アーモンドをダイエットに有効活用させてキレイになれる

アーモンドをダイエットに有効活用させてキレイになれる

え!?アーモンドがダイエットに効果的!?と驚いてしまいますがアーモンドから得られる美容効果がすごいって、知っていますか?一見カロリーが高そうで、ダイエットには不向きでは…と不安になります。しかしアーモンドには女性が嬉しい成分がたっぷり含まれているのです♪

2016.6.24 UPDATE

CATEGORY

1

アーモンドはビタミンEが豊富で綺麗になれるダイエットに最適!

美容効果が高く美肌・アンチエイジング効果が期待できるビタミンEがアーモンドには含まれています。

ビタミンEは強力な抗酸化作用をもち、細胞をサビさせる活性酸素を除去する働きがある栄養素ですが、アーモンドはこのビタミンEの1gあたりの含有量が最も多いと言われています。

抗酸化作用は美容に良いといわれ、アンチエイジングに必ず必要な栄養素。「シミ」「しわ」「肌のたるみ」などに良いとされています。

アーモンドは新陳代謝を促し、血液をサラサラにするリノール酸・オレイン酸を含んでいるため血行を良くする効果があります。
血行が良くなると冷えやむくみが取れるので女性にはとてもうれしいですね♡
さらに肌細胞の新陳代謝もアップして、くすみも解消してピカピカ素肌になることができます。

ビタミンEに含まれるアルギニン酸は女性ホルモンを整える効果があるので生理不順が治ったり、生理痛も和らぐので女性にはとっても嬉しいですね♪

美肌の大敵であるシワ・たるみ・しみなどの肌の老化もAGEsが引き起こすトラブルの一つです。アーモンドには、強い抗酸化力を持つビタミンEも含まれていますから、アンチエイジング効果の高い食材と言えるでしょう。

出典:slism.jp

ビタミンB2で脂肪を燃焼させる

出典:calorie.slism.jp

とっても嬉しいビタミンB2が豊富

アーモンドには脂質を燃焼させることに必要不可欠なビタミンB2が豊富に含まれています。

ビタミンB2は糖質、脂質、タンパク質を体内で分解してエネルギーに変える効果があります。

代謝を保ち、食べたものを効率よくエネルギーに変えることがビタミンB2を得ることによって効果的に行えます。

皮膚や髪の毛、爪を作ってくれるたんぱく質を上手に保ってくれるアーモンドのビタミンB2は人の体を作ることにとっても重要な役割をしてくれます。

ダイエットで肌荒れや見た目が悪くなってしまうこともあるので、美しく痩せたい方にはとても効果的でおすすめです。

アーモンドは高カロリーな食べ物だと思われていますが、実はアーモンドのカロリーは脂肪として身体に付きにくく、豊富に含まれる食物繊維が便秘を解消し、ビタミンB2が身体の脂肪燃焼を助けてくれます。

出典:slism.net

ビタミンB2は、主に皮ふや粘膜の健康維持を助ける働きをするビタミンで、糖質、脂質、たんぱく質を体内でエネルギーにするなどの代謝を支える重要な働きをしています。活発に活動し、エネルギーをたくさん消費する人ほどビタミンB2はたくさん必要になります。

出典:www.glico.co.jp

食事をする時にビタミンB2を一緒に摂ることで太りにくくなるので、食事と一緒にアーモンドを食べて、ビタミンB2を摂ると良いですよね。

出典:yasekore-diet.jp

アーモンドには食物繊維が豊富

アーモンドに含まれている不溶性食物繊維は水に溶けにくい繊維質です。

アーモンドを摂ることによって水を含んで膨らみ、排便作用を促し、腸の中をコーティングしてくれる効果があるのでお腹の中はすっきりします。

食物繊維は肥満予防にとても効果的なので便秘がちの人には嬉しい効果ですね☆

また、ダイエット中は特に食事制限や偏った食事になってしまうため、どうしても便秘がちになってしまいます。

不溶性の食物繊維は、体に入って胃や腸にどり着くと、水分を吸収して何倍にも膨らみます。すると、便の量が多くなるので腸の働きが活発になり、便秘を解消することができるんですね。これは、ダイエットが原因でなった便秘だけじゃなく、慢性的な便秘にも効果的。また、腸が元気になれば消化する力が増して、代謝も上がります。

