銀粘土で作る世界に1つだけのオリジナルアクセサリー!

銀粘土で作る世界に1つだけのオリジナルアクセサリー!

ネックレス、ピアス、指輪などが挙げられる、お店で売られているようなアクセサリーは、銀粘土/シルバークレイで作ると、お店では手に入らない自分だけの光り輝くものが作れる。それらは簡単なものから少し手の込んだものがあるので、オリジナルアクセサリーを作りたい方は是非見てみるとよい。

2018.10.9 UPDATE

1

制作も楽しくて、自分の個性やデザインを入れられるシルバークレイアクセ!

出典:www.amazon.co.uk

これらがシルバークレイアクセサリーを作る上で必要な道具となる

シルバークレイアクセサリーを作る上で欠かせないのが、写真に写っているこれらの道具である。銀粘土を始め、指輪を作るための穴が開いた板や太さが異なっていく棒、焼いていくコンロや紙やすり、磨きをかけるためのブラシなどが揃っている。そして最近はこれらがひとまとめのセットになって販売されていることもある。

小さな円にしてストローや爪楊枝・くしゃくしゃにしたアルミホイルなどで色んな模様を付ける

粘土を薄く伸ばして、小さな円形に切り抜く。続いては表面に模様を付けたりストローで穴を空けて窯でじっくりと焼いて研磨剤やブラシで磨くと、シンプルだけど十分に素晴らしいアクセサリーパーツができあがった。

ミントのような小さい葉っぱを押し付けて模様を作るという手もある

粘土を適当な大きさに伸ばして、その上に摘んだ葉っぱを押し付けて剥がす。すると葉っぱの葉脈が付いたペンダントヘッドができあがる。写真は小さなミントの葉っぱを使っているが、使う葉っぱはモミジやイチョウでも全然構わない。

チャームを作ってチェーンを使ったブレスレットに括り付けていく

お湯につけると柔らかくなる粘土・おゆまるで色んな貝殻の型を取って、そこに銀粘土を詰めて形を形成したり、薄く伸ばしてレース生地などで模様を付けて、色んな形にしたりしたものを1本のチェーンにまとめると、素敵なブレスレットになった。

出典:www.mcsj.co.uk

シルバークレイアクセサリーは自分オリジナルの指輪だってもちろん作れる

普通で買えば2000円から4000円しそうな指輪だって、銀粘土にお任せすれば簡単に作れてしまう。自分の指に合わせて作るので、しっかりとサイズを測ることが重要となる。そして表面には、模様やストーンを付けても全然構わない。

出典:www.mcsj.co.uk

細長くした粘土を応用させて作ったなかなか上品なデザインの指輪

粘土を細くして、指輪を作るための棒に写真のように巻き付ける。すると渋谷のアクセサリーショップで売られていそうな、優れたデザインの指輪になった。これなら、男性でも女性でも気兼ねなく使えること間違いなし。

繊細な模様を刻み込んだハートを作って携帯電話に付けるストラップに

お店では手に入らない、自分オリジナルのメタル製ストラップを作りたいなら、是非ともシルバークレイで作るとよい。写真はハート型にくり抜いて、表面にスタンプで模様を付けて焼き上げて、ストラップ用のヒモを付けるとよい。

ダイヤモンドのようなラインストーンを埋めた縦長の長方形ペンダント

こちらも、作り方もデザインもシンプルだが、ものすごくおしゃれな作品になっている。ラインストーンを付ける時はあらかじめ窪みを作って、チャトン式のストーンを埋め込むという方法が挙げられる。もちろんストーンは透明なものでも色が付いたものでもOK。

宝石のような石を埋め込んでより本格的なジュエリーに仕上げている

本物の宝石のように輝く「合成石」は、熱を加えても大丈夫な石なので、是非とも上質な手作りシルバージュエリーに使いたい。写真で見てわかる通り、色とりどりの石と銀色が見事に調和しているのがわかる。ちなみに天然石は焼くと割れてしまう恐れがあるので、おすすめできない。

