デニム生地をあれこれリメイクして素敵な雑貨を作ろう!

デニム生地をあれこれリメイクして素敵な雑貨を作ろう!

ジーンズやジャケットに使われる「デニム生地」は、ありとあらゆる手作り作品に応用されることも多い。それらはもう着なくなったジーンズを加工していて、全く違う形にリメイクされて、物の整理に役立ったりするなど、色々な特徴が見られる。

2018.10.22 UPDATE

CATEGORY

11

毎日使いたくなるような、デニム生地の立派なリメイク作品集!

出典:www.woohome.com

何枚ものポケット部分をいくつも繋げて斬新なガーランドを作った

ジーンズのポケット部分を切り取って、たくさん集めて1本の線に繋いでみると、アメリカンな感じが出ている、こんなに素敵なガーランドができあがった。ちなみにポケットとポケットの間には赤と白の布を重ねたリボンを結び付けるとなおよい。

正方形の形に切って縁に飾りを縫い付けると四角いコースターになった

デニム生地を正方形に切って、周りに飾りとなるものを縫いつけると、気兼ねなく使えそうなコースターができあがった。これを飲み物の下に置いておくだけでかなり印象が出てくることは確かである。ちなみに縫い付ける時は、ミシンを使うと簡単。

出典:www.woohome.com

ポケット部分にナプキンやカトラリーを入れてランチョンマットに

またまた。ジーンズのポケットが付いている部分を加工して作った作品。丁度よい大きさに切って端っこをミシンで縫いつけると、食事にピッタリなランチョンマットができあがった。ちなみにポケット部分には、ナプキンやカトラリーを入れておける。

出典:www.woohome.com

デニムの端切れを輪のように集結させて壁に飾る青いリースに仕立てる

デニム生地をジャキジャキとリボン状に切って、針金で作った輪に絡めていく。たったこれだけで、立派なデニムのリースができあがった。しかもこれは、春夏秋冬いつでも飾れるのが最大の特徴となっている。時々ワンポイントを付けても構わない。

出典:www.woohome.com

ポケットを残して手帳の表紙に貼りつけるとペンを入れられるようになっている

スケジュールなどを書いておく「手帳」の表紙をリメイクしたいなら、ポケットが付いたデニム生地にお任せしたい。金具を通す穴を空けて接着剤を塗って貼りつけるだけでこんなにかわいく生まれ変わる。しかもポケットにペンなどを差し込んでおけるのがとてもありがたい。

出典:www.woohome.com

デニム生地の質感が存分に生かされているシャギーマットもおすすめ

一見お店で買ったようなマットに見えるが、これだってちゃんと1から手作りしているデニム生地作品なのだ。作り方も至って簡単で、デニム生地をリボンのように切っていき、100円ショップでも手に入る滑り止めマットの穴に通して結ぶだけなので初心者でも簡単に作れる。

出典:www.woohome.com

腰回りの部分をそのまま縫い合わせてマチがあるトートバッグにアレンジ

LLサイズのジーンズにちょっと手を加えると、こんなに立派なトートバッグができあがった。材料のジーンズのサイズが大きいので、中に色んなものを入れられる。そして側面のポケットにも、ちょっと物を入れられるというのが嬉しい。

中に綿を敷いていて熱い鍋を持つ時に使うミトンもデニム生地を生かす

デニム生地を2枚合わせて手袋のように縫い合わせると、オーブンで焼き上げた熱い料理を運ぶ時に使うミトンができあがった。デニム生地自体は厚いので、全然手に熱が伝わってこないのが最大の特徴である。そしてフックに引っかけるひももデニム生地で作って、付けておきたい。

縫い目の部分を5mmの幅のリボンに切ってぐるぐる巻きにしてコースターに

デニム生地を細いリボン状に切って、片面だけ接着剤を塗って端からきつく渦巻き状に巻いていく。すると厚みがあるコースターができあがった。ちなみにこちらは、針と糸を使って縫いつけたりする必要がないので、手芸が苦手な方におすすめ。

正方形に切って円錐に巻いた後はひとまとめにして1つの花を作る

生地を正方形に切ったものをたくさん作る。そしてそれらを円錐状に丸めて放射線状にまとめていくと、大きくて立派な花ができあがった。ちなみにこれらは裏に円形の布を貼って、ブローチピンや安全ピンを取り付けると、コサージュとして使える。

