宮崎で食べたいグルメなお土産まとめ!完熟マンゴーや宮崎牛など

宮崎で食べたいグルメなお土産まとめ!完熟マンゴーや宮崎牛など

九州地方の南部に位置する「宮崎県」は、太陽の恵みをいっぱい浴びて育ったマンゴーなどの果物を始め、多くの人に愛されるB級グルメや美味しいお菓子などのお土産が充実している。これらを知った時、あなたは早速宮崎へ旅行したくなるに違いない。

2018.2.9 UPDATE

2

太陽のような宮崎特産のマンゴーと、それを使ったお菓子は外せない!

完熟マンゴー・太陽のタマゴ

全国で有名になった、宮崎自慢の特産品。真っ赤な皮をむくと情熱的なオレンジの果実が現れる。まさに、太陽の光を浴びて育ったということが伺える。もちろん宮崎には、このマンゴーを使った商品が数多くある。

出典:www.s-and-r.jp

宮崎マンゴージュレ

先ほど紹介した宮崎マンゴー・太陽のタマゴを使ったゼリー。プルプルした食感にはマンゴーの深い味わいがぎっしりと詰まっていて、食べると元気が出てきそうである。そしてこれは夏の熱い時期に冷やして食べると美味しい。

出典:www.s-and-r.jp

宮崎マンゴーラングドシャ

こちらも、宮崎マンゴーを使ったお菓子。薄いクッキーの間には、マンゴーを練り込んだホワイトチョコレートが挟まっている。そして1個1個袋に包まっているので、みんなに分配することもできる。

マンゴーくりーむロール

サクッとした生地の中には、マンゴーを贅沢に使ったクリームが入っている。これは空港や駅でも売られている、宮崎を代表するお菓子の1つとしてあるのだ。たくさん入っているので、多くの人に配ることができる。

出典:pengy.jp

マンゴーブラウニー

少しほろ苦いブラウニーに、マンゴーの風味を加えた。この2つの味わいが調和しているので、人気があるお土産になっている。普通のブラウニーに飽きたら、ぜひ試してみるとよい。

他の地域では味わえないような宮崎自慢のスイーツ、お菓子は外せない!

出典:www.facebook.com

なんじゃこら大福

宮崎県で最も人気がある、ボリューム満点の大福餅。もちもちした食感の餅生地の中には、小豆あんだけではなく、栗の甘露煮、イチゴ、クリームチーズが入っているので、多くの人を惹きつけている。

青島ういろう

素朴な味わいに仕立て上げた、心が和みそうなゆべし。白い砂糖と黒糖、両方の味を楽しめるようになっていて、お土産としても選ばれている。

出典:www.con-quest.tv

ひのかげ ゆずっこ

太陽の光を浴びて育った柚子の皮を細く切って、砂糖で煮て板状にまとめて乾燥させたお菓子。この薄さが美味しさを引き立てていて、一度食べるともう1つ食べたくなってしまいそうな、さわやかな味わいである。

出典:www.con-quest.tv

フロマルージュ

南フランスの洋菓子店と協力して、開発したチーズケーキ。宮崎産のマンゴージャムをチーズケーキ部分と土台のビスケット部分に塗っているのが最大の特徴である。口に入れると、3つの味の調和が広がる。

出典:fugetudo.com

元祖・チーズ饅頭

これも、宮崎を代表する優秀なお土産である。中身は餡ではなくなめらかなクリームチーズが入っている。そして外側の生地は中のクリームチーズとよく調和するという特徴がある。

出典:tabelog.com

茶葉ロア

一見ごく普通の抹茶ババロアに見えるが、香り高い煎茶を使っているババロアなのだ。濃厚な緑色と風味が、このスイーツの特色である。

おいもクッキー

一見輪切りにしたさつまいものように見えるが、れっきとしたクッキーなのだ。もちろん生地にはサツマイモをしっかりと使っているので、素朴な味わいがしてくる。そして紅茶にも合いそう。

