工夫を生かして作る身近な芸術!リサイクルペーパーアート特集!

工夫を生かして作る身近な芸術!リサイクルペーパーアート特集!

古くなっていらなくなった本や雑誌はチリ紙交換に出すだけではなく、工夫を加えると芸術的なものとして生まれ変わることができるのだ。それはまさに斬新さやユニークを取り入れたアート作品と言えるものばかりである。なので今回はそんなリサイクルペーパーアートについて思う存分紹介する。

2018.10.18 UPDATE

0

これらは全て不要な紙でできている!リサイクルペーパーアートの魅力を大紹介!

カラー印刷がされた光沢のあるチラシ広告を細い棒にして放射線状に

表面に光沢がかかったチラシを細い棒状に丸めて、それをたくさん作って穴の開いた円のようにすると、こんなに色鮮やかで芸術的な作品ができあがった。もちろんチラシは色とりどりのものを揃えておきたい。

彩がきれいなチラシにちょっと手を加えてお菓子を入れるのに丁度よい器を作る

こちらも色とりどりのチラシを使った作品、陶芸で作った器のようにも見えて、容積がたくさんあるというのが最大の特徴である。ここにはお土産などでもらったお菓子や、冬に食べたいミカンなどを入れておきたい。

白い背景に文字がびっしりと刻まれた紙をまとめて美しく咲き誇るバラに

文字がかかれた白地のいらない紙で、こんなに素晴らしいバラを作った。紙を丁度よい程度にくるくると巻いて、茎となる棒に括り付けるだけなので簡単である。そしてたくさん作って花瓶に生けて、テーブルの上に置いておきたい。

マスキングテープを貼ったボール紙で作った飾りに使えるかわいい提灯

これは、幼稚園や保育園で行う夏祭りで使えて、子供の工作にもピッタリな作品と言える。外側の柄を色々変えることで、より素敵な飾りになってくれること間違いなし。

柄のある髪で円錐をたくさん作って輪のようにまとめるとリースになる

英字新聞や折り紙などの薄い紙を円錐状に丸めて、円になるようにまとめていくと、リサイクル作品とは思えないくらいに素晴らしいリースができあがった。そしてこれには、厚紙で作った小鳥のシルエットを飾っても悪くない。

またまた細い棒にしたチラシを加工して作り上げた容量が大きいカゴ

これも、細い棒にしたチラシを応用させた作品。棒を大きい直径の輪にして円柱になるようにまとめて、底と取っ手を付けるとこんなに素敵なカゴができあがった。これにはスリッパや毛布、子供のおもちゃなどを入れておいても悪くない。

何本もの細いチラシ棒を縦向きや横向きにして立派な写真立てに仕上げた

これも、細く丸めた棒状のチラシを集めて作っている。100円ショップなどで手に入る額縁に、向きを変えて貼りつけると、より味わい深いものができあがる。ちなみに切り口はきちんとそろえておくのがコツ。

細かく刻んだチラシ棒を同じ向きにして円形にまとめると鍋敷きになった

熱い鍋ややかんを置いておくのに丁度よい鍋敷きも、ちょっとの工夫でこんなに素敵なものを作ることができる。これは棒状に丸めたチラシを短い幅で切って円形になるようにまとめて作っている。

出典:asart.b2p.fr

チラシを同じ幅に切って丹念に編んでできるプレゼントを入れるのにピッタリな紙袋

親しい人へのプレゼントを入れておくのにふさわしい紙袋も、チラシや包装紙などの不要な紙で作れる。そして麻ひもで取っ手を付けておくと、よりプレゼントに使えること間違いなし。

真ん中が膨らんでいる紡錘型のビーズ状にしてブレスレットに仕上げる

色の付いた不要な紙は、細長い二等辺三角形にして爪楊枝に巻き付けて、マニキュアのトップコートやニスを塗っていくと、糸を通せるビーズになる。そしてこれは、気軽に作れる紙ビーズのブレスレットだ。

真っ赤な紙を細く切って愛が伝わるハートのモチーフにしてペンダントに

赤い色紙を細く切って、特色あるハートの形にまとめていく。まとめる時はピンセットを使って押さえていくと、より精巧に仕上げることができる。そして仕上げにトップコートを塗って、チェーンを通す鎖を付けると立派なペンダントになる。

細い幅の黒い紙をくるくるとまとめていくことでできる魔女の帽子のピアス

ハロウィンの時に着けて行きたい、魔女の帽子のピアスを作った。黒い紙を円錐状になるように丸めていき、下にオレンジ色の糸やつばを付けてTピンを通してピアス金具を付けると完成する。

