大切な写真を飾っておきたい!アイデアを生かしたDIY写真立て!

大切な写真を飾っておきたい!アイデアを生かしたDIY写真立て!

思い出の写真を飾るのにふさわしい「写真立て」は、市販のシンプルなものに自分の好きなものを貼りつけたり、材料を揃えて1から作るという方法が挙げられている。しかしどんな出来栄えでも写真をかわいく引き立てるということには変わりない。なので大切な写真を飾っておきたいという方はぜひ参考にしてほしい。

2018.10.10 UPDATE

1

かわいさとユニークがあふれている、自分オリジナルのDIY写真立て!

出典:trendymods.com

アイスクリームの棒を何本も活用してこんなに立派なフォトフレームを作る

アイスクリームの棒をたくさん集めて繋ぎ合わせると、写真のような立派なフォトフレームが作れる。ちなみに繋ぎ合わせる時は木工用ボンドを使うとよい。そして写真を入れる部分のある個所には、バラを飾っていて、上部分にはハートのシールが張られている。

出典:trendymods.com

市販の枠を毛糸でぐるぐるして自分なりにアレンジしても悪くない

手先があまり器用ではないという方は、市販のフォトフレームにアレンジを加えてみるとよい。写真は、100円ショップでも手に入る普通のフォトフレームに接着剤を塗って、毛糸で隙間なくグルグルと巻き付けたものである。ちなみに毛糸は、アクセントとなる細いものも巻き付けておきたい。

枠全体をキラキラ輝くスパンコールで飾るだけでも雰囲気が出てくる

こちらも、ぱっとしない平凡なフォトフレームをかわいくアレンジしている。光に充てるとキラキラ輝くスパンコールは、服に縫い付けるだけではなくフォトフレームにもよく合う。大きさが異なっていたり、色んな色や形があるので、バランスよく飾るのがコツ。

濃いピンク色に生える水玉模様とワンポイントが見事に調和している

こちらは、ペンキかアクリル絵の具で塗装したもの。まずは全体を白く塗って、次に水玉模様に切ったマスキングテープを張って、その上に濃いピンク色のペンキを塗る。完全にペンキが乾いたら、マスキングテープを剥がして、ワンポイントを付けてできあがり。

おはじきなどのガラス製ビーズを隙間なく飾るとものすごく立派な雰囲気に仕上がる

ガラスやプラスチックでできている、少し石みたいな飾り物は、自分オリジナルのフォトフレームに持って来いと言える。濃い色と薄い色、大きさのバランスを調整して貼りつけていくと、非常に立派な感じに仕上がる。

出典:armanandsons.com

綿を詰めたキルト風にアレンジするといかにも手作り感が出ている

少し綿を詰めた布を、市販のフレームに被せている。縫い付けている青くて細いリボンは、全体をよく引き締めていて、キルト風というイメージを出している。たまにはちょっとこういう手芸のアイデアを入れても悪くない。

枠全体を覆っているのは結婚式にもふさわしいと感じられる白いバラ

今度は、造花または1つ1つ紙で丁寧に作ったバラをすき間なく飾った。ちなみに紙で作った場合は、つぶしたりしてしまわないように注意すること。これには是非とも結婚式の写真を入れておきたいものである。もちろん赤いバラを飾っても全然かまわない。

大きさがまちまちなカラフルなボタンをびっしりと貼りつけても構わない

うっかり取れてしまったり、余ってしまったボタンを、無地の平凡なフォトフレームにびっしりと貼りつけた。これは色んな色や大きさのボタンを使いたい。ボタンが多ければ多いほど、カラフルで楽しいという雰囲気が伝わってくる。

伸ばした樹脂粘土で作った数々の花パーツを貼りつけても悪くない

100円ショップでも手に入る樹脂粘土を薄く伸ばして、葉っぱや花の形に整えてフレームに貼りつけて、乾燥させる。するとまるでお店で売っているかのような素晴らしい出来栄えになった。これは写真だけではなく、鉛筆デッサンや水彩画などを入れてもよい。

自分の好きなものをとにかく飾り付けるだけでもフォトフレームは盛り上がる

パールビーズ、ワンポイントになるパーツ。そして色んなラインストーンを枠一面に貼りつけると、まるで自分の個性やキラキラ感が生きているような作品になった。もちろんパーツは他にも色々あるので、好きなものを取り入れるとよい。