みやざきぷりん一家

子供から大人まで楽しめそうな、優しい味わいのプリン。写真は生クリームをたっぷり使っている、卵風味のプリンだが、他にも色んな種類があって、多くの人が買い求める。

日向夏ゴーフレット

パリパリとした薄い生地には、宮崎名物の柑橘類・日向夏を使ったクリームが挟まれている。一口かじると、生地のパリパリ感とクリームの甘酸っぱさが調和して、素晴らしい味わいを作りだしている。

日向夏ようかん“黄娘”

先ほど紹介した日向夏を丸ごと使った、とても珍しい宮崎ならではの羊羹。皮のほろ苦さと果汁の甘酸っぱさが滲み出ていて、とても素晴らしい味わいを出している。そして夏の熱い時期に冷やして食べたい。

都城のなごみ

ザクザク・ホロホロした食感のクッキーには、和三盆糖による優しい味わいがある。これは子どもから大人、そしてお年寄りに親しまれそうなクッキーである。そして栄えある全国菓子博覧会農林水産大臣賞も頂いた。

ぽてっち~

宮崎空港のお土産でも常に人気があって、サツマイモとクリームチーズの風味がマッチして、一度食べるともう一度食べたくなってしまう味わいのお菓子。ちなみに使っているサツマイモは宮崎の大地で育まれたものだ。

出典:tabelog.com

からいも団子

味のくらやという和菓子屋さんが開発した、素朴だけど人の心に十分染み渡るお菓子。つきたてのお餅に蒸したサツマイモを練りこんで、中に粒あんを包んで周りにきな粉をまぶして作る。

地元県民に愛され、お土産として親しまれているB級グルメ・調味料・加工食品!

肉巻きおにぎり

宮崎県を始め、全国でも親しまれているB級グルメ・肉巻きおにぎりは、1個食べると元気が湧き出てきそうな味わいと、ボリュームがあるのが特徴である。もちろんこれもお土産用にあるので、是非買っておきたい。

出典:eshop.tomura.com

戸村の焼肉のタレ

庭でやる焼肉やバーベキューを始め、野菜炒めなどにも使える宮崎自慢の調味料。そしてこれは宮崎県民に親しまれ、県内での売り上げナンバーワンに匹敵するくらいの実績を持っている。1本1本手作りで大量生産はできないが、是非買っておきたい。

七輪手焼き 鶏の炭火焼

宮崎産の地鶏を食べやすい大きさに切って、ガスではなく炭火でじっくりと焼き上げる。すると、ビールや酎ハイのおつまみにふさわしいものができあがった。一口噛むと深い味わいがじわっとしてくる。

出典:obiten.co.jp

おび天

魚のすり身と豆腐を混ぜ合わせて、油で揚げたお惣菜。タンパク質も豊富で普段のおかずだけではなく、お酒のおつまみとしても使える。写真はあくまで一例で、丸い球のような形にしたものもある。

鶏のささみくんせい

これも、お酒のおつまみにぴったりな宮崎自慢の特産品。淡白な味わいのささみに塩だけをすり込んで、燻製すると外は香ばしくて中はしっとりしている加工食品になった。もちろん脂肪分もゼロである。

出典:www.facebook.com

餃子の馬渡

ビールやご飯と一緒にいただきたい、宮崎自慢の焼き餃子。居酒屋やレストランで提供されていることも多いが、お土産用に冷凍・冷蔵になっていることもある。なので、旅の思い出に買って行くとよい。

冷や汁

これも、地元で愛されるB級グルメ。アジの干物を焼いてほぐして、味噌とすりごまを使った汁の中に入れて、冷蔵庫で冷やす。そして温かいご飯の上にかけると、夏の熱さを吹き飛ばすような味わいが生まれる。もちろんこれはお土産用にもなっている。

日向夏ドレッシング

日向夏はお菓子だけにとどまらず、サラダで使うドレッシングの材料としても使われている。日向夏の甘酸っぱさが新鮮な野菜に絡むと、素晴らしい味わいになって、食卓を盛り上げてくれる。

出典:gobochi.co.jp

ゴボチ

一度食べると止まらなくなってしまいそうな、香ばしいゴボウのスナック菓子。食物繊維が豊富なゴボウを使っていて、味付けは特製のダシ醤油なので、子供から大人まで親しまれそうだ。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