紙でできているとは思えないゆらゆら揺れるバラのエレガントなピアス

今度は赤い紙を折りたたんで、素敵なバラのピアスを作った。この時に使うピアス金具やCカンは、ゴールドの方がおしゃれである。そしてできあがったバラは、より高級感を出すために、ニスを塗っておくとよい。

てっぺんに星の飾りが加わっている緑色のクリスマスツリーのピアス

今度は緑色の紙を円錐状に丸めて、周りにラインストーンなどの飾りを貼りつけててっぺんに星を付けて、クリスマスツリーのようなピアスを作った。もちろんこれはクリスマスシーズンのお出かけに付けていきたい。

真ん中がすごく膨らんでいる丸みを帯びたビーズ状にしてネックレスに

先ほど紹介した、紙で作ったビーズは工夫によって丸くすることもできるのだ。色とりどりの紙ビーズをたくさん作って糸に通すと、お店で売っているようなネックレスが格安な値段で作れる。

新聞紙をたこ糸になるようにしたものでもこもこした毛を表現した犬

ホワイトテリアやマルチーズ、コモンドールといったふわふわ、もこもことした毛を持っている犬を、使わなくなった新聞紙を束ねて作り上げた。毛質の触感を忠実に再現しているので、ペットを飼えないという人にもぴったりな作品だ。

太い棒にまとめた紙を輪切りにしたものを中に収めた飾っておきたい十字架

紙を分厚くなるように丸めて輪切りにして、十字架の形になるようにまとめていく。すると教会で飾っておきたい立派な十字架ができあがった。そしてこれはクリスマスイブの飾りにもとてもふさわしい。

細く切ってイースターエッグやお菓子などを入れておく鳥の巣に整える

カラフルなチラシを細く切って、ラップを敷いたボウルの中にまとめていく。そして薄めた糊を筆で塗って乾燥させると、鳥の巣のような小物入れが完成した。そしてここにはイースターエッグやお菓子、アクセサリーなどの小物を入れておきたい。

あるモチーフを模っている枠に円が収められたクリスマスのオーナメント

星やクリスマスツリーといったオーナメントも、不要な紙を使って作ると楽しい。きつく巻いて輪切りにして、厚紙で作った枠の中に収めていき、ひもを付けると手作り感があふれる面白アイデア作品ができあがった。

新聞紙を丹念に編んでいくことで生み出された小物入れは色んな用途がある

読まなくなった新聞紙を帯のように裂いていき、丁寧に編んでいくと、テレビリモコンや新聞などをちょっと入れておける入れ物ができあがった。ちなみに使う新聞は、英字新聞だともっとかっこ良くなる。

出典:www.flickr.com

ペラペラの紙に工夫を凝らすとこんなに立派な手まりのようなピアス

これは、なかなか手が込んでいる作品だ。厚紙を細長い形に切って、球状になるようにまとめていく。表面にニスを塗って、ビーズやTピンなどの金具を通してピアス金具を付けると、お店で売っても悪くないピアスができあがった。

出典:uk.pinterest.com

チラシ棒を曲げたものをいくつも繋ぎ合わせて作った正方形のコースター

再び、細く丸めたチラシを束ねて作った逸品。切り口はぼそぼそしないようにしっかりと切って、正方形状になるように糊で貼りつけていく。すると飲み物を敷くのに丁度いいコースタ―ができあがった。ちなみにチラシは、光沢があって色んな色が使われているものが適している。

太めの棒にしたチラシを同じ高さに揃えてまとめて掛け時計にアレンジ

棒状に丸めた色とりどりの紙を文字盤にして、時計の針と装置を付けると、他のお店では決して手に入らないオリジナルの掛け時計ができあがった。ちなみに文字盤は色とりどりだけではなく、白黒にしても構わない。

チラシを蛇腹状に折って大きくて美しい翅をもつチョウに仕立て上げた

紙を蛇腹状に折って、大きな羽を持つチョウを作った。もちろん使う紙は蝶にふさわしい色とりどりの紙を使うとよい。そして部屋の飾りとして十分に使えること間違いなし。

細い棒状にしたチラシを丹念に編んで作ったゴミ箱は日常で使える

藁でできているのと変わらないくらいに上出来な、ゴミ箱を不要な紙から手作りした。これこそまさにリサイクル精神を貫いているということがわかる。そしてボロボロになってきたら簡単につぶして捨てることができるという利点もある。


よかったら「いいね!」もよろしく♪