焼きたては最高!豊富な味があるふわふわマフィンが勢ぞろい!!!

焼きたては最高!豊富な味があるふわふわマフィンが勢ぞろい!!!

紅茶やコーヒーのお供にふさわしい「マフィン」は、焼き上がってオーブンから取り出すといい香りが立ち込めて、ふんわりした食感と程よい甘さが楽しめるようになっている。そして味も豊富な種類があるので、これからマフィンを作る人は、ぜひ目を通して検討してほしい。

3

一口食べるともう幸せ!至福のひと時を運んでくれる色んなマフィン特集!

具材やココアパウダーなどを一切入れないプレーンマフィンは素朴な味

まずは、定番中の定番である、何も具材が入っていないプレーンマフィンを抑えておきたい。ふんわりした食感と素朴な味わいが、食べた人の心を満足させてくれて、楽しいひと時にしてくれそうな感じがある。ちなみにプレーンマフィンは、小麦粉からではなく米粉から作ることもある。

ココアパウダーとチョコチップを混ぜ合わせてチョコレートマフィンに

生地にココアパウダーを練り込んで、チョコレートチップを贅沢に使ったチョコチップマフィンも、マフィンの中で特に人気がある。割ってみるとふんわりとした食感を味わえて、食べてみるとチョコの甘い香りがあふれてくる。

出典:allrecipes.com

リンゴの甘煮とシナモンパウダーを混ぜ合わせたアップルマフィン

こちらは、砂糖で甘く煮たリンゴとシナモンパウダーを取り入れたマフィン。ひと口食べるとリンゴとシナモンの風味が口いっぱいに広がってくる。もちろんこれはダージリンやアップルティーとも相性抜群で、中にはグラノーラを入れたものもある。

生地に抹茶パウダーと大粒の甘納豆を混ぜ込んだ抹茶マフィンもおすすめ

日本人に親しまれている抹茶は、あらゆるお菓子に応用されているので、マフィンに使わないという手はない。香り高い抹茶だけでもよいが、甘納豆や小豆あんを少し混ぜると全然違和感がない、和風マフィンができあがる。

刻んだバナナを入れた生地を焼き上げた後はキャラメルソースを上に掛ける

生地には刻んだバナナを入れて焼き上げて、仕上げにキャラメルソースをかけてできあがり。生地の触感とバナナの甘さ、キャラメルの風味が見事に調和して、食べた人を思わず笑顔にしてくれること間違いなし。ちなみにこれはアメリカでもすごく人気がある逸品。

ニンジンが嫌いだという子供のおやつにふさわしいニンジンマフィン

ニンジンをすりおろして生地に混ぜて、隠し味にシナモンパウダーを混ぜて焼き上げると、野菜の風味が生かされたマフィンになった。もちろんこれはニンジンが苦手な子どもにもぴったりで、おやつに持って来いの逸品と言える。

プレーン生地とココア生地を融合させたマーブルマフィンも食べたい

何も混ぜてないプレーン生地と、ココアパウダーを使った生地をマーブル模様になるように混ぜ合わせると、お店で作ったようなマフィンができあがる。ちなみに模様を作る時は、あまり混ぜすぎないようにするのがコツ。

出典:cookdiary.net

粉チーズまたは細かく切ったプロセスチーズを混ぜてできるチーズマフィン

こちらは、甘さを押さえたマフィン。生地には砂糖を全く入れないで細かく切ったプロセスチーズと表面にはグラタンで使うシュレッドチーズをかけて焼き上げると、朝ごはんにも最適なチーズ風味のマフィンができあがった。これなら甘いものが苦手だという人へのプレゼントにもふさわしい。

ザクザクした食感も楽しめるのが特徴のドライフルーツ&ナッツマフィン

干しアンズやプルーンなどを始めとする、色んな種類のドライフルーツはマフィンに持って来いの材料である。生地にはドライフルーツを練り込み、表面には砕いたくるみやアーモンドなどのナッツを振りかけて焼くと、2つの美味しさが混ざったマフィンを味わえる。

