富山のお土産・名産品のまとめ!ホタルイカ・銘菓・鱒ずしetc

富山のお土産・名産品のまとめ!ホタルイカ・銘菓・鱒ずしetc

北陸新幹線が開通して、富山県にも多くの観光客が訪れるようになった。富山県のお土産と言えば、大抵の人は思い浮かばないかもしれないが、実はものすごくよいものが集まっているのだ。これから富山に旅行に行く人には、ぜひ見てもらいたい。

2018.2.9 UPDATE

1

旅行に来たら押さえたい富山自慢の優秀なお土産!ホタルイカ・銘菓・鱒ずしetc

甘金丹(かんこんたん)

富山に来たら買っておくべきお土産と言えば、この甘金丹である。富山の水で蒸し上げたふわふわのスポンジの中には、優しい味わいのカスタードクリームが詰まっている。なので、是非買っておくとよい。

まいどはや

富山の言葉で「お元気ですか」と言う意味の名前を持つ、素朴なお菓子。鶏卵と砂糖と柚子を使って、優しい味わいに仕立て上げている。ちなみにこれは、注文を受けて作っている。

三角どらやき

大抵のどら焼きは円形が多いが、これは名前の通り三角形になっている。例え形が変わっていても、美味しいどら焼きだということに変わりはない。もちろんお茶請けにもちょうどよい。

乳菓-MARU-

旅館の部屋に置いても悪くない、生クリームをたっぷり使った優しい味わいのお饅頭。もちろん、洋風の味わいがしてくることは確かである。

高岡ラムネ

一見、落雁という砂糖菓子に見えるが、きちんとした製法と富山産の米粉で作った、貫録があるラムネだ。もちろん贈答用のお菓子として使っても全然悪くない。

なんと!ん米ロール

富山県南砺市のコシヒカリを砕いた米粉を材料にした、純白のロールケーキ。そして中には豆乳クリームが巻かれているので、小麦粉・乳アレルギーがある人でも食べられる。スポンジ生地は、もちもちした食感がしている。

クラシックチーズケーキ

チーズケーキ部分には、富山産の小麦粉を使っていて、タルト部分には富山産の塩を隠し味として使っている。これによって優しい味わいのチーズケーキガできあがっているのだ。

最中の皮屋のもなか

通常のモナカは川の中にあんこが入っていることが多いが、これは皮を小豆に直接つけて食べるという、全く変わった方式のモナカである。もちろん皮は、小豆を付けずに食べても美味しい。

T五 (ティーゴ)

5つの色と味わいを持つ、薄い干菓子。口に入れるとすーっと溶けてしまいそうな味わいがするのが特徴である。そして色合いが優しいパステルカラーだというのがとても素晴らしい。

銘菓 月世界

固いお菓子だが、口に入れるとゆっくりと溶けていくという感じになっている。もちろん使われている材料は、卵と上質の砂糖だけである。苦いコーヒーともよく調和すること間違いなし。

しろえび紀行

富山湾で採れたしろえびを贅沢に使って作ったお煎餅。もちろん生地には富山米が使われている。そして味は全体を引き立てるように、塩味が使われている。これはなかなか素晴らしいお土産だ。

薄氷

高級和三盆糖から作った、すっと溶けるような食感のお菓子。形がちょっと不揃いのところがご愛敬で、色はまるでしんしんと降り積もった雪のようである。

黄金マドレーヌ

見た目からして輝いているような、よい味わいのマドレーヌ。材料にはアーモンドプードルが使われていて、スチームで優しく焼き上げているので、こんなに素晴らしい仕上がりになっている。

杢目羊羹(もくめようかん)

断面が、まるで木の年輪みたいになっている羊羹。白いんげんと小豆を使ってこの模様を作りだし、あまり甘すぎない優しい味わいがあるというのが特徴である。

イチジクとゴマのサブレ

有機栽培したゴマをふんだんに使った生地に、いちじくと塩を加えてさらに味わい深くしている。これはもらうと嬉しい気持ちになれそうなサブレである。

あんぽ柿

大抵の干し柿は、外も中も乾いていることが多いが、これは中が干す前の柿みたいにトロトロしているのが特徴である。こんな加工した柿は、近所のスーパーではなかなか手に入らない。

出典:www.yukikura.com

本醸造 魚沼玉風味

富山に来たら、やはり地酒も押さえておきたい。これは1637年から受け継がれてきた、伝統ある富山自慢の日本酒である。風味、風格、味わい、どれを取っても文句なし。

ホタルイカの活漬けとスミ作り

富山の近海で取れるホタルイカを、生きたまま調味液に漬け込む。すると全体に味が染みわたり、ご飯やお酒のおともにふさわしい珍味になる。もちろんイカの新鮮な風味も味わえる。

氷見うどん

多くの県民が買い求めている、富山を代表する乾麺のうどん。手延べで丹念に作っているので、ゆでるともちもちした食感と強い腰が出てくる。もちろん温かくしても冷やしても美味しい。

大吟醸 幻の瀧

こちらは、切れのある味わいとフルーティーな香りがする日本酒である。食前酒として使ってもよいし、カクテルの隠し味にもなりそうだ。

細工かまぼこ

おめでたい時の贈り物に使うと喜ばれそうな、豪華なかまぼこ。これらは職人が心を込めて作っているのである。特に鯛は、こまごまとした様子をしっかりと表現している。

富山ブラック黒醤油ラーメン

富山県が誇るご当地ラーメンと言えば、この富山ブラックなのである。醤油と胡椒を使って味付けした黒いスープに、縮れた麺を入れて食べると、もう最高だ。そしてこれはこの味を楽しめるセットである。

太巻かまぼこ

2色の魚のすり身を重ね合わせてきつく巻いて、立派な太巻きかまぼこを作った。これはお酒のおつまみにとてもふさわしい。もちろんこの他にも、昆布を巻いた巻きかまぼこがある。

出典:toyamasu.com

鱒寿司

新鮮なマスをさばいて、すし飯の上に乗せて笹の葉で包む。するとまろやかでこくがある寿司ができあがった。もちろんこれは富山を通る特急や新幹線の駅弁として販売されている。

黒部名水ポーク 豚みそ

温かいご飯の上に乗せて食べるともう至福のひと時になる、富山自慢の食品。豚挽き肉と味噌の調和が、ご飯が進む秘訣になっている。

出典:nmaicha.jp

ほたるいか素干

これも、富山で採れたホタルイカを加工した珍味。そのまま食べても美味しいが、ワタの部分をライターで炙って食べると、もっと美味しい。そして噛めば噛むほど味が出てくる。

鮨蒲(すしかま)

アナゴ、ブリ、サケ、サヨリなどを贅沢に使った押し寿司。真空パックに入っていると、少し日持ちがするので、お土産として使える。もちろんこれらは日本酒とも相性抜群である。

出典:nowamart.com

黒部名水ポークカレー

その名の通り黒部の名水を使っている、缶詰に入ったレトルトカレーである。ちょっと懐かしい味わいとピリッとした食感が出ているのが特徴である。これはカレー好きなら唸りそうだ。

出典:shizenjin.net

イカの黒づくり

これは富山県が誇る郷土料理で、ご飯のお供や酒の肴にピッタリな逸品。イカの塩辛に真黒なイカ墨を混ぜたもので、独特の味わいがある。最初は富山県民だけしか知られていなかったが、口コミでどんどん広まっていった。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