ヘアアレンジに使いたくなる手作りのヘアアクセサリー特集!

ヘアアレンジに使いたくなる手作りのヘアアクセサリー特集!

長い髪をまとめたり、女の子のヘアアレンジに使いたくなるようなヘアアクセサリーは、100円ショップでも手に入る材料を使って作ってみると、お店で買うより安上がりでオリジナル性がある。しかも作り方は至って簡単なので、女の子がいるご家庭にも最適。

2018.10.9 UPDATE

0

ヘアゴム、ピン…こんなにかわいいヘアアクセを手作りしちゃおう!

出典:upcraftclub.com

柄があるバンダナで作ったリボンが付いたヘアゴムは活発な女の子にピッタリ

頭に巻き付けるバンダナがかなり古ぼけてきたら、写真のように結んで100円ショップでも手に入るヘアゴムに縫い付けて、ポニーテールに使いたくなるヘアゴムを作った。もちろんリボンの部分は、ハンカチで作っても構わない。

表面に接着剤を塗ってラメパウダーをムラなく振りかけたヘアピン

パチンと留める銀色のヘアピンがあるなら、ネイルアートで使うラメパウダーでリメイクしてみるとよい。全体を接着剤で塗って、上からラメパウダーを振りかけると、お店で手に入りそうなキラキラしたヘアピンが作れる。

一粒のパールビーズを付けたヘアピンは上品な印象が出るヘアアレンジに最適

1粒のパールビーズにワイヤーを通して、ごく普通の細いヘアピンに括り付けるだけでも十分におしゃれなヘアピンを作れる。これをお団子にまとめた髪に挿していくと、品があるような髪型に見せてくれる。

金色の葉っぱを縁に巻き付けたコームはなかなか高級感が出ている

本当の名前は「クレッセントコーム」という髪に挿すアクセサリー、コームに金色の偽物の葉っぱとファイアポリッシュビーズをワイヤーで絡めていく。すると格安な費用で高級感が出ているヘアアクセサリーができあがった。

出典:www.coupons.com

華麗なるバラのコームもワンピースを着た女性を引き立てるのに最適

華麗なバラの造花も、自分オリジナルのコームを作るのにふさわしい。ちなみに使うバラは薄いピンクや白が適していて、ドレスやワンピースにぴったりなヘアアクセサリーとなっている。ちなみに花だけではなく葉っぱも使うと、より引き締まってくる。

細い紙をグルグルときつく巻き付けてヘアピンのワンポイントに生かす

細く切った色画用紙をきつく渦状に巻いて、花や蝶を模ったモチーフを作る。それをヘアピンに接着剤で付けると、子供にぴったりなヘアアクセサリーができあがる。ちなみに紙に艶出しニスを塗ると、もっと丈夫になる。

リボン及び大きな花が付いたカチューシャはなかなかの手作り感が出ている

カチューシャだって、立派なヘアアクセサリーの1種になっている。そこに花やリボンといったワンポイントを付けてみるだけでも、手作り感があるオリジナル作品になって、女の子なら毎日頭に着けたくなる。

出典:diycandy.com

丁寧に研磨されてキラキラと輝いているような出来栄えの宝石のバレッタ

何も飾られていないバレッタ金具も、手作りヘアアクセサリーの立派な材料になる。そして今回は、宝石の型に樹脂粘土を詰めて取り出して乾燥させて、色を塗って宝石のパーツを作った。これを接着剤でバレッタ金具に取り付けると、キラキラ輝いているようなバレッタになった。

セリアという100円ショップや手芸屋さんで買ったパーツを使った高級感あふれるヘアピン

セリアでも手に入る金色のパーツに、ラインストーンやカボションパール、大粒のビジューやカメオを貼りつけて、裏に少し太い接着剤を取り付けると、高級間あふれるヘアアクセサリーができあがる。ちなみに使う接着剤は強力なものを使うこと。

出典:iwearabow.com

真っ白で大きい毛糸のポンポンをヘアゴムに付けて冬にピッタリなヘアアクセサリーに

マフラーや帽子に付ける、毛糸をグルグル巻きつけて作ったポンポンをヘアゴムに付けるだけで、冬にピッタリなヘアゴムになった。これはツインテールやポニーテールに是非とも使いたい手作りヘアアクセサリーと言える。

