カバンをおしゃれに引き立てるつけておきたい魅惑のバックチャーム!

カバンをおしゃれに引き立てるつけておきたい魅惑のバックチャーム!

いつもカバンに付けておきたい「バッグチャーム」は、たった1つだけでも持っているバックに魅力を添えてくれる。種類も豊富にあって、かわいいデザインが揃っているので、街で見かけたら思わず買うという人も多く、材料を揃えて自分で作るという人もたくさんいる。

2017.9.1 UPDATE

1

いつも持ち歩いていたくなるような、かわいいバックチャームが勢ぞろい!

レザー生地でできた、黒いリボン

高級感あふれるレザー生地で作った、大きめの黒いリボンだけを使ったバッグチャーム。たったこれだけでも十分におしゃれで、大人の女性にピッタリだ。もちろんリボンの色は、赤や白、茶色といったバリエーションがあっても悪くない。

出典:www.creema.jp

貝殻やヒトデが付いた、海のバックチャーム

こちらは、夏の時期や海のお出かけに付けておきたいバッグチャーム。金色の輪を繋げたチェーンには貝殻やパールビーズ、水色のヒトデなどが取り付けられていて、見るからに海の心地よい音が聞こえてきそうだ。もちろんこれは自分で必要な材料を揃えて作ってもよい。

出典:www.iichi.com

ラメが入ったレジン

太陽の光や特殊な光を与えると固まる「UVレジン」を使ったチャームを取り付けたバッグチャーム。レジン部分には、ラメパウダーやデコレーションパーツなどを入れておくと、より素晴らしい感じに仕上がってくる。ちなみにレジン部分と金具を繋げるパーツがあるともっとよくなる。

出典:copr.jp

天然石でできた桜の花を添えて

ほのかなピンク色の天然石・ローズクオーツをハート型に研磨して5つつなげると、満開になった桜の花びらができあがった。もちろんこれは他のパワーストーンと組み合わせて金色の金具でまとめてみると、幸せが訪れそうなバッグチャームになった。

出典:www.creema.jp

大きなイニシャルが付いたもの

名前をアルファベットにした時に、一番最初に出る文字が大きなチャームになった。そしてこれは鎖とあわせると、インパクトがあるバックチャームになった。ちなみにアルファベットのチャーム自体は、ラインストーンを貼りつけられるような無地のものもある。

出典:www.locondo.jp

ラインストーンをあしらった、花の枠

今度は中央部分を始め、所々にラインストーンをあしらった花のチャームが登場。花びらは1つの部分にメッセージが書かれていて、後は向こう側が見える枠のようになっているのが特徴。一見シンプルだが、十分におしゃれだということを物語っている。

出典:tetote-market.jp

パステルカラーのマカロンをあしらって

粘土をこねたり、ホイップクリームのようなシリコーンを絞って作る「スイーツデコ」で作ったマカロンも、バッグチャームに取り入れたい。マカロン自体はパステルカラーの優しい色を付けて、プロのパティシエが作ったように精巧に仕上げている。

本物そっくりなショートケーキを付けて

今度は、本物そっくりなショートケーキを粘土で作って、シリコーンホイップを絞って飾り付けをし、バッグチャームに取り入れた。もちろんケーキは他のものでも全然かまわない。そして、使う金具やチェーンは金色のものが高級感が出る。

出典:tetote-market.jp

色とりどりのキャンディ付き

今度は、小学生くらいの女の子でも使えそうな、非常にかわいいキャンディをあしらったバッグチャームが登場した。もちろんキャンディの部分は、樹脂粘土や透明粘土を用いて自分で作っても構わない。そして使われているキャンディは、色とりどりのものが最適である。

出典:www.locondo.jp

清楚な感じの白い花が集まっている

たくさん集まるとより魅力的に見える、清楚な感じの白い花が見事なバックチャームになった。花の中央の部分にはダイヤモンドのようなラインストーンが設置されていて、写真は白色だが、同じ形状で複数の色を塗った種類もある。

白と黒のお洋服

おしとやかな女性が来ていそうな、おしゃれな白と黒の洋服が立派なバッグチャームになった。白と黒の色合いが、金色の金具と繋いでいるパールとよく馴染んでいる。なので、ファッション関係の仕事をしている方は、ぜひとも鞄に付けてみるとよい。

出典:www.magaseek.com

秘密の鍵が付いている

人の心の扉を開けてくれそうな、繊細なデザインの鍵だって、バッグチャームにふさわしい。しかも鍵の部分は凝って作っていて大きいので、これだけで充分に目立っている。もちろん他のチャームと組み合わせても構わない。

出典:www.andbypd.com

フェイクファーの大きなポンポンを付けて

ウサギのしっぽのようにふわふわしている、フェイクファーのポンポンは、手触りがよくて温かみもあふれているので、冬の寒い時期につけて行きたい。写真は一色だが2色をひとまとめにしたものや、カバンに付ける部分がチェーンではなく金具1つだけというものもある。

出典:www.fiola.jp

バッグチャームの基礎となる、チェーン

これだけのバッグチャームを見たら、自分でも作ってみたくなったという人もいるだろう。そんな時に欠かせないのがこの「チェーン」である。もちろんこれは手芸屋さんを始め、100円ショップなどでも手に入る。

チェーンに繋いでおきたい、色々なチャーム

先ほど紹介したチェーンにつけるだけで、世界に1つだけの自分オリジナルバッグチャームが作れる。もちろんチャームはレジンなどで作っても構わない。そしてこれらは手芸屋さんや100円ショップなどで手軽に手に入る。

幸せを運んでくれそうな、四つ葉のクローバー

四つ葉のクローバーの形をしたモチーフには、高級感あふれるオパールのような質感が取り入れられている。たったこれだけでもインパクトがあるのに、繋いでいるチェーンの部分には、ピンクと白のキャッツアイが付けられていて、よりおしゃれになっている。

金と黒のコントラスト

こちらは、ラインストーンやビーズなどで有名な、美しい研磨技術を持つスワロフスキー社が考案した逸品。銀河の粒のようなモチーフは黒く塗られていて、金色のパウダーが降りかかっている。そしてそれは金色の金具とよく馴染んでいて、より素晴らしい。

湖のほとりにたたずむ白鳥

こちらもスワロフスキー社が考案した逸品。メインである白鳥は、羽の部分にスワロフスキーで研磨したストーンがはめられている。そしてチェーンの部分には、同じ方法で研磨した雫型のビーズが付いているので、見た目はまるでプラチナとダイヤモンドでできているように見える。

なかなかおしゃれな南京錠

本体は純金のような金色だが、ラインストーンでデコレーションすると立派なファッションアイテムになる。もちろん南京錠はついている鍵で開錠することもできて、カバンに付けられるようにチェーンが付いている。

出典:tetote-market.jp

アンティークが好きな方におすすめ

バッグチャームには、アンティーク感があふれるものを取り入れても全然かまわない。写真は茶色を基調としたパーツやビーズを贅沢にあしらっていて、いかにも古くておしゃれな感じがすごくする逸品に仕上がっている。ちなみにセリアという100円ショップでは、アンティーク調のアクセサリーパーツがたくさん揃っている。


よかったら「いいね!」もよろしく♪