クリスマスツリーに飾るオーナメントはフェルトで手作りしよう!

クリスマスツリーに飾るオーナメントはフェルトで手作りしよう!

クリスマスツリーに飾りつけるオーナメントは、お店で売られている既製品でも構わないが、フェルトを縫い合わせてハンドメイドしても全然悪くない。そしてできあがったオーナメントは手作りの温もりや柔らかい印象にあふれている。

2018.7.4 UPDATE

0

フェルトを縫って綿を詰めて、ツリーを盛り上げるオーナメントを作ろう!

出典:www.etsy.com

パステルカラーのアイシングに見立てたフェルトににこにこした表情を付けて

薄い茶色とパステルカラーの黄緑とピンク色を縫い合わせて、中に少し綿を詰めて、仕上げに引っかけるためのひもを付けて、お手製のクリスマスツリーオーナメントを作った。そして表面には、糸とフェルトでかわいい表情を作り上げている。

所々欠けている食べかけのジンジャーブレッドも立派なオーナメントに

クリスマスになったら子どもと一緒に焼き上げたいショウガ入りのクッキー・ジンジャーブレッドを、茶色のフェルトで作った。しかも今回はかじった跡があって、表情やボタンなどの飾りも付いている。

フェルト製のオーナメントは工夫次第で色んな種類を生み出すことができる

色んな色のフェルトを縫い合わせて、ありとあらゆるクリスマスオーナメントを作った。ちなみにフェルトは布になっている定番のフェルトだけではなく、寄せ集めて使う羊毛フェルトも使っている。

出典:whileshenaps.com

本物そっくりの質感を出しているようなキュウリのピクルスオーナメント

ハンバーガーの付け合わせに出てくる、キュウリのピクルスを緑のフェルトで作り上げ、そのままクリスマスオーナメントに加工した。ちなみに表情を付けるとますますかわいくなり、子供のおもちゃとしても使える。

使う材料はフェルトだけにとどまらず柄がある布でも全然構わない

今回の手作りオーナメントの材料は、ほとんどフェルトだが、クリスマスらしい柄が付いている布から作っても全然悪くない。その材料から作っても全然違和感がなく、むしろクリスマスツリーを盛り上げてくれるという印象がある。

チョコレートやカラーシュガーなどでデコレーションしたドーナツ

溶かしたチョコレートを塗って、上にカラーシュガーやカラースプレーなどでデコレーションしたドーナツも、フェルトで作ったオーナメントにしておきたい。

今まで作ってきたオーナメントはクリスマスツリーに飾るともう圧巻

今まで紹介してきた、ハンドメイドのフェルト製オーナメントを背が高いクリスマスツリーに飾ると、もう素晴らしい出来栄えになる。市販の飾りと一緒に飾っても全然違和感がなく、むしろ子供に好まれそうである。

出典:www.flickr.com

細かくてキラキラしたラインストーンで輝きが出るようにデコレーション

色んな緑色のフェルトを縫って作ったクリスマスツリーには、細かいラインストーンをピンセットでつまんで接着剤で貼りつけていくと、まるでイルミネーションが灯ったようなツリーとなった。

やっぱりクリスマスを盛り上げるお菓子はアイシングクッキーが該当する

クリスマスの定番お菓子となっている、砂糖と卵白を混ぜたアイシングでデコレーションしたクッキーだって、オーナメントに取り入れておきたい。もちろんこれは白いフェルトで簡単に作れる。

クリスマスにふさわしい数々のお菓子のモチーフも取り入れておきたい

ジンジャーブレッドの生地、あるいはバターを贅沢に使った普通のクッキー生地だって、アイシングやチョコペンでデコレーションすれば、素晴らしいクリスマスクッキーになる。そしてそのモチーフは、フェルトで作るオーナメントにも取り入れたい。

出典:liagriffith.com

おとぎ話の物語で出てきそうな傘の赤いキノコだってかわいいのでお忘れなく

おとぎ話の世界に出てくるような、傘が赤いキノコだってフェルトで作って、ツリーに引っかけるオーナメントにしておきたい。そしてキノコの笠には、白い斑点を付けるのも忘れずに。

包丁で切って初めてわかる果物の断面図のオーナメントもフェルトで楽々作れる

包丁で果実を縦に切った時に見られる、果物の断面図。種類は洋ナシとリンゴだけだが、さらに工夫を凝らすとオレンジやレモン、グレープフルーツやキウイなどの種類も作れる。

出典:www.flickr.com

ジンジャーブレッドを円形のフェルトに縫い付けてメダルのように

1枚の茶色いフェルトで作ったジンジャーブレッドは、柄がある円形の布に縫い付けられている。2つの要素が加わって、なかなかユニークなデザインのオーナメントになった。

こちらの形は何とアメリカ合衆国を形成している1つ1つの州である

たまには趣向を変えて、アメリカ合衆国を形成している1つ1つの州を作っても全然構わない。形は本物と同じように精巧にする必要はないが、飾ってみるとかなりツリーを盛り上げてくれている。