円柱型になっていて中には違う柄の布が仕込まれている大容量の物入れ

ジーンズやジャケットを大きく切り開いてミシンで縫い合わせて、円柱状の物入れを作った。この時は内側に柄のある布を貼りつけて縫って、容量も大きくしているのが特徴。そしてこれには雑誌や編み物の毛糸、子供のおもちゃなどを入れておくのに最適。

何枚もの花びらがある花のコサージュはデニム生地で作るとモダン

生地を5枚の花びらを持つ花の形に切って、それを小さい面積の順から重ねていく。仕上げにビーズを通した糸で真ん中を留めて、後ろにブローチピンを付けると、女性にピッタリなコサージュができあがった。もちろんこれは普段着のワンピースに合わせてもよい。

空き缶で作るペン立ての周りに貼りつけてもなかなかかっこいいと感じる

空き缶の上フタを完全に取り外してデニム生地を巻き付けて、周りにワッペンなどを貼りつけた。すると文房具を立てて置きたくなるようなペン立てができあがった。ちなみに空き缶の口の縁は尖っているので、ペンチで潰しておくとよい。

等間隔にデコレーションパーツを貼りつけた犬に付ける首輪を作る

大切な犬につけてあげたくなる首輪だって、デニム生地で簡単に作れることを忘れてはならない。リボン状に切って2枚重ねてミシンで縫っていき、留め具を付けて、周りに色んな飾りを付けることで、飼い主の愛情が伝わりそうなオリジナルができあがった。

ただ編んでいくだけで簡単に作ることができる犬のおもちゃとなる骨

今度は、投げて犬に取ってこさせるのにピッタリな、おもちゃの骨を作った。こちらは針と糸は一切使わず、細く切ったデニム生地をただ編んでいくだけで作れてしまう。両端をしっかりと留めると、どこからどう見ても骨になった。

デニム生地についている表と裏の色を生かして作るクジラのぬいぐるみ

こちらは、子供が喜びそうな手作りぬいぐるみ。デニム生地が持つ青色と裏面の色を生かして、大きな体のクジラを作った。体の形はもちろん、尾びれ、背びれ、両びれも忠実に再現しているのが特徴。これだけ出来がよければ、水族館で売っても悪くない。

出典:emgn.com

ポケット部分をそのまま生かしていてファスナーで開閉する小銭入れ

今度はポケットの形をそのまま生かして、手軽な小銭入れを作った。ポケットの形に添って切ったデニム生地を縫い合わせて、上にファスナーを付けるだけなので簡単である。そしてこのサイズなら、子供のお使いに持たせるのにふさわしい。

出典:emgn.com

首から下げられるように長いひもを付けたペットボトルホルダーもおすすめ

首からぶら下げられるペットボトルホルダーを、デニム生地で作った。所々にバイアステープを貼りつけたり、ボタンを縫いつけると、オリジナル性が出てくる。そしてこれなら、子供の遠足にも使わせておきたい。

濃い色と薄い色の端切れを合わせて立派なクッションを作り上げた

色が濃かったり、薄かったり、ポケットが付いているジーンズを端切れにして縫い合わせて、中に綿を詰めると、デニムのパッチワークという要素が生きたクッションができあがった。これはリビングのソファーに置いても、全然違和感がない。

前で留める金具を使ってヴィンテージ感あふれる立派な指輪を作った

今度はデニム生地だけではなく、ジーンズに使われている留め具も活用して、モダンな指輪を作った。留め具は宝石のように輝いていて、大きさもそれぞれの指の太さに合わせて作っているというのが特徴。もちろん難しい作り方は一切必要としない。

出典:in.pinterest.com

ジーンズを半分に切って開いたものにリボンやバイアステープを付けてエプロンに

料理で使うエプロンだって、デニム生地で作っても全然悪くない。まずは周りをリボンで囲んで、次に首にかけたり後ろで結ぶリボンを縫い付けてできあがり。ちなみにこのデニム生地は、ジーンズを縦半分に切って開いたものを使っている。


よかったら「いいね!」もよろしく♪