愛おしい気持ちになりそうなかわいいかわいい羊毛フェルトのブタ!

愛おしい気持ちになりそうなかわいいかわいい羊毛フェルトのブタ!

肉を与えてくれる家畜になったり、最近では小さいものがペットになっている動物・ブタだって、羊毛フェルトを使った作品の対象になる。小さいものから本格的なものが作れて、ペットを飼えないという人にもおすすめである。

2018.7.20 UPDATE

CATEGORY

0

羊毛フェルトから生まれる、こんなに愛くるしいブタの作品!

出典:www.flickr.com

ピンク色と灰色を混ぜ合わせて作った豚をマーガレットが咲いた庭に置く

薄いピンクと灰色の羊毛フェルトを絡めて作ったブタは、マーガレットの花が咲く芝生の上に置くと、草原の中を駆けまわりそうな印象が出てくる。もちろん写真撮影にも最適であるとも言える。

まるでプロの職人さんが作ったように精巧に作られているのが特徴

これはまるで職人さんが手間暇かけて作ったような、素晴らしい印象が出ている。毛並、表情、体型にすごくこだわっていて、頭には帽子、首にはスカーフが巻かれていて、とてもかわいく仕上がっている。

普通のフェルトを巻いてペロペロキャンディを持ってマスコット風に

真ん丸の体を持つ豚は、フェルトを巻き付けて作ったぺロペロキャンディが持たされている。そして上にはカバンに付けるためのひもが付けられているので、雑貨屋さんで売られていそうなかわいいマスコットができあがった。

出典:www.flickr.com

耳と鼻はフェルトを使ってつぶらな瞳となっている目はビーズで作る

鼻と耳の部分はフェルトを使っていて、目の部分は丸くて小さいビーズが使われている。そして脚の部分はしっかりと立っている様子を表現しているので、いかにもかわいらしい子ブタに仕上がっている。

全体を丸めていて本の間にちょこんと座らせるようにして置いている

手足がなくて小さいけれど、丸みを帯びているので十分にかわいらしい。そしてこの作品は、写真のように開いた本の間に乗せたり、上にひもを付けてマスコットやストラップにしても構わない。

工夫次第で指を通して遊ぶ立派な指人形にもなることをお忘れなく

体の部分は人差し指が通せるような空洞を開けて、フェルトで作る耳の部分は少し折れ曲がっているようにするのがよい。そしてこれは、子供が遊ぶのに最適な、指人形となっている。

出典:www.etsy.com

豚の品種には白に黒いまだら模様が付いたものもあるのでそれも作りたい

豚の品種には、肌色だけではなくまだら模様が付いているものもある。もちろんこれだって羊毛フェルトで簡単に再現できるというのがとてもありがたい。

出典:www.bearpile.com

メルヘンチックに作った子豚ちゃんには布で作った帽子を付けてもOK

かわいく仕上がったブタには、布を縫って作った円錐形の帽子を被せてもOKである。そして首にはレースのようなリボンを結び付けてあげると、ますますかわいくなってくる。

出典:www.demilked.com

頭にはリボン・腰の部分には透けているフリルのスカートを付けて

今度は飾りに使う、手芸用の小さなリボンを頭に付けて、網のような布生地で作ったフリルのスカートを着せている。こちらもメルヘンチックでかわいらしく仕上がっていて、ずっと飾っておきたくなる。

羊毛フェルトの豚はだいぶ古ぼけているブリキバケツに花と一緒に盛る

水を汲むのに使うブリキ製のバケツに、ブタと造花を飾り付けると、いかにも雑貨屋さんにありそうなかわいい飾りができあがった。もちろんブタはバケツから顔と体を出しているような感じにするのが特徴である。

出典:www.etsy.com

4本の脚でしっかりと立つ本来の姿の豚を羊毛フェルトで表現した

しっかりと固めて作った4本の脚で、立っている様子を表現している。このような形状のブタは、羊毛フェルトの質感や色合いと調和して、実によく作られているということが実感できる。

出典:www.etsy.com

日本では見かけない品種となっている白黒と薄い茶色の模様の豚

またまた、異なる品種のブタを作った。今度は少しまだら模様がある薄い茶色と黒と白色の品種を作っていて、顔や体の向きも少し工夫しているというのも素晴らしい。

出典:www.flickr.com

表情はなかなかユニークなものにして外側に着ぐるみを着せている

今度は羊毛フェルトで作った着ぐるみと合わせて、とても可愛らしく仕立てあげている。着ぐるみの種類は、サル、クマ、ウサギ、トラなど色々あるが、外すことはできないということを忘れずに。

