自分オリジナルの手作りチャーム!おしゃれ・かわいい・個性的

自分オリジナルの手作りチャーム!おしゃれ・かわいい・個性的

付けておくと元気が湧き出ててきたり、思わぬ幸運を運んでくれそうな「チャーム」は、何と自分で工夫を凝らして作ることができるのだ。材料は粘土やビーズを始め、意外なものが挙げられて、でき上がったチャームはアクセサリーなど、色んなものに応用される。

2016.4.5 UPDATE

1

ありとあらゆる応用ができる、自分だけのユニークな手作りチャーム!

出典:www2.fiskars.com

コルク栓を切って

ワインのコルク栓を横に切って、その表面に絵の具を塗って、好きな文字や柄をレタリングする。最後に上に金具を取りつけてできあがり。これはキーホルダーやストラップとして使いたい手作りチャームだ。

粘土で作った羽

粘土で作った2枚の羽を、ペンダントに応用させた。羽だけではなくTピンに通した石やビーズも一緒に着けると、よりアクセサリーらしくなる。

市販のチャームを組み合わせて

セリアという100円ショップや、手芸屋さんなどで手に入る市販のチャームを組み合わせて、立派なキーホルダーを作った。これはハンドメイドならではの特徴が生かされていることが伝わってくる。

出典:blog.darice.com

本のネックレス

分厚いウレタンに布を貼りつけて作った、小さい本を3個くらい重ねてペンダントに応用させた。これは読書が好きな人におすすめなアクセサリーだ。

ブレスレットに応用

これも、市販のチャームをアレンジしたハンドメイド作品だ。宝石のようなチャームと銀色のブレスレットの調和が実に素晴らしい。これはアクセサリーショップで発売しても悪くない。

タッセルを使ったバッグチャーム

布の終わりの部分に付けられる装飾・タッセルを、ハンドメイドのバッグチャームに取り入れた。一緒に飾っているレザー生地のチャームとともに引き立て合っているのがわかる。

ワイングラスマーカーに応用

細かいビーズをテグスに通して編んでチャームを作り、それをグラスマーカー用の金具に取り付けた。これはワイングラスの脚に着けると、どれが誰のグラスなのかわかるようになる。

出典:weheartit.com

小瓶に好きなものを詰めて

100円ショップでも手に入るフタつきの小瓶に、細かいビーズや星の砂などを詰めて、バッグチャームへと応用させた。ちなみにキーホルダー金具とビンを繋いでいるチェーンには、リボンを結んでおくとよい。

出典:thestripe.com

フクロウのチャームを使ったブレスレット

市販のチャームに、アクリル絵の具を塗るだけでも立派なハンドメイドチャームになる。そしてそれらをブレスレットに応用させると、お店で売っていそうな仕上がりになった。

粘土で作った小さなケーキ

100円ショップでも手に入る樹脂粘土を使って、ミニチュアのように小さなケーキを作った。これはスイーツが大好きな女の子に喜ばれそうな作品だ。もちろんケーキだけではなくペロペロキャンディやアイスクリームなどのスイーツを作ってもよい。

出典:www.ehow.com

粘土で作ったドーナツ

今度は、樹脂粘土でデコレーションドーナツを作った。ドーナツの特徴や飾りつけのレイアウトをしっかり把握して作っている。これも甘いものが好きな女の子に喜ばれそうな逸品だ。

出典:www.mamamiss.com

ポリマークレイで作ったチャーム

オーブンで加熱することによって固まる粘土「ポリマークレイ」は、手作りチャームにとって重要な材料である。この粘土で色んなデザインのチャームを作り、上に金具を付けて一本のチェーンにつなげると、素敵なバッグチャームができた。

表面にレジンを塗って

好きな柄を貼った台座に、UVレジンをぷっくりするように塗りつける。たったこれだけでペンダントにしても悪くないチャームができあがった。

ポリマークレイのチャームを使ったブレスレット

これまで作ってきた、ポリマークレイの色々なチャームを1本のブレスレットに取り付けた。これは非常に若者向けのデザインである。

出典:studiodiy.com

円錐のパーツを応用

円錐の形をした金色のパーツと、ビーズとピアス金具を組み合わせて、とてもおしゃれなフックピアスを作った。このさりげなさがとても素晴らしくて、おしゃれである。

自分の好きなものを詰め込んで、ペンダントに

周りをラインストーンで飾った輪の中に、自分の好きなチャームを詰めてレジンを流して硬化させる。すると、男性でも使えそうなカッコイイペンダントヘッドができあがった。

小鳥を彫った銀のチャームのピアス

小鳥の絵が彫られた銀色のチャームと、地球のようなビーズを組み合わせて、おしゃれなピアスを作った。銀色と青色のコラボレーションが実によい。ちなみにチャーム部分は、手間暇かかるが銀粘土をこねて作ってもよい。

出典:www.ehow.com

レザー生地からでも作れる

チャームは、レザー生地を加工しても作れる。写真は葉っぱや羽のような形に切って、キーホルダーやネックレスに応用させているのがよくわかる。もちろん男性でも十分に使える。

出典:www.etsy.com

パステルカラーの紙粘土で作った宇宙人

軽い触感の紙粘土にパステルカラーの絵の具を混ぜてこねて、かわいい宇宙人のマスコットを作った。こんなに色があると、全部そろえたくなってしまいそうだ。

出典:www.etsy.com

お祭りの金魚

小さなビニール袋にきんぎょのミニチュアを置いて、UVレジンを気泡ができないように注ぐ。そして硬化させると、なかなかユニークなデザインのオリジナルチャームが完成した。

プーさんとピグレット

多くの人に愛されているディズニーキャラクター・クマのプーさんとその親友ピグレットのチャームを、粘土で作った。コロンとした質感がとてもかわいいので、ディスニーリゾートで販売しても悪くない作品だ。

ネクタイのペンダント

男性が付けるネクタイは、女性が付けるアクセサリーに応用させてもよい。ちなみにそのネクタイは樹脂粘土で作っている。もちろん男性が付けても悪くないアクセサリーだ。

プラバンからでも作れる

小学生がチャームを作るなら、プラバンで作ってみてはいかがだろうか。プラバンに好きな絵を描いて、オーブントースターで焼いて縮めると、自分オリジナルのチャームができあがる。もちろんできあがったチャームはブレスレットに応用させてもよい。

本物のコーヒー豆を使っている

挽く前の1粒のコーヒー豆に金具を取りつけて、銀色のスプレーで塗装して、ペンダントヘッドを作った。これはコーヒーが好きな方におすすめな、ハンドメイドアクセサリーだ。

ポリマークレイで作った、かわいい野菜

ポリマークレイをこねて作った、とてもかわいい野菜。色んな種類があって、かわいい表情が付いているのが最大の特徴である。これらは小学生の女の子に人気がありそうだ。


よかったら「いいね!」もよろしく♪