神秘的な青の洞窟を持つイタリアの島・カプリ島の楽しみ方

神秘的な青の洞窟を持つイタリアの島・カプリ島の楽しみ方

イタリアの南部に広がる、ティレニア海には「カプリ島」という島が浮かんでいる。ここは首都であるローマにも劣らないくらいの風光明媚な光景が広がっていることで有名だ。特に肝心の目玉が「青の洞窟」という神秘的な海の洞窟である。

イタリアが所有する自慢の島・カプリ島とは?

カプリ島

イタリア南部の海、ティレニア海に浮かんでいる島。面積は10.36㎢で、人工は約1万2千人である。島自体は小さいけれど、海外からの旅行客がたくさん訪れている。そしてイタリアの歴史にもたくさん登場している。

近い都市は、ソレントとナポリ

地図でカプリ島を見てみると、隣にある離島・イスキア島よりも小さいことがわかる。さらにはイタリアのソレントという都市が一番近くて、ここから最も近いと言われている国際空港があるナポリから行けることもある。

この島の目玉である、「青の洞窟」は絶対に見ておくべき名所! 

出典:blog.weplaya.it

これが神秘への入り口

カプリ島の一番の目玉である「青の洞窟」は、この入り口が目印である。そして、中には静かな青い海が広がっていて、中に入った人を感動に包んでくれる。これから、その中の様子を紹介していく。

向こう側の出口の光が、水面を美しく照らす

中に入ると、透明感あふれる青い海がどこまでも広がっている。これは言葉では表現できないような感動的な光景である。そして向こう側の出口からあふれる光によって、より一層素晴らしい光景になっている。これは絶対に他では見られない。

出典:www.capri.it

カヌーに乗って下ることもある

青の洞窟のツアーは、カヌーに乗って行われることが多い。静かで美しい海をカヌーでゆったりと下って、洞窟に潜っていく。このツアーで海を始め、青く照らされた洞窟の壁、向こう側から差し込む光を存分に満喫することができる。

少し暗くなった様子もオシャレ

入ってくる光の量が少なくなると、海の色は濃くなっていく。これもなかなか神秘的で味わい深い光景である。なのでしっかりと押さえておきたい。そして何より、青の洞窟は色んな表情を見せてくれるということが伺える。

他にも、カプリ島自慢の見逃せない観光名所が続々登場!

マリーナ・グランデ

見てわかる通り、たくさんの船が集まってきている、カプリ島自慢の船着き場。ここにはクルーズで使う大型の船も来るので、ぜひとも押さえておきたい名所である。そしてここに泊まっている船は、これから大きな海へと旅立つ。

カステロ・デル・オーボ

12世紀にノルマン朝で作られた、卵城と呼ばれる岩の要塞。中に入って登ってみると、素晴らしい景色を一望できる。そして13世紀にはアンジュー家の住居として使われていた。海に面してこんな素晴らしいものが建っているなんて、驚きである。

ファラリョーニ​

全部で3つある、カプリ島自慢の大きな岩。3つの岩にはそれぞれ名前が付いていて、カプリ島自慢の観光名所となっている。そして高さは100mを越えていると言われている。ここも絶対に押さえておきたい、立派な場所だ。

緑の洞窟​

カプリ島は、青の洞窟で有名だが、海がエメラルドのような緑色になっている「緑の洞窟」もあるのだ。もちろんここもカヌーや船を使って中に潜っていく。そしてさらに、カプリ島には、白い岩の洞窟を持つ「白の洞窟」や、赤っぽい岩の洞窟を持つ「赤の洞窟」がある。

ウンベルト1世広場

カプリ地区の中心にある、たくさんの人で賑わう賑やかな広場。左手にはバロック形式のサント・ステファノ教会が建っていて、赤い石畳の道や階段、咲き誇る花がたくさんある花壇などが訪れた人を出迎えてくれる。

出典:www.capri.it

アナカプリ​

昔ながらの風情や面影が残っている、カプリ自慢の落ち着いた雰囲気の街。白い建物がずらりと並んでいて、カフェやレストラン、ブティックやお土産屋さん、スーパーマーケットなどがちゃんとそろっている。そして夕暮れになると涼しくなって、過ごしやすくなる。

