余ったマニキュアと針金で作れるかわいいマニキュアフラワー!

余ったマニキュアと針金で作れるかわいいマニキュアフラワー!

花びらの形に曲げたワイヤーに、マニキュアを塗って膜を作って乾かすと「マニキュアフラワー」という素晴らしい作品ができあがる。そしてそれらはアクセサリーを始めとする数々のアレンジに応用できる。身近なものでこんなに素敵なものができるなんて、とても素晴らしい。

2016.5.16 UPDATE

22

色とりどりの色と形、そして様々なアレンジが楽しめるマニキュアフラワー

カラフルな色合いと透明感が素晴らしい

赤、黄緑、白、オレンジ、黄色のマニキュアを使って、季節感あふれる色とりどりの花を作った。そしてこれをひとまとめにすると、色合いと透明感が調和している立派な作品に仕上がる。

飾っておきたい花のオブジェ

至って簡単な作りのマニキュアフラワーを、ミシン糸を絡ませる芯に突き刺して、花のオブジェを作った。これはたくさん作って、あちこちに飾っておきたい。そして茎の部分は黄緑色のモールを使うとよい。

和風らしいアレンジ

今度は梅の花を作って、着物と一緒に合わせる簪へアレンジした。針金部分に茶色いテープを巻いて、枝を作っているというのが特徴である。これはとても和風な感じがする、秀逸な出来栄えである。

ピンクと水色を交互に

ピンクと水色のマニキュアを塗って作った花を交互に絡ませて、1つの立派な作品に仕立て上げた。これはカチューシャやブレスレットなど、ありとあらゆる応用ができそうだ。

秋の紅葉

今度は花ではなく、紅葉の葉っぱを表現した、茶色いワイヤーを曲げて枠を作り、オレンジ色や黄色のマニキュアを塗ってまとめていくと、立派な紅葉の木のオブジェになった。

不透明なマニキュアでも楽しめる

これまでは乾くと透明になるマニキュアを使ってきたが、今度は乾くと不透明になるマニキュアを使っている。不透明なマニキュアは、従来とは異なる上品な印象を出してくれている。

まるでルビーでできた花みたい

見た目はまるでルビーやガラスでできているように見えるが、赤いマニキュアを使っている。特に難しい工程も必要としないので、安上がりだが十分に高貴な芸術作品である。

葉っぱのブレスレット

緑、オレンジ、黄色のマニキュアとワイヤーを使って、連結している葉っぱのモチーフを作って、アジャスターとカニカンを取り付けてブレスレットを作った。これは季節を問わず使えそうである。

色んな色の花が集結

またまた、不透明なマニキュアを使ってたくさんの花を作った。そしてそれを輪になるように繋げて、花の冠を作った。不透明ならではの質感が滲み出ていて、とても素晴らしい。

真ん中にパールビーズをあしらって

透明なマニキュアで作った花びらの真ん中に、パールビーズを置いた。もちろんパールビーズは、取れないように接着剤を使ってくっつけている。やはりちょっとでも新しい要素が加わると、よりよいものになってくる。

アジサイの簪(かんざし)

まずは1つ1つのワイヤーの花びらに、透明な青のマニキュアを塗る。そして乾いたら、白の不透明なマニキュアで中心部を塗装していく。そしてできあがった花びらを簪金具にまとめると、浴衣に似合いそうな作品になった。

ピアスにしてもかわいい

ちょっと工夫を凝らした形にして、フックタイプのピアス金具に取り付けた。フックピアスなら、ゆらゆら揺れる様子を見ることができる。

花瓶に生けるバラ

真っ赤なバラと、たくさんの葉っぱはともにワイヤーとマニキュアでできている。これらは丹精込めて作った立派な作品と言える。そしてお客様を迎える応接室や玄関に飾っておきたい。

出典:www.etsy.com

人形の飾り

ごく普通の人形の飾りにも、マニキュアフラワーは使える。たくさん作って冠のようにして頭に飾ってあげると、人形のかわいさが引き出される。そして人形は大喜びしてくれそうだ。

薄紫色もなかなかおしゃれ

少し薄い色合いの薄紫色も、手作りのマニキュアフラワーにふさわしい。この色で作る花は、スミレやアヤメ、パンジーがふさわしい。やはり薄紫色の小さな花は、心を癒してくれる。

マーガレットと四つ葉のクローバーピアス

白い花びらを持つマーガレットの花と、緑の四つ葉クローバーを作って、フックピアスに応用させた。これは花や植物を愛する人にふさわしいデザインのピアスである。

パンジーとトンボのペンダントヘッド

紫色のパンジーと、キラキラした羽を持つトンボをワイヤーで作った枠の中に絡ませて、立派なペンダントヘッドを作った。これはプレゼントにもふさわしい、手作りとは思えない作品だ。

プラスチック製の透明な花をアレンジ

プラスチック製の無色透明な花に、淡いピンクのマニキュアを塗るだけで、こんなに素敵な花が完成した。真ん中にキラキラ光るラインストーンを乗せると、より立派に仕上がる。

出典:www.craftsy.com

素敵な作品を作り上げる

まさに芸術という言葉が適している、素晴らしい出来栄えの作品。花だけにとどまらず、葉っぱや茎もしっかりと表現していて、形状や色合いもとても鮮やかなのが特徴である。

かわいい指輪にアレンジ

小さな花を作って、指輪の形にまとめる。これは決してお店では手に入らない、ハンドメイドだから成せる指輪と言える。そして花の色は複数あった方がよい。

カチューシャへ応用

これまで作ってきたマニキュアフラワーは、100円ショップでも手に入るシンプルなカチューシャに取り付けると、よりおしゃれなものになる。もちろん花だけではなく葉っぱも一緒に飾るとよい。

コーム状の髪留めにアレンジ

ヘアアレンジに役立つ、コーム型の髪留め金具にたくさんのマニキュアフラワーと葉っぱを飾っていく。これでより素敵なヘアアレンジが楽しめること間違いなし。

上品な印象のペンダントヘッド

開きかけている花びらの中には、パールビーズがぶら下がっている。花びら、パールビーズともに純白な白色なので、とても上品な印象を出している。これはデパートの貴金属売り場で売っても悪くない。

出典:www.etsy.com

コルク栓を土台にして

ワインに使われているコルク栓を土台にして、マニキュアフラワーを支えている。もう捨ててしまうものにちょっと手を加えると、こんなに立派なものへと生まれ変わる。

立派な飾りになってくれる

今度は、ちょっとキノコのような形のコルク栓を土台にして花を飾った。土台の形がちょっと変わると、それなりに素晴らしい出来栄えの作品ができあがる。

2色の花びらを組み合わせて

ピンクと黄色の2種類がある2つの花びらを組み合わせて、立派な1つの花を作った。この花は、指輪やピアス、ヘアピンなどといった、色んなアクセサリーへ応用できる。

花束のペンダント

細い銀色の針金を使って、細かいマニキュアフラワーをまとめると、花束のようなペンダントヘッドになる。これもお店で売っても悪くない出来栄えで、プレゼントにふさわしい。


よかったら「いいね!」もよろしく♪