子供でも大人でも楽しめる!手作りならではのパーティーの飾り&アイテム!

子供でも大人でも楽しめる!手作りならではのパーティーの飾り&アイテム!

誕生日パーティーやクリスマスパーティーを始めとするホームパーティーには、飾りつけが欠かせない。そしてテーブルの上で使うものや、頭に被ると盛り上がるものなども作ると、より一層楽しくなる。なので今回はそんなパーティーにふさわしい手作り飾りやグッズなどについて紹介する。

2018.10.16 UPDATE

0

アイデアを生かした、パーティーが超盛り上がりそうな手作り飾り&グッズ!

画用紙で簡単に作れる王冠はパーティーの主役にふさわしい飾りだ

子どもが主役となるパーティーにふさわしいのが、この紙でできた王冠。作り方は至って簡単で、図案を下書きして切っていき、繋げるだけで簡単にできあがるというのが嬉しい。そして下の部分にリボンを巻いたり、所々にラインストーンを飾っても構わない。

側面にカラフルな水玉模様とてっぺんに毛糸のポンポンが付いている円錐の帽子

普通の円錐型の帽子はお店で簡単に手に入るけれど、写真のような帽子は手作りならではのアイデアを生かさないと生まれてこない。側面にシールをいっぱい貼って、一番上に毛糸で作ったポンポンを取り付けると、子供なら誰もが喜びそうなものに仕上がる。

1個1個包装されたキャンディを円形にまとめて立派なリースにした

こちらはクリスマスパーティーに飾っておきたいリース。全体にキャンディなどのお菓子を飾っているので、普通のリースにはない特徴がある。もちろんキャンディだけにとどまらず、1個1個包装されているチョコレートなどを飾っても構わない。

紙を丹念に織ったり布を縫い合わせて作るランチョンマットもおすすめ

できあがった料理をテーブルに乗せる時に使いたいのが、このランチョンマット。写真のものは紙を編んで作っている、いたって簡単な方法でできるものである。もちろん紙だけにとどまらず、布を縫い合わせて作っても構わない。

出典:www.homedit.com

脚の部分をラメで覆ったカクテルグラスだってパーティーを盛り上げる

100円ショップでも手に入るカクテルグラスやワイングラスをちょっとおしゃれにしたいなら、脚の部分に接着剤を塗って、ムラなくラメパウダーを振りかけるとよい。すると飲み物を注ぐとより一層映えるグラスになった。

出典:www.parents.com

大きさが異なる風船をいくつも繋げて飾ったこの飾りは素晴らしい

大きい風船と小さい風船を膨らませて、1本の糸に繋げていく。大きい風船は下向きになるように取り付けて、小さな風船は密集するように結び付けていくのがコツである。やっぱり膨らませた風船の飾りは、十分にインパクトがある。

出典:catchmyparty.com

飲み物を飲む時に使うストローにも飾りを加えてひと工夫しておきたい

時間があれば、飲み物を飲む時のストローにも工夫を加えておきたい。写真はマスキングテープを使って、どれが誰のストローか分かるようにしている。なお子供用なら、ストローを通す切れ込みを入れた紙のモチーフを付けてもよい。

細長いバルーンを曲げたりひねったりすることで生み出される大きな花

細長い風船に空気を入れて膨らませて、自由に形を作れる「バルーンアート」だって、立派なパーティーの飾りになる。写真は色とりどりの花を作っていて、パーティー会場がよりカラフルになるようにしているのがわかる。もちろんバルーンアートは動物のものでも構わない。

いくつもの紙を輪にしたものを連結させて作ったチェーンはホームパーティーに最適

これは、典型的なホームパーティーの飾りと言える。1つの輪を作ったらどんどん他の輪を繋いで作っていく。もちろん材料の紙はカラフルな折り紙やカラー印刷のチラシでも全然かまわない。そしてできあがったチェーンを飾ってみると、苦労した甲斐があったと実感する。

紙で作ったアイスクリームのような花束も女の子に喜ばれること間違いなし

茶色の紙でコーン部分を作り、薄い紙で花を作ってアイスクリームのように盛り付けていく。もちろん花の色は複数作った方が全然OKで、たくさん作って飾っておくと、女の子たちが喜びそうだ。なお、上に乗せるのはアイスクリームみたいに丸めた紙でも構わない。