アウグスト公園​

緑の芝生と、花壇に植えられている色とりどりの花が訪れた人を迎えてくれる市民公園。ここは無料で入れるので、ぜひ立ち寄ってみるとよい。そしてのんびりと時間を過ごすと、忘れられない思い出になるに違いない。

トラガラの見晴台

ここも、素晴らしい眺望を楽しめる絶景スポット。もちろんここに来て写真を撮る人だって多い。海からやってくる心地よい風に当たっていると、気分がスッキリとしてきそうだ。そして近くには、芸術的な石像が立っている。

出典:www.capri.net

モンテ・ソラーロ​

標高約590mの、カプリ島自慢の山。ここは先ほど紹介したアナカプリという場所から近いので、ついでに立ち寄るという人も多い。そして写真は簡単に登れて素晴らしい景色を眺望できる一人用のゴンドラに乗って渡っている。

ヴィア・クルップ

ここも多くの観光客を引きつける、カプリ島自慢の名所。周りを囲んでいる紺碧の海のそばには、世界で一番美しい小道と呼ばれる遊歩道が通っている。その近くにはアウグスト公園という憩いの場も完備している。

ヴィラ・ジョヴィス​

暗くなると中が美しく照らされる、カプリが誇る歴史ある遺跡。ここはかつて、ティベリウス帝の別荘だったので、十分すぎるほどの歴史的な雰囲気が漂っている。そしてここからは、ナポリ湾、イスキア島などを見下ろせることができる。

出典:www.eupolia.com

アルコナチュラーレ

カプリ島自慢の紺碧の海にどーんと構えている、アーチのような形をした大きな岩。これは決して人間の手が加わっていない、自然が生み出した賜物だから是非見ておきたい。

サン・ミケーレ荘

現地ではヴィラ・サンミケーレと呼ばれる、19世紀に大富豪がこの島に建てた別荘。外装、内装は共に素晴らしく、素晴らしい芸術が行き届いている。そしてそこからナポリ湾も眺望できる。

美味しいグルメ・スイーツが揃っている、自慢のレストランも完備!

Da Tonino

代表的なイタリア料理、パスタを専門的に扱っているお店。茹でたパスタに色んな味付けをして、多くの人に好まれるような数々の逸品を作り出している。なのでお昼のランチは是非ともここに立ち寄りたい。

レストラン ピッツェリア マテリータ

みんなで分けて食べるピザも、忘れてはならないイタリアを代表する料理である。そして今回紹介するピッツエリア マテリータと言うお店は、多くの人を満足させる数々のピザを作っていて、丹念に焼き上げている。

バール イル ペスカトーレ

夜になると暖かな光に包まれて、外の風を存分に味わうことができる屋外タイプのレストラン。ここの看板メニューと言えば、シーフードとトマトソースを使ったペスカトーレである。もちろん料理だけではなく、美味しいワインも揃えている。

ロンディネッラ

ここも、多くの人で賑わっている美味しいイタリアンレストラン。写真はトマトソースをかけたもちもちした食感のニョッキだが、海老を殻ごと揚げた料理や、ペスカトーレを応用させたリゾットも美味しい。

Chiosco Tizzano di Natalia e Antonio Tizzano S.N.C

歩いている途中で喉が渇いたら絶対に寄りたい、イタリア産レモンを使ったレモネードを提供するジューススタンド。レモンは爽やかな味わいがするので、渇いた喉を潤してくれて元気にしてくれる。

ブオノコーレ

イタリアを代表するアイスクリーム「ジェラート」をカプリ島で食べたいなら、ぜひここに立ち寄るとよい。店内には色んな種類の滑らかなジェラートが揃っていて、多くの人が立ち寄っている。

Terrazza Brunella

絶壁の岩と海を眺望することができる、白で統一した清楚な感じのイタリアンレストラン。ランチもディナーもやっているので、ちょっと背伸びをしたい時にはここに立ち寄るとよい。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