今度もアイシングクッキーだがかわいらしい表情が付いているのが特徴

型で抜いたクッキーには白いアイシングが塗られ、ビーズと糸、チャコペンによる表情が付けられていて、上の方には小さなリボンが縫い付けられているのが特徴である。やっぱりリボンが加わることで、よりかわいくなる。

違う色のフェルトを組み合わせてラインストーンを飾って立派なツリーに

緑だけではなく、灰色のフェルトも使っているツリー。違う色でもこんなに重なると1つのツリーとなって、さらにラインストーンが加わると、こんなにきれいなオーナメントとなった。

出典:www.bhg.com

2色のフェルトをいくつも合わせて立体的な松ぼっくりを作り上げた

松の木から実り、色々手を加えてアレンジすることができる松ぼっくりを、2色のフェルトで作り上げた。これもなかなかよくできていて、クリスマスツリーのオーナメントにしても全然悪くない。

出典:www.flickr.com

同じくフェルトで靴ったヒイラギを飾ったココア生地のアイシングクッキー

濃い茶色のフェルトで作ったココア生地のクッキーには、赤や緑の刺繍糸で縫い付けられた白いフェルトのアイシングがあって、仕上げに緑と赤のヒイラギが付いているのが特徴。

出典:www.etsy.com

クリームでデコレーションしていてキュートな表情も付いたカップケーキ

上にホイップクリームをてんこ盛りにしたカップケーキも、クリスマスパーティーで出しておきたいデザートである。もちろんフェルトで作るオーナメントにも取り入れて、仕上げにかわいい表情を描いておきたい。

出典:cutesycrafts.com

靴下の中で顔を出して気持ちよさそうに眠っているネズミのサンタクロース

サンタからのプレゼントを受け取るのに欠かせない靴下に、サンタクロースのネズミが眠っている様子を加えている。ちなみに靴下は既製品でもフェルトを縫い合わせて作ったものでも構わない。

出典:cutesycrafts.com

ボタンを縫い合わせて雪が降り積もっているたった1つの風景を作る

円形に切った布に、しんしんと降り積もる雪の風景を作り、その上にボタンを使ってトナカイと雪だるまを作った。1つの円に収まっているこの風景は、いかにもクリスマスらしいムードが出ている。

出典:www.purlsoho.com

フェルトオーナメントを飾る場所はクリスマスツリーだけにとどまらない

フェルトで作ったオーナメントは、もみの木のクリスマスツリーだけにとどまらず、いくつも分かれている枯れ枝に飾っても構わない。そして今回の飾りは、綿を詰めずに細く切ったりひねったりしている。

出典:sklinda.blog.hu

雪の結晶の模様を縫い付けた暖かみがあふれるミトンのような手袋

オーブンで焼いたものを取り出すのに欠かせない、分厚い手袋・ミトンはフェルトで作るとかなり手作り感があふれてくる。そしてこのミトンには、白い刺繍糸で雪の結晶模様が縫い付けられている。

出典:www.craftsy.com

幸せを運んでくれそうで羽に素敵な刺繍模様が付けられているハト

平和の象徴となっているハトを、フェルトを合わせて縫い付けて中に綿を詰めて作った。そして羽ばたくのに必要な羽の部分に刺繍糸で連結した葉っぱをあしらうと、ますますクリスマスに幸せを運んでくれそう。

出典:betzwhite.com

甘酸っぱいジャムがぎっしりと詰まっていそうなラズベリータルト

ラズベリーのジャムを敷き詰めた、タルトをフェルトで作って、そのままオーナメントにアレンジした。タルト生地を交差させて、中心部分にヒイラギの葉っぱを飾って、ますますクリスマスらしさを出している。

クリスマスに飾るオーナメントの形に切ったフェルトを縫い付ける

背面となるフェルトに、同じくフェルトを切って作ったオーナメントを縫い付けて、新たなオーナメントを作った。ちなみにこれは連結してガーランドにしても全然構わない。

赤と白の背景に反対の色となる糸で雪の結晶を縫い付ける手もある

白または赤のフェルトを、ハート型や星形に切って雪の結晶を縫い付けて、縫い合わせて綿を詰めていく。すると赤と白が見事に調和している手作り感あふれるオーナメントになった。

クリスマスイブに欠かせないプレゼントを入れる靴下だって忘れずに

クリスマスプレゼントを入れる靴下は、フェルトで作るオーナメントに非常にふさわしいデザインとなっている。そしてできあがったらヒイラギと雪の結晶を縫い付けて完成。

余った端っこをまっすぐなリボンになるように切って蛇腹状に折る

オーナメントを作っている時に、余ってしまった中途半端なフェルトを等間隔の蛇腹状に折って、糸で上から縫い付けていくと、今まででは見られなかった飾りができあがった。


よかったら「いいね!」もよろしく♪