クールで冷静な印象がある青/ブルーを取り入れた清涼感満点インテリア!

クールで冷静な印象がある青/ブルーを取り入れた清涼感満点インテリア!

海や空の色に当てはまる、青/ブルーは、品性がある、心を落ち着けてくれる、常にクールで冷静沈着、さらには集中力を高めてくれるというイメージがあるので、インテリアにも積極的に取り入れたいという人が出ている。

2018.4.5 UPDATE

0

多くの人から好感度を得ているブルーを取り入れた、冷静あふれるインテリア!

濃い青の壁、水色に近い青のソファー

壁の色は濃い青色で、その手前にあるソファーは水色のような明るい青色となっている。例え濃さがそれぞれ異なっていても、しっくりと調和して青の魅力を伝えていることには変わりはない。

明るい水色のタンスと合わせて

今度の壁は、藍色(あいいろ)という種類の青色が付いていて、その手前にはかなり明るい水色のタンスが置かれている。そしてタンスは上に花瓶などを置けるようになっていて、引き出しは正方形なのも特徴。

淡い灰色と青を融合させた壁

男性用のYシャツにも使われる、少し灰色のような紅碧(べにみどり)という淡い色を壁にあしらって、くぼんだ所には青いマットレスとクッションを置いて作ったソファーが置かれている。

まるで海の中みたい

孔雀青(くじゃくあお)と呼ばれる、クジャクの羽のような冴えた青色が壁一面に塗られた。壁は少し凸凹しているような感じになっていて、窓から差し込む光によって照らされ、海のように美しく映えている。

舛花色(ますはないろ)のキャビネット

部屋の隅には物を入れられる、背が高いキャビネットが置かれている。しかもそのキャビネットは、扉がガラス張りになっていて、中に入れたものを見られるのが最大の特徴。

濃さが徐々に変わってきている

こちらも、青やその系統の色の魅力を、思う存分訴えているインテリアとなっている。濃い青色から徐々に薄くなり、最後は淡くなっていくという表現となっていて、何だかとても神秘的だ。

出典:hid360.com

青い額縁に収めた、青い絵画

紺色の額縁には、白い画用紙に青の色鉛筆で描いた数々の絵画が収められている。どの絵も非常に繊細な濃淡やタッチが生かされていて、見る人の心をしっかりとつかみそう。

白と青は、ベストコンビネーション

青色と白色は一緒に組み合わせると最高で、このペアはファッション及びインテリアでもよく使われる。そして何より暑い夏の時期にピッタリで、清涼感を生み出すこともある。

あっさりとした、勿忘草色(わすれないろ)

女性が着る夏用のワンピースにふさわしい、軽くて清涼感あふれる勿忘草色を壁の3分の1当たりにあしらって、さらには茶色いテーブルに合わせる椅子もその色にしている。ちなみにこの色も白としっくり調和する。

筒抜けになっている収納棚

壁にしっかりと取りつけられているのは、背面が一切取りつけられておらず、向こうまで筒抜けになっている、長方形や正方形を敷き詰めた簡易な収納スペースだ。そこには水色や紺色をした小物が飾られている。

出典:weheartit.com

水色も、立派な青の仲間

濃い青に白を混ぜて作られる水色/空色は、明るい印象があるので、積極的にインテリアに使われる。ここから光が差し込んでくるとより明るくなって、何より清涼感を感じられる。

デニム生地

ジーンズやジャケットに使われるデニム生地は、きれいな青色をしていることを忘れてはならない。そしてそれを繋ぎ合わせると、立派なソファーやクッションカバー、さらには床に敷く絨毯などに応用できる。

少し藍色に近い

今度の壁は、昔ながらの方法で作りだす染料・藍色でムラなく染めている。その手前に置かれているベッドの上には、藍色のクッションやベッドカバーが置かれていて、全体にしっかりとしたまとまりが出ている。

紺藍(こんあい)の色

紺色と藍色を融合させた、紺藍と言う色は、まるで朝顔や夏の浴衣に使われていそうな、紫色に似た色と言える。だからインテリアに使っても全然OKで、なかなかの美しさや深みも十分にある。