ごく普通のヘアピンにリボンで作った花を付けるだけでも構わない

ラッピングに使われることが多いリボンにちょっと手を加えて、ヘアピンに付けるワンポイントを作った。中央部分にパールを付けると、ますます女の子にピッタリなヘアピンになる。プレゼントにリボンが付いて来たら、是非やってみるとよい。

茎も付いているバラの造花を輪になるようにまとめると可憐な花の冠になる

100円ショップで買った何本もの造花を針金にグルグル巻きつけていくと、小さい時に草むらで作った花の冠ができあがった。写真は淡い色のバラを使っているが、他の小さな花を使っても大丈夫。ちなみに所々にある緑が全体を引き締める。

取れたボタンを隙間ができないように集めて作ったバレッタも素晴らしい

まずはバレッタの金具に丁度よい大きさに切ったフェルトを貼りつけて、その上にまた接着剤を塗って、小さなボタンをたくさん貼りつけていく。すると雑貨屋さんで売られていそうな、子ども向けのかわいいバレッタができあがった。ちなみに使うボタンは、洋服から取れてしまったものでも構わない。

出典:www.ohohblog.com

正方形のレザー生地に切込みを入れて折りたたんで作った風車ヘアクリップ

折り紙でよく作られることが多い、風車のモチーフをレザー生地やフェルト生地などで作り、中央をボタンで留める。最後に後ろにバレッタ金具やクリップを付けると、夏の浴衣に合わせたくなるような日本らしいヘアアクセサリーになった。

好きな柄の布をそのまま生かして作れるくるみボタンを使ったヘアゴム

余った布切れと専用金具で作る「くるみボタン」は、缶バッチやマグネット、ヘアアクセサリーなどに応用させたいボタンの1つである。もちろんヘアゴムを通してみると、子供に使わせたくなるようなかわいいヘアアクセサリーになる。

出典:uk.pinterest.com

パールを贅沢に使ったコームはウエディングドレスによく似合いそう

今度は幅が狭いコームに、白くて小さな花やワイヤーを通したパールビーズをぐるぐると絡ませていく。するとまるで雪のように美しくて、ウエディングにもぴったりなヘアアクセサリーになった。ちなみにパールは白いので、銀色のワイヤーとコームがピッタリ合う。

出典:iwearabow.com

いらない布を使って蝶ネクタイのようなリボンを作った後はバレッタにアレンジ

バレッタに使いたいモチーフと言えば、やはり蝶ネクタイのような形をしたリボンである。もちろんこれらのリボンは布やフェルトを使って簡単に作れて、あとは裏にバレッタ金具を縫いつければいいだけなので、初心者でも簡単に作れる。

出典:www.nbeads.com

フェルトやレース生地で作った王冠をどーんと付けたヘアクリップ

フェルトを切って王冠を作って、周りにレースを貼っていく。続いて下の部分と上の尖った部分にパールをホットボンドで取り付けて、仕上げに長いヘアクリップを付けると、頭に簡単に付けられそうな王冠ができあがった。

動物の耳クリップだって100円ショップの材料で簡単に作れてしまう

短くて細いヘアクリップに、フェルトを切って作った動物の耳をくっつけるだけで作れる。写真はネコの耳だが、他にもウサギやクマ、リスや犬といった種類も作れて、子供にも大受けすること間違いなし。ちなみにフェルトもクリップも100円ショップで変えるのが嬉しい。

出典:www.dhgate.com

長い髪をポニーテールにまとめるのに使いたいシュシュも忘れずに

ゴムを布で覆って作る、ドーナツのようなヘアゴム・シュシュだって立派なヘアアクセサリーであることを忘れてはならない。これは通常のゴムより髪の毛をまとめるのに役立っていて、思わず違う柄をたくさん作りたくなってくる。

ピンク色を基調とした小さな子どもにピッタリなかわいいカチューシャ

細いカチューシャ本体と、ピンク色のレース、そしてフェルトなどで作った王冠のワンポイントを組み合わせることで、パーティーの時に着けて行きたくなるようなこんなにかわいい子供向けのカチューシャができあがった。ちなみにワンポイントは他の形でも構わない。


よかったら「いいね!」もよろしく♪