ムードを出して雰囲気を盛り上げる!ランタンのクリスマスデコレーション!

ムードを出して雰囲気を盛り上げる!ランタンのクリスマスデコレーション!

暖かな光を灯すランタンは、クリスマス仕様のものも出てきている。それは既製品に飾りを加えて作る物を始め、塗装を加えたものなど、色々ある。中にはこんなにかわいいデザインのものも出ているので、あちこちに飾るとクリスマスムードが豊かになる。

2018.3.19 UPDATE

CATEGORY

0

聖なる夜を盛り上げる!理想のクリスマスランタン飾りを集めました!

出典:www.digsdigs.com

松ぼっくりとナナカマド、リボンを巻き付けて

市販の白いランタンの中にLEDキャンドルを置いて、所々に黒くて小さい星のシールを貼り付け、窄まっている所にリボンや松ぼっくり、松の枝、そしてナナカマドの実を括り付けるだけで、クリスマスらしさ満点の逸品になった。

少しくすんだブリキ板で、街の建物を作っている

次は、少し古ぼけていてくすんだようなブリキの板に窓となるような穴を開けていて、中に収めたロウソクの炎がそこから溢れるようにしている。何種類かを用意して並べて、部屋を暗くして中に明かりを灯すと、まるで暖かな街並みのようにも見える。

赤いリボンもなかなかおしゃれ

やっぱりクリスマスには、プレゼントを包むのに使う赤いリボンも不可欠。だから一番最初に紹介したランタンに加えても全く悪くない。リボンと松の枝、そして松ぼっくりが1つとなって、かわいさを出している。

大きな容積で、木の温もりが伝わる

枠や土台は板でできていて、容積はかなり広く中には松ぼっくりや太いキャンドル、松の枝などをぎっしりと詰めている。そしてフタの部分はしっかりと留められるように金具も付いているのが特徴。

出典:www.flickr.com

ツリーのオーナメント

黒く塗った厚紙を本体に使って、模様を貼りつけた和紙を窓となる部分に貼る。後は組み立てて中にLEDキャンドルを置いて、上にひもを付けるとクリスマスツリーにふさわしいオーナメントになった。

真っ白い本体に飾りが映える

骨組みや屋根の部分は雪のように真っ白で、透明な窓からは中にぎっしりと詰めた赤いクリスマスオーナメントがくっきりと見えている。さらには外側にも赤と緑といった、クリスマスカラーの飾りを付けているのもよい。

瀬戸物のランタン

今までは薄い鉄の板や木材などを使ったランタンが殆どだったが、こちらは白い陶器となっている。もちろんキャンドルを入れる穴や光がこぼれる穴もしっかりと付けていて、シンプルだけど温もりがあふれている。

屋根と土台が金色

土台と屋根は金色となっていて、両側を繋げている骨組みは黒色となっている。そしてその中には、緑の松の枝と金色のオーナメント、松ぼっくりがぎっしりと入っていて、少し高級な感じを出している。

太いロウソクを中に収める

クリスマスになると当たり前に使われる、白くて太いロウソクをどーんと置いている。もちろんその周りや外側にも飾りをあしらっていて、いかにも幸せなクリスマスを迎えられそうな印象を出している。

綿で作った雪の大地に乗せて

小さめのクリスマス風ランタンは、綿を敷き詰めて作った雪の大地に乗せても悪くない。そしてその背景には電飾を飾った枝が立っていて、ますます冬らしい素敵な雰囲気を出しているのが伝わってくる。

内側に、蛍光塗料を塗る

こちらはクリスマスだけにとどまらず、野外のアウトドアやガーデニングの立派なインテリアになりそう。内側には暗い所で光る蛍光塗料を点になるように塗っていき、小さな緑の世界を作っている。

出典:www.digsdigs.com

素敵な建物

どーんと構えていそうなヨーロッパ風の建物を模っているが、これも立派なランタンとなっている。薄い紙を使った窓からは暖かな光がこぼれるので、1個だけではなく複数用意して、階段の隅に置いて光らせたい。

ウサギの飼育小屋

白い屋根と枠組みのランタンの中には、ぬいぐるみあるいは羊毛フェルトで作ったウサギが収められていて、外側にはうさぎの鉱物であるニンジンが括り付けられている。たまにはこういうかわいい情景を取り入れても悪くない。

