手作りしおりがかわいい!カラフルな柄やキャラクターものまで

手作りしおりがかわいい!カラフルな柄やキャラクターものまで

小説などの本を読む時に、「しおり」という物を挟んでおくとどれくらい進んだかわかるようになる。特に手作りのしおりは、読書を愛する人にふさわしい逸品である。そして読書への意欲も上がること間違いなし。

読書が一層と楽しくなりそうな、素敵な手作りのしおり!

出典:weheartit.com

アイスクリームの棒を加工して

アイスクリームに使われている木の棒を加工して、表面に模様を描いて上に蝶の形に切ったフェルトを貼りつけると、とてもユニークなしおりができた。これは紙のしおりよりしっかりしていそうだ。

タッセルを用いて

束ねた糸の結び目、タッセルはしおりに結びつけるとよりよいものになる。ちなみに使うタッセルは、大きいものでも小さいものでも構わない。これだけ大きければすぐに気づけるだろう。

端っこを斜めに切る

今度は厚紙を加工して、リボンのような形に整えて上にリボンを付けてしおりにした。そして厚紙には、マスキングテープや絵の具などで色んな模様を付けておくとよい。

糸を織って作る

白い色をいくつも集めて、丹念に織るだけでも立派なしおりは作れる。ちなみに上に着けるひもが長いなら、織っている部分は短くても構わない。これはいかにも手作り感があふれている作品だ。

出典:weheartit.com

ゼムクリップにマスキングテープを張る

事務仕事で使うゼムクリップも、形状を生かせば立派なしおりになる。上の部分に半分に折ったマスキングテープを貼りつけるだけで、こんなに素晴らしいしおりができあがる。

糸でつながっている手袋

今度は、厚紙で作った手袋をタコ糸で繋いだものをしおりとしている。こうやって繋いでおけば、小さな厚紙手袋を紛失する恐れもなくなる。

ミニオンズのキャラクターをあしらう

世界中で愛されているキャラクター・ミニオンズは、形状が四角いので手作りのしおりに取り入れてみるとよい。これは子どもにも喜ばれそうなキャラクターなので、子供用図鑑に挟んでも悪くない。

絵の具を滲ませるように塗る

しおりにする紙に、滲ませるような絵の具を塗って背景を作る。完全に乾いたらスタンプやマジックなどでメッセージを書いていく。するといかにも手作り感があふれているしおりができあがった。

帯状に切った布切れを加工

リボンのような幅に切った布切れにレース生地を合わせて、チョーカーなどで使う金具で留めた。これだけでも重宝したくなるような立派なしおりができあがる。

ページの片隅に付けて使う

今度は薄い紙を折って、本のページの右端、左端に着けるしおりを作った。手芸や絵を描くのが苦手だという方は、ぜひこの方法を試してみるとよい。これでも立派なしおりになってくれるというのはありがたい。

出典:zakkalife.com

薄いマスキングテープで飾りつけ

先ほど作った紙のしおりは、薄いマスキングテープを貼りつけてデコレーションするとよい。これでより一層おしゃれなものに仕上がった。

目玉が動く、ミニオンズのしおり

先ほど紹介したミニオンズのしおりで、重要なことを伝えておくのを忘れていた。それは目玉が動くということである。ちなみに目玉を貼りつける時は、強力な接着剤を使うことがおすすめである。

複数の色を組み合わせて

1枚の白い帯状の紙に、色んな色とスタンプを押していくことで、素敵なしおりができあがった。あまり絵がうまくないという方は、この方法を試してみるとよい。

鮮やかな水彩画

白い画用紙には、少しぼやけているような水彩画が描かれている。これらは読書好きな方へのプレゼントにぴったりな手作り作品である。そして裏側にアロマオイルを染み込ませると、気分をリフレッシュさせられそうだ。

プラバンからでも作れる

小学生に人気があるクラフト・プラバンだって立派なしおりの材料である。縦長の長方形のように切って、好きな模様を描いてオーブントースターで焼いてできあがり。

布をミシンで縫い合わせて

今度は2枚の布をミシンで縫い合わせて、立派な手作りしおりを作った。ちなみに使う布は個性的な柄を使っているものが適している。

フェルトで作ったフクロウ

マスコットで使うフェルトをちょっと工夫して、フクロウのしおりを作った。フクロウは知恵の神と言われているので、読書のしおりに取り入れても全然悪くない。

かぎ針編みの羽

細い糸をかぎ針編みで丹念に編んで、葉脈が出ている長い葉っぱのようなモチーフを作った。もちろんこれはしおりとしてしっかりと使う。今までは紙や布から作ってきたし織ばかりだったので、これは斬新である。

出典:weheartit.com

クリップの上に顔を付けて

またまた、ゼムクリップを加工して作ったしおり。今度はちょっと工夫を凝らして、人間の顔を貼りつけている。これでより気軽に使えそうなしおりができあがった。

出典:onelmon.com

桜の花が咲き誇る

今度はしおりだけではなく、本を閉じてくれるという役割も取り入れている。そして使う材料は幅があるゴムひもと桜の造花である。もちろん使う造花は桜だけにとどまらず、色んなものを使ってもよい。

牙が付いた怪物

またまた、ページの隅に着けるしおりを作った。そして今度は目と歯を付けて、怪物のようにアレンジした。たまにはこういうユニークなものを取り入れても全然悪くない。

2段重ねのアイスクリーム

コーンに乗って、トッピングが付けられた2段重ねのアイスクリームの形のしおり。もちろん本の間に挟んでもべちゃべちゃにならないので、気兼ねなく使うとよい。

ジブリの人気キャラクター・トトロ

多くの人に愛されているジブリの人気キャラクター・トトロをフェルトで作ってリボンで繋げると、お店で売っていそうな出来栄えのしおりができあがった。もちろんトトロ以外にも自分の好きなキャラクターを作ってもよい。

ひも部分にビーズを通す

しおりの上に着けるひもにさらなる工夫を加えて、自分オリジナルのしおりへリメイクした。ひもにカラフルなビーズを通すだけで、こんなに素敵な作品へと生まれ変わる。

うねうねしているイモムシ

同じ直径の円を、少し曲がるように繋ぎ合わせて、イモムシのようなしおりを作った。こんなにかわいい手作りしおりは、ハンドメイドという方法で生まれるものである。

出典:diycandy.com

くつろぐ子猫

ページの上に腕をかけて、ゆったりとくつろいでいる子猫は1枚の紙からできている。そして腕の部分を引っ掛けられるように、カッターナイフで切れ込みを入れているのが最大の特徴である。


不思議なモチーフを組み合わせて

かぎ針編みで作った民族的なモチーフに糸を括り付けて、手作りの要素を生かした素敵なしおりを作った。これは長編小説の洋書に使っておきたい立派な作品である。


よかったら「いいね!」もよろしく♪