出典:www.flickr.com

模様が刻み込まれているかわいいタイルを貼りつけても全然悪くない

模様が刻み込まれている、かわいいタイルをすき間なく貼ると、かわいいものを専門的に扱う雑貨屋さんに置いても悪くない仕上がりになっている。こちらはピンクを基調にしていて、所々にある茶色いタイルが全体を引き締めている。

粘土や食べられないグルーガンを用いたスイーツデコの要素を生かして

紙粘土で作ったありとあらゆるスイーツパーツを、無地のフォトフレームに飾り付けると、こんなに見栄えがよくなってくる。そして上部分には、食べられないチョコソースを垂らすように塗っていて、所々に星の砂糖菓子が付いているのが特徴。

出典:www.wiki-how.in

元々は無地だったが好きな色に着色したパズルのピースをびっしりと張る

100円ショップでも手に入る、無地のジグソーパズルに絵の具で色を塗って、何の変哲もないフォトフレームに飾っていく。ちなみにパズルのピースは隙間なく盛り付けていくのがコツで、中に収める写真は笑顔の子供が写っているものがよい。

出典:wanelo.co

海の貝殻で飾りつけするとさざ波の音が聞こえてきそうな作品になった

夏に浜辺で貝殻をたくさん拾ったなら、ぜひともフォトフレームのリメイクに生かしてほしい。枠全体に接着剤を塗って、色々な貝殻をすき間なく貼りつけていくと、潮風や波の音が聞こえてきそうな作品ができあがる。もちろんこれは部屋のインテリアにもなるに違いない。

周りを人工芝で覆うと何だか森にいるようなフォトフレームに仕上がった

自然な感じが出てくる、手作りフォトフレーム。周りを覆っているものは深い緑色の人工芝で、中に収めている写真をより引き立てているということが伝わってくる。もちろん、人工芝の所々に赤いビーズを貼りつけて、木の実に見せるという人もいる。

粘土で作った花を一部分に飾り付けるだけでも上品な雰囲気が生まれる

こちらも、樹脂粘土を使ったパーツを盛り付けて、可憐なデザインに仕立てている。全部分だけではなく、ある部分だけにあしらうだけでも、心が和んできそうな雰囲気が出てきている。ちなみに粘土の色はパステルカラーが適している。

出典:www.optitech.pl

黒いフレームをアサヒモで巻き付けて角の部分にひまわりの花を付ける

あらかじめフレームを真黒に塗装して乾かす。次に麻ひもを特定の位置に巻き付けて、最後に造花のひまわりを飾れば、明るさと暗さのバランスが取れた写真立てができあがった。これは是非とも、写真を収めなくても飾っておきたい。

木でできたフォトフレームはデコパージュを活用したデコレーションが最適

模様が付いた薄い紙を、特殊な糊で貼りつけるクラフト作品・デコパージュは木でできているフォトフレームと相性抜群。写真は花の柄を使っていて、いかにも優しくて温かみがありそうな感じに仕上げているのがわかる。

出典:adworks.pk

宝石のように透明で細々としたタイルを貼りつけるだけでも構わない

今度は、ステンドグラスの欠片または宝石のように輝いているタイルを張っている。タイルは、少し形を変えるなどという工夫を行うことで、芸術性あふれる作品に仕上がる。そして写真を入れる部分が少し右寄りになっているのも特徴。

王冠に飾りを埋め込んでアレンジしたパーツをこんなにびっしりと貼る

ビンに入ったビールやコーラのフタとなっている「王冠」は、なかなか捨てられない、ついつい集めてしまうという人も多い。そんな時に役立てて欲しいのが、王冠の中にレジンを詰めて固めて、表面に色々なものを飾り付けてフォトフレームに貼るという方法である。

つぶした紙の管を飾るとまるでカラフルなモザイクアートみたいに見える

一見、お店の売り物のように見えるが、これでもれっきとしたDIYフォトフレーム。肝心な材料となっているのが、色とりどりの厚紙の筒で、これらをつぶして隙間なく枠に貼りつけていくことで、まるでモザイク画かネオンサインのような作品になった。

出典:www.flickr.com

今度は手芸素材のフェルトを使って手作り感あふれる温かみを出している

手芸材料の「フェルト」は、十分に温かさが出ているのでフォトフレームリメイクに持って来いである。枠全体をフェルトで覆って、同じくフェルトで作った飾りを所々に飾っていくだけで簡単に作れる。そしてこれは冬の飾りとしても使える。


よかったら「いいね!」もよろしく♪