出典:yasekore-diet.jp

アーモンドをダイエット中に食べる時には水分と一緒によく噛んで食べるとより効果を発揮して、健康的な腸内になります。

食事の前に水分をとりながらよく噛んで食べたり、食事と一緒に取り入れたり、小腹が空いたときにおやつ代わりに食べると満腹感が得られダイエットにとても効果的です☆

アーモンドは、1日20~25粒を目安に、おやつ代わりに取り入れると良いでしょう。腹持ちが良いので、食事の量を減らす効果も期待できます。

出典:slism.jp

しかし食べ過ぎてしまうと脂質が多いので肥満の原因となり、栄養価がとてもたかいのでニキビができてしまうなど逆効果になってしまう場合があるので

1日20~25粒を目安に食べていくことがおすすめです!

アーモンドばかりを食べて痩せるということはないので食事に取り入れたりおやつとして取り入れるなど基本はバランスのいい食生活を心がけましょう。

食べ方は、食事の10分前に水を飲みながらゆっくりアーモンドを食べましょう。食事前に水と一緒に食べることで、満腹中枢が刺激されてお腹が膨れてきます。
すると、その後の食事量を抑えることができますので、これもダイエット効果が期待できますよね。また、小腹がすいたときには、間食としてアーモンドを食べると空腹が紛れますよ。

出典:slism.net

アーモンドを食べるとリバウンドが少ない!

出典:slism.net

豊富な栄養素でリバウンドしない

ダイエットをすると身体が一時的に飢餓状態になります。

食事制限をしてから食事を元に戻し、食べ始めると血糖値が急に上がり体内に多く栄養を取り入れようとしてしまうため、以前よりも太りやすくなってしまいます。

アーモンドの高い栄養価とカロリーはダイエット中には「え!?大丈夫?」と不安になってしまいますが長い目で見ると成功しやすいです。

研究結果によれば、1日の摂取カロリーを男性1500kcal、女性1200kcalに抑えたダイエットを6ヶ月行ったところ、低脂肪の食事を行っていたグループよりも、アーモンドやオリーブオイルなどで不飽和脂肪酸を摂取したグループの方が、効果的な体重減少が見られ、さらにリバウンドもダイエット後12ヶ月見られなかったということです。

出典:slism.jp

脂質が多いと太ってしまうのではないか?と疑ってしまいますが、アーモンドに含まれる脂質は良質でオレイン酸が含まれています。

オレイン酸とは不飽和脂肪酸を代表する脂肪酸のことで、オリーブオイルやひまわり油にも含まれます。

また、胃酸の分泌を調節して胃の健康を維持してくれる優れた高脂質です。

オレイン酸・リノール酸ともに、血液中の悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やす働きがあり、血液をサラサラにする効果があります。そのため、動脈硬化を予防する効果、心疾患などのリスクを低くする効果があります。

出典:slism.jp

善玉コレステロールも増やす効果があり、血液中のいらない物質(悪玉コレステロール)を回収して肝臓へ運び、身体の外に排出してくれるので、体内の悪玉コレステロールを効率よく少なくしてくれるデトックス効果もあるのです。

出典:slism.net

オレイン酸やリノール酸は血管や血液の生活習慣病を防いでくれる効果があります。

食べ方と保存方法

アーモンドは皮付きのものを食べることが効果的です。
アーモンドの皮は特に老化防止に効果が高いため、そのまま食べるようにします。

出典:slism.net

コンビニで買える素焼きのアーモンド

アーモンドそのものを油や塩分を使わずに焼いたものがスーパーやコンビニで手軽に手に入れることができます。

素材のままただ焼いているので余分なカロリーを摂る必要がなく、ダイエットには最適です。

味がついていないのでお菓子や料理に使いやすくおすすめです。

ローストアーモンド

素焼きに塩やバターを使って味付けしたものがローストアーモンドですが、味がついている分とても美味しいのでついつい食べ過ぎてしまうことがあります。

ダイエットには要注意です!!!

しかしずっと味のないアーモンドを食べていると飽きてしまうので時々少しずつ食べる分には影響はありません。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