これからご馳走を並べるテーブルの上に敷くテーブルクロスにもひと工夫

テーブルの上に敷いておきたい「テーブルクロス」は、無地の布に絵を描いて作るという手もある。これなら自分だけのホームパーティーにふさわしくて、どんどんとごちそうを乗せたくなってくる。なお柄は子供の手形でも全然かまわない。

中に鈴を仕込んでいる紙コップのベルもクリスマスパーティーに最適

こちらも、クリスマスパーティーにふさわしい手作り飾り。紙コップの底に穴を空けて、鈴をつけたモールを通す。最後は周りに色を塗ったり、かわいい絵を描いたり、シールを好きなように貼ってできあがり。これがあると、聖なる夜が迎えられそう。

ペーパーリボンのタッセルをたくさん連結させた立派なガーランド

糊が付いてないペーパーリボンは単品だけでも、立派なパーティーの飾りになる。写真は濃いピンクのリボンと薄いピンクのリボンをタッセル状にして、1本の線に結わえている。ただそれだけでも、飾っておきたくなるような立派な飾りになる。

大きな直径を持つペーパーポンポンを糸に通して天井からぶら下げる

薄い紙を束ねて作る、ペーパーポンポンをたくさん作って天井からぶら下げると、心が和らぎそうな雰囲気に包まれる。ちなみにポンポンを飾る時は大きいものと小さいものを作って、1本の糸に2つくらい繋げておくと、より見栄えがよくなってくる。

360度に広げた扇形を壁一面の横幅に届くようにたくさん飾っている

画用紙を蛇腹になるように折って、360度広げた扇形にする。ちなみに使う画用紙は虹を連想させるようにカラフルにすることが重要で、たくさん作って重ねて壁に飾ってみると、まるで壁に花が咲いたような感じを味わえる。

ほのかなピンク色が付いたたくさんのバラの造花を壁一面に貼っていく

100円ショップでも手に入る、ピンク色の小さなバラの花を繋げて壁一面にテープで貼りつけていく。するといかにも心が和んできそうな素敵な壁ができあがった。この壁があるなら、紅茶や美味しいお茶菓子を用いたティーパーティーを行いたい。

カッティングシートで作り上げたカラフルな点を壁にびっしりと飾る

同じ大きさの円に切った、色とりどりの紙の裏に両面テープを貼りつけて、壁一面に飾っていく。すると白くて平凡な壁が十分にかわいくなった。ちなみに切ったり貼ったりする工程は、子供に任せても全然構わなくて、貼り方は自由自在である。

出典:uk.pinterest.com

同じ大きさに切ったハートを糸に通してキュートなガーランドを作る

同じ形に切った赤いハートの紙を、ただひたすら1本の糸に通していく。これを何本か作っておいて、パーティーの当日に弛ませるようにして飾ると、めちゃくちゃラブリーな雰囲気が生まれてくる。ちなみに紙の色はピンクでも黄色でも水色でも全然かまわない。

普通の風船を膨らませて作った桜の花も壁のデコレーションに最適

ピンク色の風船を5個膨らませて、真ん中に白い風船を置いてまとめていくと、春になると満開になる桜の花びらができあがった。風船を使った飾りつけは、工夫を生かせばまだまだあるということが理解できる。そして3月、4月の誕生日や、入学、卒業パーティーに使いたい。

出典:www.xxshanhe.com

糸で繋がっている風船の束を壁に飾るだけでも全然悪くないと感じられる

またまた、膨らませた風船を応用させた飾りつけ。風船の裏面には両面テープを貼りつけて、結んだところには紙テープを括り付けて、花束のように束ねると、いかにも子供のパーティーにふさわしいような出来栄えになった。

天井からぶら下がるいくつもの螺旋状の紙が独特のムードを作り出す

画用紙を渦巻き状に切って、端っこまたは中心部分を天井につけて垂らすと、ひらひらした螺旋のようなリボンになる。色んな色のものがたくさんあると、非日常的な1日を送れそうだ。


よかったら「いいね!」もよろしく♪