麗しき藍色(あいいろ)

普通の青や紺色よりも暗い藍色は、深い伝統が生きていると感じられるような色で、多くの人の心を和ませそうだ。そして現代の家の中のインテリアにもはっきりと映えるので、ますます重宝されている。

中身が見える戸棚

ほぼジーンズのような青色を、ガラス張りの大きな戸棚に塗りつぶした。ちなみにガラスは正面の扉や横の側面などに貼られていて、中に収めたものを見られるようになっている。そして上に空間があったら、不要なものも置いておける。

出典:www.houzz.jp

黒っぽい濃藍(こいあい)

ほとんど黒というイメージが強い、濃藍を1つの壁にムラなく塗った。たった一か所だけでもはっきりと目立っていて、周りとよく調和して、お好みで飾りを加えても構わない。

壁とソファーは、ほぼ同じ色

今度は青藍(せいらん)と呼ばれる藍色の仲間を取り入れた、壁とソファーが置かれている。壁の手前にソファーが置かれているので、その境目は一目見ただけではわかりにくいが、穏やかなリビングを作っている。

食器をしまう収納棚

台所の土台に必ずある、食器や調理道具などをしまって置ける収納スペースの扉にも、深い青色、藍色は適している。ちなみに自分で色を塗装したい場合は、手軽に貼れてはがせるカッティングシートがおすすめ。

きちんと塗れてなくてもOK

ペンキで付ける壁の色は、きちんと塗れていなくても大丈夫。むしろムラがある方が返ってよい印象を出していると感じる人もいて、中には濃さが違う2つの色を、境目があいまいになるように塗る人もいる。

出典:wannaone.com

上にはゆったりとくつろげるソファー、下には色んな柄の布

上には、疲れた時に座ると思いっきりくつろげそうなソファーがあって、下には壁に素敵な絵柄の布が貼られている。どちらも美しい青色をしていて、家の中の立派なインテリアを醸し出していることがわかる。

出典:wannaone.com

色々な形の収納スペース

写真の大部分を占めている上のキャビネットは、上から見ると少しデコボコしているのがわかり、容積がたくさんあって、さらには上にも物を乗せることもできる。そして左下にある棚は、底に色を付けた木箱を繋ぎ合わせて、ユニークな形になるように作っている。

緑色のソファー、大きな絵画と調和

青藍(せいらん)と言う名の青色をした壁には、白い額縁に納まった立派な絵画が飾られ、その手前には濃い緑のゆったりとしたソファー、さらにはテーブルも置かれている。それぞれは、例え異なる色合いでも全体をまとめてくれる。

所々のライトで、より引き立つ

壁全ては青色で、床に置かれている数々の家具や緑の植物が植えられた植木鉢がくっきりと目立っている。さらに所々に付けた照明が点くことで、空間全体によりよいムードがあふれてくる。

灰色の壁と床と馴染む

鉄紺(てつこん)と呼ばれる、黒に近い紺色をした1つの壁とカーペット、そして椅子は、酢白い天井、濃い灰色の壁、淡い灰色とよく調和していて、暗いけれど十分に大人っぽい洗練されたインテリアを作り出す。

これが本来の青色

今までは青色そのものにあれこれ手を加えた色をインテリアにしてきたが、今度はスタンダードな青色をインテリアに取り入れている。やはり多少のムラ、濃さの違いはあるが、これが本当の青色だと、心から実感する。

デニム生地で作った枕

ジーンズを作るデニム生地、あるいはそれに類似した生地を縫い合わせて、眠る時に使う枕を作った。これはまさに男性でも気兼ねなく使えそうで、白いシーツの上で映えている。

明るい空色

家族で囲む食卓を構えたダイニングの壁は、明るい空色となっている。壁には大きめの絵画を飾っていて、窓から差し込む光によってより輝いて見える。これなら毎日美味しく食事がいただけそう。

青い柄のカーテン

窓にあしらうインテリアと言えば、何と言っても光を遮る役割を果たすカーテンだ。そして今回使われているカーテンは、白い背景に青くて美しい模様が描かれていて、ますます窓から差し込む光を引き立てている。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