自然の風景

容積がかなり大きくて、中には太い枝や小鳥の模型、さらには額縁に収めた絵画などをぴったりと入れている。これだけ大きいならカフェやレストラン、ペンションなどの飾りにふさわしい。

出典:weheartit.com

雪の結晶を貼りつける

ランタンのガラス窓には、しんしんと降り積もる雪の結晶を貼りつけても全然構わない。結晶の間から光がこぼれると、誰の心も温かくなって和んでくる。

窓辺に置く

明かりが灯ったランタンは、窓辺に置くとよい。そして今回は背景がとてもよいので、明かりが灯ると調和して、ますます素晴らしい情景を作り上げている。これぞまさに冬の時期にふさわしい。

出典:gemmastyles.com

外の木々にぶら下げる

紙で作って、中に電球を入れているランタンをたくさん作ったら、生い茂っている木の枝にぶら下げると、暗くなった時に立派なイルミネーションになるのがわかる。なお電球はLEDキャンドルでも構わない。

出典:www.flickr.com

雑貨屋さんのインテリアにもなりそう

今回のテーマとなっているランタンは、家に飾り付けても構わないが、かわいい商品を売る雑貨屋さんの立派なインテリアにもなりそう。なおこれは明かりを灯して、クリスマスの時期だけに飾っても構わない。

出典:www.flickr.com

高さが異なるロウソクを3つ納める

大きさとデザインがそれぞれ異なっているランタンに、高さが異なるロウソクをひとまとめにして収めている。ちなみにこの中に火を付ける時はチャッカマンのような先端部分が長いライターがおすすめ。

草原に生きるトナカイを収めて、そばに燭台を置く

見た目はまるでサーカス小屋だが、これだって立派なランタンとなっている。しかしこの中にはトナカイの小さなオブジェを入れていて、すぐそばにはロウソクを乗せる燭台が置かれている。この組み合わせはまさに、銀世界という言葉が似合う。

ロウソクの周りに赤い実を飾る

中の中心にどーんと大きなロウソクを置いたら、周りにナナカマドなどの赤い木の実を飾っていく。ちなみに実はロウソクの3分の1を占めていて、ランタン自体のデザインもなかなか素晴らしい。

出典:weheartit.com

窓ガラスに、雪のようなラメを貼る

これはしんしんと降り積もる雪の時期にぴったりなランタン。全体はくすんだブリキとなっているが、窓ガラスにはネイルアートやレジンで使うラメがまぶされていて、輝く星のかけらシールも貼られている。

木箱の中に入れる

キャンプで使う、正規の形のランタンを、色んなものを詰め込んだ木箱に収めた。ちなみに詰め込んでいるものは、まとめたリボン、ナナカマドの実、松ぼっくり、松の枝などで、その量はてんこ盛りとなっている。

玄関に置くのにピッタリなサイズ

今まではテーブルや棚の上に置くのにぴったりなサイズだったが、今度は昔ながらの行燈(あんどん)と同じような大きさになっていて、玄関や外にどーんと置けるようになっている。

金色のオーナメントを詰め込む

先ほどのものとほぼ同じ大きさをしたランタンに、金色のオーナメントボールを詰め込んで、上にアルファベットの形をしたオーナメントを飾り、階段の上に設置した。全体の白い色と金色は、見事に調和している。

使わなくなった辞書を土台に

こちらも、かなり容積が大きいランタン。横にした分厚い辞書もきちんと収まり、その上には鳥やリスのオブジェ、さらには木の枝などが飾られている。これはまさに、小動物が戯れる、緑豊かな自然の風景だ。

イルミネーション用LEDを使って

空っぽになっていて容積も一回り大きいランタンの中には、細かい光を放つライトが入れられている。ちなみにライトの電球は、ワット数が高ければ高いほど眩しい光を放ち、特にLEDのものがオススメ。

サンタクロースを収める

クリスマスで一番欠かせない存在・サンタクロースの人形を飾り付けた。もちろんサンタだけではなく他の飾りを入れておくと、ますますランタンがクリスマスらしくなって来て、これだけ大きければ玄関に飾りたくなる。

空き瓶にライトを詰める

ジャムなどが入っていた口の広いビンにクリスマス用イルミネーションライトをぎっしりと詰めて、後はコンセントを繋いで光らせてみるだけでも手作り感あふれるランタンは生まれる。ちなみにお好みで、口の部分にリボンをかけても構わない。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