出典:www.etsy.com

イギリスで生まれてアメリカでメジャーとなっている白と黒のハンプシャー種

大部分を占めている黒色と、少しの白色が見事に調和した「ハンプシャー種」という品種のブタも、なかなか愛嬌があるので羊毛フェルトで作っておきたい。たまにはこのような違う品種もかわいい。

赤ちゃんや子どもがとても喜びそうな非常に愛らしい表情と体つき

赤ちゃんやまだ幼い子供にプレゼントしたい、かわいい表情を取り入れたブタ。これだけの表情を作り上げるのはなかなか難しいかもしれないが、完成したら商品として売れそうである。

出典:www.bearpile.com

髪をとかす櫛などで毛並を整えるとますますよい仕上がりになってくる

羊毛フェルトで作ったブタの毛並は、きれいに整えておくと見栄えがよくなってくる。ちなみに整えるのに使う道具は、人間が髪をとかすのに使う櫛が適している。

出典:www.etsy.com

足が長くて肉質もよいとされているヨークシャー種も羊毛フェルトで作りたい

今度は肉質がなかなかよいとされる、ヨークシャー種のブタを作った。これもしっかりと脚を立てると、なかなかかわいらしい感じが伝わってくる。

出典:www.etsy.com

2匹の子豚が仲良く寄り添っている様子は見ているだけで癒される

2匹の子ブタが仲良く寄り添っていて、とてもかわいい。そして何よりつぶらな瞳と薄いピンクの体が見事に調和していて、見つめられるともうたまらなくなってしまう。

出典:www.flickr.com

長く伸びている耳が特徴的で全体がコロンとした形状になっている

今度は耳が三角形のようにとがっておらず、丸みを帯びた羽のような形状になっているのが特徴。こちらは目がすごく小さいが、かわいい子ブタであることには全然変わりはない。

出典:www.flickr.com

マスコットにしても悪くない出来栄えとなっているコロンとした形

ころんとした形を保っていて、ひもを付けるとかわいいマスコットになりそうな出来栄えの子ブタちゃん。耳の空洞部分や鼻の部分は濃いピンクのフェルトで作られていて、つぶらな瞳と調和している。

かぎ針編みで作ったマットのような土台に乗せると引き立ってくる

毛糸を丹念に編んで作ったマットに、お座りしている子ブタを乗せた。毛糸で作ったマットは小さいかもしれないが、子ブタとしっくり馴染んでいるのが伝わってくる。

独特のぶち模様が特徴的な黒豚と白豚の雑種だって作っておきたい

ブタはいくつかの品種を掛け合わせて作った雑種もいるので、ぜひとも羊毛フェルトに取り入れておくべきである。今回は黒い品種と白い品種が掛け合わされてできた、まだら模様のかわいいブタを作った。

出典:www.etsy.com

灰色の豚はピンク色のかわいい豚とは異なる魅力が秘められている

所々に黒い模様があるが、全体は灰色で統一されているブタもなかなかかわいい。ちなみに灰色のブタは、何だかクールな印象があって、これはこれでかっこいいと感じる。

首にラッピングで使われていた赤いリボンを巻き付けてかわいくまとめた

立体的に作った羊毛フェルトのブタは、首にリボンを巻き付けるとなかなかかわいいという印象が見られる。そして今回は手足に粘土で作ったひづめを付けているのも特徴である。

出典:www.flickr.com

肝心の胴体は丸みを帯びた形状となっているのがなかなかの魅力だ

こちらは、初心者でも簡単に作れる、簡易な形だけど十分にかわいい作品である。体全体は丸みを帯びていて、脚もしっかりと立つように工夫していて、そして何よりとぼけたような表情がたまらない。

びしっと整ったシルクハットを頭に被せてジェントルマンのように

愛くるしい印象のブタが、羊毛フェルト製のシルクハットによって立派な紳士のように見えている。そして手足の先に付いているひづめの部分もシルクハットに合わせて、黒くしているというのも特徴である。

黒い糸のみでつぶらな瞳・特徴的な鼻・口を作って至ってキュートにしている

こちらは、今までの中で一番シンプルなブタとなっているが、なかなかかわいいということに変わりはない。これだけ丈夫にできていれば、商品として販売することもできる。


よかったら「いいね!」もよろしく♪