【かわいいマシュマロ】 食べるのがもったいないキュートな手作り作品

【かわいいマシュマロ】 食べるのがもったいないキュートな手作り作品

そのまま食べたり、ココアなどの熱い飲み物に浮かべて頂く「マシュマロ」は、そのふわふわした食感と見た目のかわいさから、多くの女性に人気があって、デコレーションを加えたり色んなレシピに応用されている。

2016.2.22 UPDATE

3

かわいい・ふわふわ・美味しいを兼ね備えた、理想のキュートなマシュマロ!!!

猫の顔、肉球の形をしたマシュマロ

かわいい猫ちゃんの顔や、手の肉球の形をしたマシュマロ。これは猫が大好きな人にはたまらない立派なマシュマロだ。

愛らしい顔をプリント

パステルカラーのカラフルなマシュマロに、食べられるキャラクターの顔を印刷した。色んな表情があって集結しているとよりかわいい。

出典:iamafoodblog.com

雪だるまの顔をあしらって、ココアに浮かべる

普通の白いマシュマロに、チョコペンで雪だるまのような顔を描いてアレンジして、あったかいココアに浮かべた。これは冬の寒い時期にピッタリで、しかも簡単なアレンジ方法だ。
※描かれている雪だるまの顔は、まるでアナと雪の女王に出てくるオラフみたいだ。

食べられる食用色素で顔を描く

黒の食用色素で、インパクトがある顔を描いた。上の円形になっている部分ではなく側面に描いてあるのが特徴。たくさん作って、マグカップにあふれるように盛り付けるのがコツ。

出典:blog.wilton.com

大小2つを重ねて、雪だるまに

大きなマシュマロと小さなマシュマロを重ね合わせて顔とボタンを描き、小枝のようなプレッツエルを刺すと、かわいい雪だるまのキャラクターになった。もちろんこれはクリスマスケーキの飾りに使ってもよい。
※今回は下の部分にステッキキャンデーで作ったソリを付けている。

カラフルな雨を降らす雲

目を閉じていたち、開いていたりする表情がとてもかわいい。ちなみに降らしている雨はカラフルなラムネ菓子である。

ミニオンへリメイク

チョコレートブラウニーの上に、食用色素を溶かしたチョコレートでコーティングしたマシュマロを乗せて、チョコペンで顔を描いてできあがり。こんな簡単な方法でミニオン好きにはたまらないお菓子ができた。

ねじったマシュマロのペロペロキャンディ

3色の細いマシュマロをねじって、渦巻き状にして串に刺すと、まるでペロペロキャンディみたいに仕上がった。これはアメリカの駄菓子屋さんで売っていそうなお菓子だ。

かわいい動物

丸みを帯びたマシュマロに、虎、猿、パンダ、豚などの顔を印刷してもっとかわいくした。このアニマルキャラクターマシュマロは、動物園のお土産にもぴったり。

溶かしたチョコレートを塗って、カラースプレーを振りかける

マシュマロに棒を刺し、溶かしたチョコレートに付けてカラースプレーを振りかけると、子どもに喜ばれそうなかわいいアレンジになった。簡単に作れるだけではなく、子どものパーティーでも使えそう。

出典:weheartit.com

カプチーノのお風呂に入って幸せそう♡

雪だるま風にデコレーションした3つのマシュマロを、泡が立っているカプチーノの上に浮かべた。温かいお風呂に入って幸せそうな様子がうかがえる。

出典:catchmyparty.com

熱い飲み物が注がれたマグカップ

マシュマロの側面に赤と白のキャンディステッキを差し込み、上に溶かしたチョコレートを絞って細かく切ったマシュマロをトッピングすると、温かい飲み物が注がれたマグカップになった。

出典:diycozyhome.com

クッキーの上で溶けた雪だるま

市販のクッキーに白いアイシングを塗って、乾いたらチョコペンで手やボタンなどを描き、白くて小さなマシュマロを付けると、かわいいデコレーションクッキーになった。

出典:www.flickr.com

キュートなパンダ

まるで大福餅みたいなマシュマロに、パンダの顔を書いた。これは茶道のお茶請けにもぴったりなかわいいマシュマロだ。

アメリカポップコーン

一見バターをたっぷりと使った、香ばしいポップコーンに見えるが、立派なマシュマロなのだ。
※ちなみに、フライパンで茶色になるように溶かしたマシュマロと市販のポップコーンを合わせると、キャラメルポップコーンができる。

ホットショコラの上に浮かぶシロクマ

チョコレートを砕いて温かい牛乳で溶いた飲み物「ホットショコラ」の上に、ホイップクリームを絞ってマシュマロのシロクマをトッピングした。カフェでこのようなものを出すと喜ばれそうだ。

色んな種類のネコがいっぱい

これも、ネコ好きにはたまらないマシュマロだ。黒猫、白猫、三毛猫などの顔がプリントされている。これはペットの催し物のお土産にもぴったりだ。

出典:www.flickr.com

チョコレートでコーティングして、串を刺してミツバチを作った

マシュマロに竹串を刺して、溶かした黄色のチョコレートでコーティングしてホワイトチョコの羽を付ける。チョコレートが乾いたら黒のチョコペンで顔を描いてできあがり。ミツバチのかわいさが伝わってくるデコレーションだ。

怪物のデコレーションをした、ケークポップのようなマシュマロ

溶かした色とりどりのチョコレートを、串に刺したマシュマロに着けて、カラースプレーで髪の毛を作り、白と黒のチョコペンで目を描いた。すると、怪物のようなかわいいマシュマロにアレンジできた。

チョコケーキのデコレーションへ応用

市販のものだったり、あらかじめ作っておいたチョコレートケーキをお化けのようにデコレーションした。まず、ケーキの上にマシュマロを乗せ、ホワイトチョコレートを垂らすようにかけていく。乾いたら仕上げに顔を描いてできあがり。

水の中を泳ぐ金魚

澄んだ水の中を優雅に泳ぐ金魚を、マシュマロに取り入れた。棒に刺したマシュマロを水色のチョコレートでコーティングして、チョコレートが乾かないうちに魚の形のビスケットを貼りつけ、砂糖菓子とビスケットで泡と水の底を作った。

出典:cutestfood.com

まるで焼きたてのトースト

一見こんがり焼けたトーストのように見えるが、とても甘~いマシュマロなのだ。表面にある食べられる印刷でできた、1つ1つの表情もなかなかユニークだ。

見て楽しい、サメのマシュマロ

棒に刺したマシュマロを、白い部分が残るように水色のチョコレートでコーティングして、チョコペンでサメの表情を描いていく。そして手に持つ棒の部分には紙で作ったヒレを付けておきたい。

出典:www.flickr.com

やっぱり笑顔が一番

やっぱり無地のマシュマロをかわいくするなら、笑顔の表情が最適である。写真は食べられる印刷だが、チョコレートペンで表情を描いてもよい。

立派な角を持つトナカイ

クリスマスの日にピッタリな、マシュマロポップ。チョコレートでコーティングして、上に角に見立てたプレッツエルを付けて、カラーシュガーで表情を描いて、乾いたら棒にリボンを結び付けてできあがり。

チョコでコーティングすれば、バレンタインデーにもぴったり

たかがマシュマロひとつでも、デコレーションすればこんなにおしゃれなものになる。チョコレートでコーティングして、上に色々なトッピングをすれば、高級なイメージのチョコレートにリメイクできた。

恋人のように寄り添うマシュマロ

一つは男性を連想させる水色、もう1つは女性を連想させるピンクを纏っている。食べられる印刷で表情を描いて、もっとかわいくした。


よかったら「いいね!」もよろしく♪