大粒の冷凍ブルーベリーはプレーンのマフィン生地と相性抜群である

冷凍になっているものが多い、ブルーベリーをプレーン生地に混ぜるだけで、紫色の果実が映えるマフィンができあがった。一口食べると口に甘酸っぱいブルーベリーの風味が広がって、幸せなひと時を感じそうだ。もちろんブルーベリーだけにとどまらず、ラズベリーやクランベリーでも構わない。

出典:foodbabbles.com

黒いクッキー・オレオを大きめに砕いてマフィンに混ぜても全然悪くない

世界中で愛されている、黒くてクリームが挟まっているクッキー、オレオを砕いてマフィンに取り入れた。黒い部分が生地に映えて、サクサクした食感とふんわり感が見事に調和して、幸せの時間を作り出してくれる。

出典:www.food.com

オレンジマーマレードやキュラソーを入れて風味を出すオレンジマフィン

オレンジピールまたはマーマレードを練り込んだ、柑橘の爽やかな香りがするマフィン。ちなみにオレンジキュラソーを入れると、大人の味になってくる。そしてレモンピールを入れると、レモン風味のマフィンができあがる。

すりおろしたほうれん草を生地に混ぜて濃い緑色の野菜マフィンに

こちらも、子供のおやつにふさわしい野菜マフィン。ほうれん草はさっと茹でてミキサーにかけてから使い、生地とよく混ぜ合わせると抹茶よりも濃い色のほうれん草マフィンが作れる。これならほうれん草が入っているなんて誰にもわからない。

フリーズドライのイチゴをマフィンに使うとはっきりとした赤色が目立つ

ケーキやタルト、パフェによく使われるイチゴは、見た目や色合いがとてもかわいいので、ぜひとも積極的にマフィンに使いたい。割ってみるとイチゴの甘い香りがあふれてきて、食べてみると素晴らしい味わいを感じることができる。

体によいとされるセサミンが詰まった黒ゴマだってマフィンに最適

料理でよく使われる、香ばしい黒ゴマだってマフィンに使いたい。生地に練り込むことはもちろん、表面にパラパラと振りかけると、いかにもゴマの味と香りがしてきそうなマフィンができあがる。

蒸して裏ごししたかぼちゃを練り込んで秋らしいマフィンにしてもよい

ハロウィーンで出すお菓子にもふさわしい、カボチャ入りのマフィン。カボチャは栗カボチャなどの甘味が強いものを使って、表面には炒った種を乗せると、いかにもかぼちゃだなあという感じが伝わってくる。もちろんこれも野菜が苦手な子へのおやつにふさわしい。

香り高い紅茶の茶葉・アールグレイを生地に振りかけるとふくよかな味に

紅茶の中でも特に有名な、アールグレイの葉っぱを練り込むだけで、ふくよかな香りのマフィンができあがる。もちろんこれはティーバックの中に入っている茶葉でも作れるので、気になった方は是非試してみるとよい。

インスタントコーヒーをマフィン生地に練り込んでほろ苦い大人の味に

少し苦いコーヒーも、マフィンにピッタリな味わいと言える。インスタントコーヒーを生地に練り込んで焼くだけなので、非常に簡単に作れて、紅茶やコーヒーはもちろん、牛乳と一緒にいただいても全然悪くない。

ラム酒に漬け込んだ干しブドウ・ラムレーズンだってマフィンを盛り上げる

アイスクリームの定番となっている、香り高いラムレーズンを、マフィンに練り込むなんてなかなかよいアイデアだ。焼き上がって1つ食べてみると、ふんわりとした味わいが口の中に広がり、ラムレーズン独特の風味が口の中に広がってくる。

出典:www.eggs.ca

角切りにしたバナナとチョコチップを合わせたマフィンは子供のおやつに最適

普通のプレーン生地に、刻んだバナナやチョコレートチップを練り込んで焼き上げる。すると、大人でも子供でも幅広く受け入れられる、幸せな味わいのマフィンができあがった。これはたくさん作って、幼稚園のバザーに使ってみるとよい。

泡立てたホイップクリームを山盛りになるよう絞ってカップケーキ風に

焼き上がったマフィンはそのままでも十分によいが、写真のように生クリームを絞ってデコレーションしても構わない。こうすると女の子に好まれそうなカップケーキができあがる。そしてクリームの上には、カラーシュガーなどを飾ってもよい。


よかったら「いいね!」もよろしく♪