イギリスのお土産!ロンドン・UK観光で買いたい名物

イギリスのお土産!ロンドン・UK観光で買いたい名物

ビックベンという時計台や、おしゃれな観光バスなどで有名な国・イギリスには、毎年多くの観光客が訪れて、英語の留学先としても選ばれている。そして日本に帰国する時に買っておきたいお土産は、一体どんなものがあるのか見てみよう。

国の特色が十分に行かされている、イギリスの素晴らしいお土産!

全粒粉の小麦粉を使っていることで有名なMcVitie’sのビスケット

色んな種類がある、子供から大人まで幅広く愛されているイギリス自慢のビスケット。紅茶と一緒に食べると、格別な味である。そしてスーパーマーケットに立ち寄ったら買ってみるとよい。

出勤やお出かけの時に気兼ねなく使えるPRIMARKのトートバッグ

イギリスを代表するブランド・PRIMARKの自慢商品。デザインもなかなか優秀で作りもしっかりとしているのが特徴である。そして、お出かけに積極的に使いたい。

日本人の口にはちょっと合わないかもしれないペースト・マーマイト

パンに塗って使う、イギリス独特のスプレッド。もちろん風味も独特なので、これを好きな人と嫌いな人に分かれる。でも立派なイギリスのお土産になりそうだ。

ロンドンで誕生した有名なドラッグストア・Superdrug のコスメ

多くの女性が喜びそうな、イギリス独自のコスメ。ファンデーション、マスカラ、チーク、アイライナー、アイシャドー、口紅・・・どれを取っても優秀なものばかりだ。

20個に分割されている果実の姿をしたテリーズチョコレートオレンジミルク

見た目、そして中身がまるで本物のオレンジのような形をしているチョコレート。優しい味わいのミルクチョコレートには、オレンジの味が少し入っている。この組み合わせは実に素晴らしいものだ。

出典:manykitchens.com

この甘酸っぱさがたまらないレモンカードはお菓子作りに応用してもよい

トーストに塗ったり、ヨーグルトにかけたりするのにピッタリな、レモンカード(レモンのクリーム)。もちろんレモンパイにもちゃんと使える。日本ではこれはあまり馴染みがないかもしれないが、イギリスでは有名である。

ビスケットの上にマシュマロを乗せてチョコレートでコーティングしたTunnockのティー・ケーキ

下はしっとりとしたショートブレッド、中はふんわりとしたマシュマロが入っていて、外側はチョコレートで覆われている。一口食べると優しい甘さが口の中に広がってくる。

出典:blog.travefy.com

大英博物館を訪れた後に立ち寄りたいお店で売られているミュージアムグッズ

イギリスの観光名所の1つである、大英博物館に設置されている売店で売られている、数々のグッズも、立派なイギリス土産となる。歴史などが好きな人は是非立ち寄って、買っておくとよい。

手作業で丹精込めて仕立て上げているMaldonの塩は料理に使われる

一見削られた氷のように見えるが、れっきとした塩なのだ。料理に入れると味が引き立つので、買って行く人が多い。そしてこの塩はまるで結晶みたいだ。

世界5大ウイスキーの一つとして知られているスコッチウイスキー

イギリスを始め、スコットランドなどの北欧で親しまれているスコッチウイスキーは、多くの外国からの観光客が買い求めていくウイスキーだ。もちろん種類だって豊富にある。

寒い時期に唇を乾燥や荒れから守るニベアのリップ缶は重宝される

冬の寒い時期は、唇が乾燥しやすい。なのでこのようなリップクリームがあると非常にありがたい。ニベアのリップクリームは日本でもなじみがあるが、写真のような香りが付いているものは、イギリスでしか手に入らない。

イギリスにも馴染みがあるスコットランドの伝統菓子・ショートブレッド

ちょっとお腹が空いたときに食べたい、イギリス自慢のお菓子・ショートブレッド。クッキーとは異なる食感があって、紅茶とも相性抜群である。

出典:tregothnan.co.uk

イギリス国民たちの習慣に根付いている紅茶はたくさんの種類がある

先ほど紹介したショートブレッドやスコーン、そしてティー・ケーキなどを食べるには、この紅茶があるとより美味しく感じる。そしてイギリスの風習でもあるアフタヌーンティーの主役である。

晩酌や料理に使えそうな缶に入ったワインは丁度よい量に納まっている

日本ではあまり見かけない、缶に入ったワイン。缶はビンと比べて割れにくいので、気軽にお持ち帰りができる。そして肝心の味は、赤、白、ロゼ、そしてスパークリングワインがある。