プルメリアの花のピアスはハワイアンジュエリーという言葉が似合う

ハワイで有名なプルメリアの花は、色々なアクセサリーのモチーフとして使われることが多い。なので是非ともシルバークレイアクセサリーに取り入れるとよい。花びらにしっかりと模様を付けて、金具を付けると、ハワイアンジュエリーという言葉が似合いそうな作品に仕上がった。

民族風の模様を付けた正三角形のピアスは耳元をおしゃれにしてくれる

今度はシルバークレイのパーツだけにとどまらず、9ピンに通したビーズと一緒に合わせた。シルバークレイパーツは模様をしっかりとつけて、正三角形の形に切っているのが特徴で、一緒に付けている紫のビーズとよく調和している。

紙のような銀粘土を細く切って一つのモチーフとなるようにまとめる

シルバークレイジュエリーに使う粘土には、紙のようにぺらぺらになっているものもある。そしてこれは折り紙のようにたたむこともできて乾きにくいので、じっくりと作業ができる。写真は、何ミリかの幅に切って曲げて、花や蝶の形にまとめているのが特徴。

耳たぶに突き刺すポストピアスもシルバークレイアクセサリーにお任せ

今度は、釘のようになっているポストピアスを作った。もちろんモチーフは自分の好きなものを取り入れて、専用のポストピアス金具を付けているのが特徴。ちなみに後ろに付けるピアスキャッチは、100円ショップでも手に入る。

手間暇かけて丹精込めて作り上げた男性にピッタリなドクロの指輪

これは、非常に手間と時間がかかっている秀逸な一品。粘土でドクロの形を忠実に再現して、男性でも気兼ねなく使えそうなアクセサリーに仕立てあげた。丹念にやすりがけして細かい所も表現して、焼き上がった時にしっかり磨くと、プラチナのように輝く。

真ん中の線に細々としたラインストーンを埋め込んだ羽のペンダント

ふわふわと舞う1枚の羽だって、立派なアクセサリーのモチーフとなる。羽には本物と同じようにスジを付けて、真ん中の部分には窪みを付けるなりラインストーンを付けるなり、色んなアレンジ方法が楽しめる。もちろんこのモチーフは男性でも気兼ねなく使える。

左右対称になっている羽のピアスは優しそうな印象が詰まっている

今度は、左右対称になっている天使の羽をモチーフにして、ゆらゆら揺れるピアスを作った。羽の様子を忠実に再現して、焼き上がった時にやすりやブラシ、固いスポンジなどで丹念に磨いて、よりまばゆい光を放つように作るのがコツである。

貝殻とパールのピアスは夏にピッタリなシルバークレイアクセサリーだ

海辺で拾った貝殻を型取りシリコンや柔らかくしたおゆまるに付けて、型を取る。続いてこねた銀粘土をその型に押し付けて、後はじっくりと焼き上げて磨き、9ピンに通したパールビーズと合わせると、夏にピッタリなアクセサリーになった。

出典:uk.pinterest.com

小さなハート型の穴がチャームポイントとなっているパズルのピース

パズルを完成させるのに欠かせないのが、決まった形状になっている1つ1つのピース。もちろんこれだってペンダントや指輪などのモチーフに使っても全然OKである。角ばっている所、出っ張っているところ、へこんでいる所を再現して、あとはハート型の穴を空けるとOK。

まだ粘土が柔らかいならスタンプを使って名前を刻み込んでもOK

シルバークレイで作ったパーツには、スタンプなどを使って自分の名前や心に残るメッセージを刻印しても構わない。さらに文字の部分を黒く染めると、より本格的なアクセサリーへと変貌する。そしてこれは相手へ送るプレゼントとしても使えそうだ。

ワンポイントも兼ねている留め具パーツが最大の特徴のブレスレット

留める部分はこのアクセサリーの最大のワンポイントになっていて、十分にインパクトがあるデザインになっている。そして太めのチェーンを使うと、男性にもピッタリな立派なブレスレットになった。

メッセージや名前を刻んだ女性にピッタリなバングルブレスレット

Cカンやチェーンなどで繋げたりしないブレスレット・バングルだって銀粘土にお任せ。形を整えたら完全に乾かして加熱して、心を込めて丹念に磨くと、腕を彩る立派なバングルになる。ちなみにこれには名前を入れておくとよい。


よかったら「いいね!」もよろしく♪