に使えるが、ノートの表紙にも使える。

出典:www.flickr.com

布をミシンで縫って、カバーを作ってもよい

大きな面積の布と小さな面積の布や花やレースをミシンで縫い合わせて、手帳カバーを作った。もちろんカバーは市販の手帳にかぶせてもよい。

出典:blog.etsy.com

厚紙を加工して、ゴム付きのカバーを作った

今度は厚紙に模様を貼りつけて、折りたたんでゴムひもを付けて手帳カバーを作った。これは大事な要件を保存している手帳を包むのにふさわしい。

イニシャルのワンポイントを付けても構わない

手帳表面に、シールシートで作ったイニシャルを貼りつけた。もちろんこれは市販の手帳にあしらっても構わない。このアイデアを生かしておけば、すぐに自分の手帳だとわかるようになる。

合同な正方形に切った植物の写真を合わせて

緑一色の正方形と、植物がある正方形を組み合わせて、緑豊かな表紙を作った。これは植物や園芸が好きな方におすすめな手作り手帳である。使うたびにフレッシュな気分になりそうだ。

同じ色と形状の立方体を敷き詰めた柄

じーっと見ていると不思議な気分になりそうな、立方体を敷き詰めた模様を印刷した。これはお店で売られているような柄である。もちろん学校やオフィスでも使えそうだ。

出典:snip.ly

合同な円形のラメをあしらって

表紙に合同な円形の形になるように糊を塗って、ラメパウダーを隙間ができないようにまぶした。糊が完全に乾いたら、余分なラメを掃って、ゴムひもを付けて完成。ちなみにラメの形は、ハートでも星でもよい。

レザー生地を使って、男性でも使えるように

表面をなめしたレザー生地に穴を空けて、普通の大きさの手帳を包んだ。これはシックなデザインなので、ビジネスに忙しい大人の男性でも使えそうだ。もちろん年配の方でも使える

黒いラベルを張って、全体を引き締める

素敵な柄をまとった市販の手帳に黒いラベルを貼って、白いインクで文字を書いた。これでどれに何を書けばよいかわかるようになって、色んな用途に使える。ちなみにこの手帳には、予定だけではなくレシピを書いても悪くない。

出典:weheartit.com

合同な正三角形に切った雑誌の切り抜きを貼る

かわいい雑誌の写真があるなら、たくさん集めて正三角形に切って、白いノートの表紙に貼ってみてはいかがだろうか。たったこれだけの工夫でシンプルなノートが十分におしゃれに生まれ変わった。

金色のステッカーを自由に切って貼りつける

金色のステッカーを好きな形に切って、手帳の表紙に貼りつけてもよい。するとシンプルだった表紙がゴージャスかつおしゃれに生まれ変わった。

好きなシールを自由な発想で貼る

雑貨屋さんで買ったユニークなシールを、普通の手帳の表面に張るだけで、こんなにかわいくリメイクすることができる。これは自分の個性やアレンジ方法を十分に行かしている作品である。

マスキングテープでデコレーション

色んな色と柄があるマスキングテープを使って、ノートの表面を覆い尽くした。はがれてくるのが心配だという方は、表面にデコパージュ液を薄く塗っておくとよい。

サインペンで落書きしてもよい

表面が地味な茶色一色なら、サインペンや水性マーカーで好きな文字や絵を書くとよい。これは女子中学生や女子高校生の女の子にピッタリな、至って簡単なアレンジ方法である。

まず、表紙全体を黒く塗って、シャープペンシルで彫っていく

まずは表紙全体を黒い絵の具で塗装して、次に尖ったシャープペンシルで模様を彫っていく。たったこれだけでもオリジナルの手帳ができあがる。そして何より黒い背景が彫った模様を盛り上げている。

出典:lovelyindeed.com

白いレザー生地を塗装

ごく普通の白いレザー生地をクリーム色や金色で塗装して、手帳カバーにアレンジした。レザー生地自体にある表面のざらつきが、とてもおしゃれである。

出典:www.missmake.com

市販のスケジュール帳に、手作りカバーをかけてもよい

これは1週間ごとの予定を書き込める手帳に、手作りカバーをかけたものである。しっかりと寸法を測って、ミシンで縫い合わせていくのがコツである。

不要になったノートのページを使って、1から丁寧に作る

ノートのページがたくさん残ってしまったら、その紙を束ねて手帳にリメイクしてみてはいかがだろうか。ちなみに束ねるのは、ミシンを使うとよい。


よかったら「いいね!」もよろしく♪