一度は行ってみたいスイスの荘厳な風景を楽しむ観光旅行

一度は行ってみたいスイスの荘厳な風景を楽しむ観光旅行

雄大なアルプス山脈の山、緑豊かな高原、澄んでいる空気などで有名なスイスは、ぜひ長い人生で訪れてみたい、ヨーロッパの魅力的な小さな国である。見どころは自然のものだけと思われるかもしれないが、ちゃんとした観光名所の建物が揃っているのだ。

心が思いっきり解放されるような光景がある小さな国・スイスとは?

出典:www.fodors.com

正式名称は、スイス連邦

スイスとは、ヨーロッパにある連邦共和制国家のことである。面積は41,290㎢で、人口は約 7,870,000人、首都はベルンで主要都市は、チューリッヒ、バーゼル、ジュネーヴ、ローザンヌなどが挙げられる。

高くそびえるスイスの山々には、素晴らしい絶景が広がっている!

モンブラン

栗を使ったケーキの名前にもなっている、スイス自慢の山と言えば、やはりモンブランが代表となっている。ちなみに名前の由来は、フランス語の「mont-blanc(白い山)」が起源である。

出典:www.zermatt.ch

マッターホルン

イタリア語では「鹿の角」という意味を持ち、ドイツ語では「牧草地と山頂」という意味を持っている、少し反っている山。場所によっては氷河を作り出している部分もある。

出典:www.4000er.de

ユングフラウ

「乙女」「処女」という意味の名前を持つ、アルプス山脈に属している山。この山の麓には鉄道が通っているので、積極的に訪れる観光客が増えている。そして氷の彫刻が飾られていることもある。

出典:travelingboy.com

中央スイスアルプス

ドラゴンの伝説が残っている、空気が美味しいのどかな山。山頂にたどり着くと、これまでの苦労が吹き飛んでしまいそうな絶景が待ち受けている。ちなみに上るのには、山道を通っている鉄道を使ってもよい。

ミシャベル連峰

白い氷雪に覆われている、雄大な雰囲気の山々。この山の麓には山にあった空気と同じ空気を持つ村がある。ちなみにこの村には、空気を汚さないためにガソリン車の進入を禁止している。

エギーユ・デュ・ミディ展望台

先ほど紹介したモンブランと言う山に所属している、よい眺望を楽しめる展望台。ここにはロープウェイが通っているので、それに乗ってより素晴らしい眺望を見ることができる。

大自然の恵みがもたらした名所!これまで味わえなかった感動が待っている!

ツェルマット

マッターホルンの麓にある基礎自治体。かつては何の変哲もない農村だったが、今では山でのスキー旅行に来た人や、旅行に来た人を受け入れる観光地として有名になっている。もちろん冬になると、雪が粉砂糖みたいに降り積もる。

グリンデルワルト

緑の芝生が印象的な、山の麓にある村。この光景はまさに「アルプスの少女ハイジ」に出てきそうな雰囲気である。もちろんここも空気を汚さないために、ガソリンで動く車の侵入はお断りしている。

出典:www.flickr.com

クライネシャイデック

こちらは、ベルン州に位置する峠の街。この街にたどり着くために、たくさんの鉄道が運行されている。いくつもあるこんなにのどかな風景は、スイスだけの特権である。

バッハアルプ湖

山を鏡のように映す役割も持っている、澄んだ水を持つ湖。その美しさはアルプスの真珠とも例えられるくらいだ。湖のほとりにはきれいな花が咲き誇って、いかにも大自然という感じがあふれてくる。

出典:jp.lhw.com

サンモリッツ

こちらは、スイスのグラウビュンデン州にある基礎自治体で、主にドイツ語を話す人が生活している。近くにはサンモリッツ湖があって、夏には近くの山をハイキングしたりする人が多く、冬にはウィンタースポーツ大会が開かれることが多い。

出典:www.geo.de

ルツェルン

昔ながらの風情が残っている、スイス自慢の観光都市。都市と言っても、これまで紹介してきた自然とよく馴染んでいるような感じがする。これはコンクリートでできたビルが作る光景とは大きく違う。

ライン滝

シャフハウゼンという街にある、ヨーロッパの中で最大と言われている滝。毎日勢いがよい水しぶきを上げて水が流れ落ちていて、多くの人がこの迫力に魅了されている。

レマン湖

こちらは、スイスとフランスに跨っている三日月型の湖。湖自体、どこまでも広くて青くて透明という印象があり、中央ヨーロッパの中で2番目に大きいと言われている。そして湖周辺にも見所がたくさんある。

他にも、スイスには押さえておきたい素晴らしい見どころがある!

ベルン

スイスで忘れてはならない都市と言えば、首都であるベルンである。ここもこれまで紹介してきた自然と調和するような風貌である。そして夜になると心が和むような明かりが灯る。大自然もいいけれど、街並みを楽しむという手も悪くない。

ジュネーブ

レマン湖畔の近くに位置する、スイス第2の都市。ここには国際連盟や赤十字委員会が設置されていて、世界の国々がまとまるようなアイデアを日々検討している。そして、たくさんのビルが並んでいる。やはりスイスには、大自然だけではなく大都市もあるということが伺える。

出典:www.chillon.ch

シヨン城

湖と山に馴染むような造りをしている、気高く美しいお城。詩の舞台にも選ばれていて、ドラマや映画などの撮影のロケ地としても使われた。より近くで見ると、歴史を存分に感じそうだ。

ユングフラウ鉄道

スイスのベルナー地区を通っている、登山にも使われている鉄道。昔は山頂へ物を運ぶのに使われていたが、今では観光客に積極的に使われている。ゆっくりと進むれっしょにとって旅をするのも、なかなかよいものである。

ホーフ教会

多くの市民やキリスト教徒が通っている、神聖で敬虔な教会。一度は名家ハプスブルグ家に渡ったが、ルツェルン市が何とか取り戻して、その後は火事に遭ったが何とか再現して、現在に至っている。

サン・ピエール大聖堂

こちらは、ジュネーブ市民に親しまれている大聖堂。元々はカトリックを信仰してきたが、プロテスタントへと変わった。その堂々としている姿には誰もが圧倒される。ちなみに地下は博物館となっている。

氷河博物館

凍てつくような氷河地帯で生活する動物たちや、そこを訪れた探検家たちの展示物が置かれている博物館。中に入ると、その極寒を体験しそうである。そして動物学者も積極的に立ち寄りそうだ。

ライオン記念碑

ルツェルン市にある、代表観光名所の1つ。険しい表面の崖に、よくもまあこんなに精巧で芸術的なライオンが彫られていると思うと、誰もが感動してしまう。ちなみにこれは、ルイ16世を称えるために造られた。

カペル橋

ルツェルン市のロイス川を通っている、スイス国内で最も古い橋。塔と橋の組み合わせは、このルツェルン市の名物である。なので是非とも写真を撮っておきたい。そして橋自体を歩いて渡ってみたい。

ベルン旧市街

スイスの首都・ベルンは実はこんなに風情がある市街地が残っていたのだ。写真のように空が暗くなってくると、心が温まりそうな明かりが街に灯るのだ。この街もぜひスイスを訪れたなら立ち寄ってみたい。そして懐かしい気分を存分に味わってみるとよい。

出典:www.flickr.com

国際宗教改革博物館

スイスの都市の一つ・ジュネーブは宗教改革が起こった町としても知られている。そこにそびえ立っているこの建物は、宗教改革の歴史を伝えるためにある博物館となっていて、毎日多くの人が訪れている。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