日本のものとは異なるイギリスのビールはとにかく多くの人に愛される

こちらは、イギリスのレストランや酒場で出されている地元ビール。もちろん味わいもとても素晴らしくて、ジャガイモ料理やイギリスの代表料理・フィッシュアンドチップスとも相性抜群である。

子供から大人まで幅広く愛されている美味しいチョコレート菓子あれこれ

スーパーマーケットで売られている、大衆向けの細々としたチョコレート菓子。これだけ種類があるなら、全部買って行くとよい。そして帰国した時に、子どもへのプレゼントにもぴったりである。

出典:www.21food.com

チョコレートの風味とサクサクしたウエハース生地が調和したチョコウエハース

こちらは、サクサクしたウエハースをチョコレートで包んだものである。一度食べると、そのサクサクとした食感に病みつきになってしまいそうだ。そして冷たいアイスクリームにも添えたい。

出典:www.ebay.com

手頃な値段で買えるのが嬉しいイギリス国旗をまとったボールペン

イギリスの国旗・ユニオンジャックをまとった、イギリスらしいボールペン。これは雑貨屋さんで簡単に手に入るので、学生同士へのお土産にもふさわしい。

出典:jp.pinterest.com

街を守る衛兵の格好をしたクマのぬいぐるみはなかなかかわいらしい

イギリスを守る昔ながらの衛兵の衣装を着せた、かわいいクマのぬいぐるみ。表情が非常に愛らしいので、思わず抱きしめたくなってしまう。直立もするので、部屋に飾っておきたい。

紅茶と一緒に頂くともう最高なスコーンはイギリスの名物と言える

アフタヌーンティーで、紅茶と共にいただきたいお菓子と言えば、このスコーンである。独特の触感が紅茶とよく馴染んで、美味しい味わいを出している。ちなみにスコーンは、オーブンで少し焼いて、ジャムやクリームを塗って食べても美味しい。

ウイスキーがたっぷり注がれた部分がユニークなゴルフボールデキャンタ

とても珍しい形状のビンに入ったウイスキー。ゴルフボールの形なんてなかなか見かけない。そして何より、飲み終わっても花びんとして使えそうだ。そしてプレゼントにもぴったりである。

出典:www.31dover.com

しっかりしたフルーティーな味わいがあるスコッチウイスキー・ダルモア

ビンに付いたトナカイの飾りが印象的な、イギリスを代表するお酒。たとえお酒を飲み終わっても、ビンだけは取っておきたいという人が出るに違いない。

こちらもアフタヌーンティーで一緒に食べたいチョコチップクッキー

お皿に広げてみんなで食べたい、チョコレートチップが入ったクッキー。これは子供から大人まで幅広く愛されている、イギリス自慢のクッキーだ。もちろんスーパーマーケットでも手に入る。

長い間伝統の製造方法を守り続けているスコティッシュフルーツジャム

朝のパンに塗ったり、ヨーグルトにかけて食べたいイギリス自慢のジャム。イチゴ、ブルーベリー、マーマレードを始め、色んな種類がある。もちろん日本へのお土産にもふさわしい。

出典:www.polyvore.com

高級感あふれる絵柄が刻み込まれている食器各種はアフタヌーンティーに最適

ヨーロッパの貴族も使っていそうな、高貴なデザインの食器は、イギリスで幅広く売られている。特に縁が金色だと、より高級な印象が出てくる。もちろんアフタヌーンティーにも使えそうだ。

出典:www.walmart.com

肉料理などの西洋料理の味付けに使われるすりおろしたホースラディッシュ

主にローストビーフに添えて食べることが多い、イギリス自慢のすりおろした香辛料。ちなみにホースラディッシュとは、日本でいうセイヨウワサビ、ワサビダイコンのことである。

ビスケットのような見た目を持つジャッファケーキも紅茶とよく合う

下はしっとりとしたスポンジ生地で、上にはチョコレートがかかっている。そして間にはオレンジマーマレードが挟まっている。なので一つ食べるともう1つ食べたくなるような味わいである。

出典:oxofoods.com.au

シチューやカレーなどを美味しくできるコンソメの素・OXO(オクソ)

イギリスの家庭で当たり前に使われている、固形コンソメスープ。これ1つあれば、わざわざ牛すね肉や骨を長い時間煮込まなくても、美味しいスープが作れる。

免疫力を高める栄養分があって添加物を一切使っていないコッツウォルド ハニー

ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素が豊富にあって、余計な添加物が一切加わっていない、自然豊かなイギリスの地方・コッツウォルドで作られたハチミツ。もちろんこれはパンに塗ったり、ヨーグルトにかけると最高。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