紙を留めておくのに役立つ個性豊かなオリジナルの手作り画鋲!

紙を留めておくのに役立つ個性豊かなオリジナルの手作り画鋲!

ポスターや注意事項などを貼っておくのに欠かせない「画鋲」は、市販のものにちょっと手を加えた自分オリジナルのかわいいものを使いたい。この方法は至って簡単で、材料も100円ショップで揃えることができるので、手軽なハンドメイド作品になること間違いなし。

2018.10.9 UPDATE

1

紙を貼ると見栄えがよくなる!オリジナル性あふれるかわいい手作り画鋲!

出典:sneakyspoons.com

ごく普通の画鋲を取りあえずアレンジしたいなら洋服ボタンを使って

手軽にできる画鋲DIYと言えば、洋服のボタンをただ接着剤で付けるということが当てはまる。ボタンはもちろん服から取れてしまったものや、1個しかないものでも全然使える。色んな色や形状があるので、あれこれ試して作ってみるとよい。

出典:www.ebay.com

洋服ボタンを生かして作った数々の画鋲は寄せ集めるとこんなに素敵

色んな種類の洋服ボタンを駆使して作ったたくさんの画鋲は、このように一か所に寄せ集めるとなかなか立派な見栄えとなる。

柄のある布きれをそのまま利用できるくるみボタンを貼りつけてもOK

余った布で作れる「くるみボタン」は、専用の道具と金具があれば自分の好きな柄にできる。そしてできあがった後はゴムひもを通してヘアゴムにしたり、服に縫い付けたり、裏に画鋲を貼りつけるともっとよくなる。ちなみに写真は画鋲にしている。

携帯電話やスマートフォンカバーなどをデコレーションする花のパーツを付けて

色んな種類がある、プラスチック製の花を強力接着剤で画鋲に付けた。やっぱり平凡な画鋲も華を持たせることで、より見栄えがよくなって掲示物に使いたくなってくる。ちなみに花のパーツは100円ショップでも手に入り、または樹脂粘土で作るという方法も挙げられる。

画鋲そのものに接着剤を塗ってその上にラメパウダーを振りかけて

まずは作業がしやすいように画鋲をコルクボードに突き刺し、次に円形になっている部分に接着剤を塗って、キラキラ輝くラメパウダーをムラがないように振りかけていく。接着剤が完全に乾いたらコルクボードから外してできあがり。

色んな柄があるマスキングテープでかわいくデコレーションしてもOK

色んな柄やデザインがある「マスキングテープ」だって、画鋲リメイクの材料として使える。裏側まで貼りつけて表面にニスを塗って乾かすと、雑貨屋さんで置かれていそうなかわいい画鋲ができあがる。今、マスキングテープが余っているという方は是非お試しあれ。

出典:wanelo.co

おとぎ話の世界に出てくる赤いキノコのパーツを貼りつけてもOK

童話に出てくる、赤くて白い斑点が付いたかわいいきのこだって、画鋲リメイクにふさわしい。笠の部分は市販のものもあるが、樹脂粘土を使って自分で作っても構わない。もし作る場合は、濃い白の絵の具を斑点に使うとよい。

出典:wanelo.co

100円ショップで手に入ったり羊毛フェルトで作れる手芸用ポンポン

カラフルでもこもこしている手芸用ポンポンは、非常にかわいくて何にでもアレンジできる。もちろん画鋲に貼りつけると、優しくて柔らかな印象が出てくるので、これらは幼稚園や保育園の掲示物を貼るのにすごくふさわしい。ちなみにポンポンは100円ショップで買っても、自分で作っても構わない。

きのこのようなワインのコルク栓をそのまま使って画鋲にするという方法もある

ワインに欠かせない「コルク栓」は、大して使わないのについつい集めてしまうという人も多い。なのでこんな時にも、画鋲へのリメイクを役立てて欲しい。写真はマッシュルームみたいな形のコルク栓を使っているので、抜いたり刺したりするのが簡単にできる。

出典:www.ebay.co.uk

掴みやすいピンにハートのデコレーションパーツを付けるだけでもよい

ちょっと掴みやすくなっているピンにも工夫を取り入れると、毎日使いたくなるような逸品に仕上がる。写真はラメを入れたハートのパーツをただ接着剤でくっつけただけだが、十分にかわいさが出て、雑貨屋さんで売っても悪くない仕上がりになっている。

