世界遺産にも登録されたベトナムの都市・ホイアンのおすすめ観光名所!

世界遺産にも登録されたベトナムの都市・ホイアンのおすすめ観光名所!

東南アジアの国・ベトナムは、世界遺産として登録された街がある。そこは「ホイアン」という懐かしい雰囲気があふれている都市で、ベトナムの古都と言ってもいいくらいの素晴らしさを持っている。ここにいると時間がゆったりと流れていくのを感じて、心から満足できそうだ。

ベトナムの魅力的な街・ホイアンとはどんな所か?

ホイアン

ベトナム中部に位置する、クアンナム省・ダナンの都市。面積は約60k㎡でm、人口はおよそ 121,716人である。ここには古い建物がずらりと並んでいて、訪れた観光客を懐かしい気分にしてくれる。そしてこの年は1999年に世界文化遺産となった。

アンバンビーチ

ホイアンに位置する、ゆったりとくつろげそうなビーチ。ここは広々とした海と砂浜があるので、有意義なバカンスを過ごせるに違いない。もちろんデッキチェアでくつろいでも構わない。

出典:vietbao.vn

クアダイビーチ

ここも、ホイアンの楽園と例えられている現地自慢のビーチ。穏やかな波が打ち寄せてきて、近くには欧米人が好みそうな店がたくさん並んでいて、思いっきりくつろげそうなデッキチェアも完備している。

観光でぜひ見ておきたい、古きよき時代を感じるホイアン自慢の見どころ!

懐かしい雰囲気の街並み

まず、ホイアンを訪れたら、古きよき街並みを散策してみるとよい。今の日本にはない風情や、懐かしい雰囲気を存分に楽しめることができるに違いない。いかにも異国情緒という感じが伝わってくる。

出典:www.tourhe.net

ホイアン市場

正面から見ると屋根が三角形を構成している、黄色い家のような建物が目印となっている。ここには地元らしさがあふれていて、洋服や雑貨、さらには地元で採れた新鮮な食材がずらりと並んでいる。

日本橋

またの名を「来遠橋」とも言う、長い歴史と屋根がある橋。この橋は日本人街と中国人街を結んでいて、中には神聖な祠(ほこら)が付けられている。そして夜になると美しくライトアップされる。

出典:mytour.vn

クアンコン廟

地元の人が参拝に来る、中華様式の廟。ここは交易が衰退した時に建てられた建物である。中には、三国志で有名な関羽が祀られている。そして裏手にはホイアン歴史美術館が設置されている。

ホイアン歴史文化博物館

先ほど紹介したクアンコン廟の裏側にある、ホイアンの歴史を伝える博物館。建物自体は何と寺院を改装して作っている。展示されているものはどれも貴重なものばかりで、日本とのつながりを証明しているものもある。

クアンタンの家

300年以上も前に建てられた、ものすごく古い民家。昔ながらの懐かしい風情があふれていて、中に入ると心が安らぎそうである。そして、今でも人がここに住んでいる。

潮州会館

中国・潮州出身の人が建てた集会所。1776年からの長い歴史があるが、ここには今でも中国系華僑の人が集まってきている。門のデザインは、いかにも中華らしい。

廣肇會館(こうちょうかいかん)

200年以上前に中国人の手によって建てられた、芸術性豊かな集会場。細かい所の装飾や立派な龍の石像が整えられていて、訪れた人を感動させている。

福建会館

ここも、華僑の人たちが集まる集会所。門を潜ると素敵な建物が並んでいて、いかにも多国籍な雰囲気がしているということが伝わってくる。そして中には天后聖母が祀られているので、お参りしておくとよい。

出典:bonatravels.com

海のシルクロード博物館(貿易陶磁博物館)

ホイアンの海から発見された海賊船の中には、たくさんの貴重なお宝が眠っていた。なのでそれらをここの博物館に展示している。そして交易で使われてきた数々の陶磁器も展示されている。

バクダン通り

ホイアン観光で、忘れてはならない幅広い道。昼間は多くの人が散歩などで行き交っていて、夜はたくさんの屋台などがずらりと並ぶようになる。だから是非通ってみてほしい。

出典:www.vamvo.com

馮興家(フーンフンの家)

全体が黒くまとまっている、200年前以上に建てられた民家。ここは土産物屋も兼ねていて、お茶も楽しめるようになっている。そして設置されているベランダに行くと、世界遺産の素晴らしい景色をちょうぼうすることもできる。

出典:smiletravel.vn

タンキーの家

香料の貿易商が暮らしていた、立派な木造の家。見学は1階しかできないが、細かい装飾がたくさんあって、いかにもずっと大切にしておきたいという雰囲気があふれている。

出典:hoianmuseum.com

ホイアン民俗博物館

こちらは、代々受け継がれてきたホイアンの歴史と文化を知ることができる博物館。ホイアンの人たちが来ていた衣服を始め、使っていた農具や船などの道具を展示している。ここに来れば人々の生活を知ることができる。

夜になると、ホイアンの町は暖かな光に包まれる!

出典:annzventures.com

屋台に付けられた、たくさんのランタンが光を灯す

空がすっかり暗くなって夜になると、あちこちにある露店・ナイトマーケットに付けられた提灯が光を灯す。提灯自体には、色んな色が付いているので、より心が和んできそうである。そして旅の思い出にもなってくれそう。

出典:annzventures.com

間近で見ると、より幻想的

先ほど紹介したランタンは、このように間近で見るとより幻想的である。提灯ならではの形状と特徴が、光をより温かくて柔らかいものへと変えている。こんな光景は日本では絶対に見られない。

出典:www.unstick.ca

夜になると、屋台で賑わう

ランタンが吊るされている通り道には、たくさんの屋台が並んでいる。そこには地元で有名なB級グルメを始め、色んな民芸品が売られている。ちなみに屋台は夜になったら開かれる。

灯篭(とうろう)流し

ホイアンを流れているトゥーボン川では、日本と同じような灯篭流しが行われている。開いた花のような囲いにロウソクを建てたものを川に流してみると、暗くて何も見えなかった川が、幻想的な光でライトアップされる。

絶対に食べたい!この土地自慢の美味しい料理!

カオ・ラウ

ホイアンで有名な麺料理と言えば、このカオ・ラウである。うどんのような麺を丼に盛り付けて、焼き豚や揚げ煎餅、ハーブなどをトッピングして特製のタレに絡めて食べる。もちろん値段だってとても安い。

出典:hoiantravel.com

ホワイトローズ

こちらも、ホイアンを代表する有名なB級グルメである。米粉で作った皮にエビのすり身を包んで蒸して作り、添えられているスイートチリソースをつけて食べる。すると、あまりのおいしさについつい進むこと間違いなし。

揚げワンタン

こちらは、お酒のおつまみにふさわしい一品料理。カリッと揚げたワンタンの皮に色んな具をトッピングしていく。するとどんどん食べられそうな料理となった。ちなみに皮自体にも味が付いている。

ココナッツミルクアイス

こってりした味わいの料理を食べたら、デザートにこのアイスクリームを食べてみるとよい。もちろん名前の通りココナッツミルクを使っているので、独特の風味がしてお口をさっぱりとさせてくれる。

出典:thehungryox.com

コム・ガー

タイでは「カオマンガイ」、シンガポールでは「海南ライス」とも呼ばれている、多くの人に愛されている東南アジアのB級グルメ。鶏肉と一緒に炊き上げたご飯に、オリジナルのソースをかけて頂く。一度味わうともう一度食べたくなってしまいそうだ。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