新聞紙・チラシを使った子供が喜びそうな手作りおもちゃ!

新聞紙・チラシを使った子供が喜びそうな手作りおもちゃ!

読み終わった古い新聞紙や、色んな色が使われているチラシは、ちょっとした工夫を加えると、子供が喜びそうなおもちゃや工作に生かすことができる。もちろんこれらの作品は、子供の創造力を鍛えるのにぴったりな方法でもある。

2016.4.25 UPDATE

8

新聞紙やチラシを楽しく活用して、個性的なおもちゃや工作を作ろう!

出典:projectkid.com

立派な帆船

新聞紙で船の土台を作って、竹串に挿した帆と連結したガーランドを付けると、いつまでも飾っておきたい立派な帆船ができあがった。これは男の子の工作にもふさわしい、新聞から作ったとは思えない逸品だ。

空に浮かべて遊ぶタコ

新聞紙を正方形に折りたたんで糸と紙のしっぽを付けて、よい天気の日に浮かべたいタコを作った。たこを揚げるのは難しいことだが、上がった時は素晴らしい達成感を味わえるだろう。

出典:kidschaos.com

鏡の周りをデコレーション

細く切った新聞紙をきつく巻き付けて円形にして、鏡の周りに飾っていくと、よりおしゃれな感じにリメイクできた。ちなみにこのたくさん作った円形は、写真立てや額縁の周りにも飾ってよい。

隠れ家のようなテント

今度は新聞紙を太い棒状になるように丸めて骨組みを作り、上に毛布を被せると素敵なテントができあがった。ここは立派な子供の遊び場になってくれるに違いない。

丹念に編んで、プランターに

裂いた新聞を丁寧に編み込んで、箱のような立体を作った。この中にはいろんなものを入れても構わないが、土を入れて植物を育てるプランターにしても構わない。

出典:kidschaos.com

絵画を作ってもよい

細い棒状にした新聞紙を、さらに円状にして台紙に貼りつけると、素敵な絵画ができあがる。写真はゲレンデを滑る雪だるまだが、他の絵柄でも全然かまわない。こんな素敵な手作りポストカードは、もらって嬉しいものである。

爪楊枝を刺してコマに

1cmくらいの幅のテープ状に切った新聞紙をきつく巻き付けて、真ん中に爪楊枝を刺すと、ひもがなくても回せるコマができあがる。これはおじいちゃんやおばあちゃんと孫が一緒に遊ぶおもちゃだ。

電波塔の模型

太い棒状にまとめた新聞紙を繋ぎ合わせて、電波を送りだす塔を作った。見た目はまるで東京タワーかエッフェル塔のようである。これは実に素晴らしいオブジェである。もちろん工夫すれば東京スカイツリーも作れる。

かわいいコアラ

胴体の部分を新聞紙で覆い尽くして、紙のコアラを作った。新聞紙の質感が灰色のコアラとよく馴染んでいる。そしてこれらは幼稚園か保育園の飾りにピッタリである。

物を運ぶカゴ

生みたての新鮮な卵を友人宅へ届けるなら、新聞紙で作ったカゴに収めて運ぶとよい。これなら安全にしっかりと運べて、届け先に置いたままにもできる。不要になったものを加工して、こんなに素敵なものができあがるなんて優秀である。

密集している花

1枚1枚の花びらを新聞紙で1から手作りして繋ぎ合わせると、くす玉みたいな素敵なアレンジメントができあがった。新聞紙で作っても全然違和感がない。もちろんカラー印刷のチラシで作っても構わない。

おしゃれな帽子

子供の工作にピッタリな、手作り作品。帽子本体だけを作ってもよいが、色んな飾りを貼りつけても全然かまわない。そしてこれは女の子の工作にもふさわしい。

橋を建設

ミニカーなどを通す、高速道路のような橋を作った。これならわざわざお金を出してミニカー用の橋を買う必要がなくなる。そして子供に作らせると子供の想像力を鍛えさせてくれそうだ。

棒にした新聞紙をたくさん繋ぎ合わせて、引き出しの棚に

細い棒にした新聞紙やチラシをたくさん繋ぎ合わせて、物をしまう棚を作った。ここには細々とした子供用のおもちゃなどを入れておくとよい。

不思議な立体のオブジェ

少し太い棒状にした新聞紙を繋げて、正四面体のような立体の骨組みを作った。もちろん正四面体だけにとどまらず、立方体にしても全然かまわない。そして立体を作ることは子供の概念を育むのだ。

外に出る時に履くサンダル

今度は大人でも使える日用品へアレンジした。土台、鼻緒ともに新聞紙やちらしから作っているのだ。なのでちょっと庭に出る時にありがたいサンダルができあがった。これはまさに目から鱗である。

リモコン入れやゴミ箱として使ってもよい

テレビを操作する時に使うリモコンや、ちょっとしたごみを入れるのに役立っている。もちろんゴミ箱として使うなら、この容器も一緒に捨てて構わない。

出典:www.fabdiy.com

立派な鍋敷き

きつく巻いた同心円状のチラシを正方形になるように敷き詰めて繋ぎ合わせると、厚い鍋ややかんを乗せるのにピッタリな鍋敷きができあがった。写真は正方形だが、他の形にしても構わない。

出典:www.hometalk.com

お菓子などを入れられる、フタつきの容器

大きな直系を持つ円を2つ作って、1つは物を入れる器、もう1つはフタとして加工する。すると、お菓子や飴玉、チョコレートなどを入れておきたくなるフタつき容器ができあがった。

被って遊べる帽子

1枚の新聞紙から、頭に被って遊べるような帽子を作ることもできる。これも子供が大喜びしてくれそうな楽しいリメイクアイデアと言える。ちなみに5月5日の子供の日は、カブトを作るとよい。

ポストカードに

新聞紙の特徴を生かして切り絵を作り、はがきに貼りつけると、ユニークな動物が描かれた作品ができあがった。これは友達同士でのはがきのやり取りに使ってみるとよい。

手紙を出す時に使う封筒に

手紙を出す時に使う封筒も、古新聞から簡単に作れる。このような面白いアイデアが生かされた封筒は、絶対お店では手に入らない秀逸な逸品だ。ちなみに使う新聞紙は、英字新聞の方が望ましい。

出典:www.popsugar.com

バラの花束

人気のある花、バラは何も真っ赤やピンクの色でなくてはならないという決まりはない。白黒しかない新聞紙で作っても全然悪くない。むしろこの方が立派な飾りになってくれそうだ。もちろんこの花1本1本は、コサージュとしても使える。

出典:www.flickr.com

幅があるブレスレット

きつく巻いた小さな円をたくさん繋ぎ合わせて輪にすると、幅があるブレスレットができあがった。これはまさにアクセサリーショップで売られていそうな出来栄えで、新聞紙から作ったなんてとても思えない。

出典:www.etsy.com

棘が付いた星屑

細い円錐状に整えた新聞紙を1か所に集めて、金平糖のような星屑を作った。見た目はまるで銀河を形成しているようなので、たくさん作って部屋の飾りにしたい。もちろん糸で繋げてガーランドにしても構わない。


よかったら「いいね!」もよろしく♪