事務仕事で使うごく普通のゼムクリップを加工して画鋲にしている

書類を束ねるのに使うゼムクリップをちょっと加工すると、画鋲の役割も果たすということを忘れてはならない。しかもこれはゼムクリップの特徴そのものを生かしているので、メモを挟んで貼りつけることもできる。ちなみに突き刺す部分は削るという方法もある。

樹脂粘土で作ったフルーツなどをたくさん盛りつけたタルトもおすすめ

100円ショップでも手に入る樹脂粘土・ポリマークレイは乾くと丈夫になるので、モノ作りが好きな方に重宝されている。そして写真はその粘土をこねて作ったタルトなどのスイーツを、画鋲に貼りつけている。1つ1つの細かいパーツを作り上げたことは、非常に素晴らしい。

粘土で作ったふかふかの焼きたてパンはベーカリーで使う画鋲に生かしたい

またまた、樹脂粘土を使った画鋲リメイク。今度は焼きたてが最高のパンを作って貼りつけた。写真はチョコチップが入ったふわふわパンだが、食パン、フランスパン、クロワッサン、コロネパン、クリームパン、メロンパンでも全然構わない。

小さなレゴブロックも画鋲のアレンジに役立つパーツとなっている

子供に人気があって、世界中で愛されているレゴブロックの小さなパーツも、画鋲にしても全然悪くない。ブロックの形状、突起、色合いが面白さを出しているので、幼稚園や保育園、児童館の掲示物を貼るのに使いたい。

色を塗った小石を使って貼りつけるとちょっと高級感が出た画鋲になった

河原とかによく転がっていて、川の底にもたくさん沈んでいる小石をたくさん集めたら、よく乾かしてプラモデル塗料で色を塗って、画鋲を取り付けたい。すると自然の感じがしてくる作品ができあがった。ちなみに使う色は金色、銀色、銅色、黒色だとおしゃれな感じがしてくる。

ちょっと不気味な印象が出ている親指の先も画鋲に取り入れたいものだ

たまにはユニークさと不気味さを取り入れるのも、全然悪くない。まずはシリコーンやおゆまるなどで親指の型を取って、続いてそこに紙粘土や樹脂粘土を詰めて抜く。天日に当てて乾燥させて、色を塗って画鋲を付けてできあがり。ちなみに爪の部分にマニキュアを塗るのを忘れずに。

ビールやコーラが詰まっていたビンの王冠に写真を貼ったものでもOK

ついつい集めてしまうビールビンなどの王冠だって、しっかりと役に立つ。王冠の内側に思い出の写真を接着剤で貼りつけて、裏に画鋲を付けると、お店では決して手に入らないユニークな画鋲ができあがった。これはちょっとした思い出を思い出すのにも最適。

出典:www.ebay.co.uk

金色のピンと黒のハートを融合させてラグジュアリー感がある画鋲に

またまた、取り付けがしやすいピンを使っている。今度はつまむ部分が金色で覆われていて、その上には黒いハートが取り付けられている。ちなみにハートの部分は市販のパーツや粘土で作ってもOKで、何より金色と黒が見事に調和している。

出典:www.ebay.com

携帯電話・スマートフォンカバー・手鏡のデコレーションに使う半分のパール

携帯電話やスマートフォンカバーをキラキラにデコレーションする時に使う半分のパール・カボションパールを用いて、高級感あふれる画鋲を作り上げた。大小2つがあって、密集して光に当たっていると、まるで本物の大粒の真珠のように見える。

出典:wanelo.co

キラキラと輝いているラインストーンを付けるだけでもだいぶ印象が変わる

今度は、宝石のようにキラキラと輝くラインストーンを使って画鋲をリメイクした。ストーンはスワロフスキーのものがおすすめだが、100円ショップに行くと大粒で裏がシールになっているものもある。もちろんこれで掲示物を貼りつけると、一気にゴージャスに見える。

出典:picclick.co.uk

オレンジの太陽パーツは夏にピッタリな画鋲を作る時にすごく役立つ

丈夫な厚紙を使って、真っ赤に燃えているような太陽を作って画鋲に取り入れた。もちろん周りを黄色くして、中央を茶色くすると、ひまわりにもなる。ちなみに使う色はオレンジか赤のものがすごく最適。

コルク栓に飾り用の羽を付けて植木鉢風にアレンジしたパーツを使う

今度もコルク栓を使うが、ちょっと趣向を変えているのがわかる。縦にして側面に2つくらい画鋲を付けて、上に羽を突き刺すと、まるで観賞植物の植木鉢のような感じに仕上がった。さらに側面に切れ込みを入れると、メモなどをいつでも挟んで置けるようになる。


よかったら「いいね!」もよろしく♪