曇りもなく透き通ったガラスインテリアは日常に馴染む!

曇りもなく透き通ったガラスインテリアは日常に馴染む!

無色透明で、曇り一つすらないガラスを使ったインテリア雑貨は、日常生活を引き立ててくれて 私たちの心をクリアにしてくれる。それは大きなものから小さなもの、さらにはアイデアを凝らして自分で作ったものなど多岐に渡っており、何より透明が買ったものは、女性男性問わず受け入れられる。

2018.4.4 UPDATE

0

透明なガラスのインテリア家具・雑貨は日常に浸透すること間違いなし!

ガラスのランプシェード

天井からぶら下がっている電球をよりおしゃれにする、ガラスのランプシェード。不思議なことにこれが加わると、電球の光をさらに強調しているようにも見える。

黒い枠で囲まれた、障子のような扉

両側にスライドさせて開閉する、画期的なデザインの扉。枠は黒い格子状になっていて、中に貼られているのは、和紙の障子ではなく割れにくいガラスとなっているので、なかなか素晴らしい出来栄えに見える。

出典:laurenconrad.com

リビングに置くテーブル

一家団欒のリビングにどーんと構えておきたいテーブルも、ガラス張りのものが適している。この上にティーカップなどの食器や花瓶を置いておくとすごく見栄えがよくなって、窓から差し込む光によって、ますます輝く。

植物を生ける小ビン

100円ショップでも簡単に手に入る、なかなか捨てがたいかわいいデザインの小瓶は、水を入れて天井からぶら下げて、花や植物を生けても構わない。ちなみに水を取り替えずに生けたものを長持ちさせたいなら、水に少し台所用洗剤を混ぜるとよい。

空きビンをリサイクル

お酒やジュースなどが入っていた空き瓶は、資源回収に出しても構わないが写真のように花瓶としてリサイクルしても全然悪くない。なお空き瓶の活用方法は、中に花と専用の液体を詰めるハーバリウムというインテリア雑貨に加工することも当てはまる。

両開きの扉

カーテンが付いたこの格子状の扉は、下まで行き渡っていて両開き式になっている。ここからたくさんの光が差し込んできて、気持ちよく朝を迎えられること間違いなし。

大切なものをしまうガラスドーム

容積や見た目共に大きいガラスドームの中には、羽ペンやインクなどが収められているが、人によっては、アニメのフィギュアやクリスマス用のイルミネーションライトなどを詰める場合もある。

出典:decozilla.com

天井からぶら下がっているシャンデリア

しずくの形をしたガラスの飾りが贅沢についている照明・シャンデリアは誰もが憧れる高級なインテリア家具と言える。そしてそれが吊るされている空間は、周りの風景も合うように色々工夫されている。

透明な箱

こちらも、飾っておきたい大切なものを保管する役割を果たしている。下の土台は黒になっていて、中に入れたものが引き立ってくるような印象がある。ちなみにこの中には、季節に合わせたものを入れても構わない。

下が丸見えになっている床

背が高い東京タワーや東京スカイツリーなどに必ずある、透明な床は、そこに立っているだけでスリルとぞわぞわした感じを味わえるので、思わず家の中に取り入れるということも出てきている。

フラスコの花ビン

化学の実験で使う、丸いのと三角形になっているものがあるフラスコは、水を詰めると立派な花瓶になることを忘れてはならない。これはまるで、理科が好きな人におすすめなアレンジ方法と言える。

先が細くて、容積が大きいビンを活用

注ぎ口が管のようになっていて、容積もたっぷりとある空き瓶に水を注ぎ、つぼみが膨らんできた桜の枝を生けた。枝はしばらく経ってくると花を咲かせて、私たちの心を和ませてくれる。

しっかりと、扉がある

まるで向こう側に生けるように見えるが、よく見てみると境目となる入り口にはガラスの扉があることがわかる。ちなみにその扉には、色んなデザインがあってグミみたいな食感があるジェルジェムという飾りを貼っても構わない。

階段が見える壁

木でできた枠の中には、向こう側まで透けて見えるガラスが張られている。これは階段の様子を見ることができて、不思議なことに木製の素材とよく調和しているようにも感じる。

卓上ランプ

ベッドのそばの台に置いておきたい、理想的なデザインの卓上ランプ。ランプシェード及び電球を支えているのは、少しフラスコに似ているガラスの容器で、その中にはほのかに色が付いているものもある。

少人数で使う、ガラスのテーブル

おしゃれなオフィスやカフェにありそうな、洗練されたデザインを持つガラスのテーブル。これは3人ぐらいで使うのに適していて、物を乗せる天板や水色でらせん状となっている脚が、共に透き通ったガラス製なのが魅力。

スライド式の扉

広い入口には、黒い格子にガラスを張り巡らせたスライド式の扉が張り巡らされている。これは向こう側が透けて見えていて、ふすまや障子とは一味違うインテリア性が生まれているのがわかる。

広いリビングに馴染む

脚が高かったり低かったりするものがあって、透明なガラスの天板が付いているテーブルは、空間が広いリビングにも打ってつけだ。そして今回は床にもこもこしたカーペットが敷かれていて、椅子も完備されている。

分離することもできるテーブル

今度のテーブルは低いが、合わせて1つにしたり、分離させて2つにすることもできる。どちらにもガラスの天板が付いていて、しかも周りの風景が真っ白なので、いかにも純真無垢なイメージがあふれている。

ガラスの囲い

ものすごく広い空間を持つリビングには、天井と床で繋がっているガラスの囲いがある。出入り口となっている扉は両開きとなっていて、支えている黒い格子が全体を引き立てる。

水差しと香水ビン

どちらも素晴らしい彫刻が刻まれていて、芸術性あふれるデザインとなっている水差しと香水瓶はただ飾っておくだけでも楽しいが、実際に水を注ぐのに使ったり、エタノールやアロマオイルを混ぜ合わせて作った香水を入れても構わない。

キャンドルランタン

側面はガラス張りになっていて、中に大きめのキャンドルを収めて明かりを灯す「キャンドルランタン」も、なかなかおしゃれなインテリア小物になる。なお大きさは、小さいのと大きいのがあって、どちらもなかなか使える。

まるで氷の板みたい

広いキッチンに構えておきたい、流し台や水道も付いたキッチンテーブルの天板は、少し水色が付いた分厚いガラスでできている。これはまるで冷たい氷でできているように見えて、いかにも涼しそう。

球状のランプシェード

前回は笠のようなランプシェードだったが、今度は球体となっているランプシェードを飾り付けた。これもなかなか素晴らしい印象を与えていて、中にある電球の光をより輝かせている。

光が差し込む窓や扉

オフィスやアトリエを兼ねている家にあしらっておきたい、ほとんどがガラスでできているように見える大きな扉や窓は、外からの光を差し込んで、家の隅々にまで届けてくれそうなイメージがある。

出典:www.houzz.jp

たくさんぶら下がったランプシェード

テニスボールよりも大きなガラス製のランプシェードは、たくさん集めてワイヤーで天井から吊るすと、まるで星が降り注いでいるようにきらきらと輝いているようにも見える。ちなみに電気を送る役割も果たしているワイヤーは、長さがそれぞれ異なっているのが特徴。

出典:www.houzz.com

白い枠には、ガラスが埋められている

今までの、ガラスをはめていた格子の色は黒色だったが、今度は純真無垢な白色が使われている。それでも全然違和感なくガラスと調和していて、立派な扉を作り上げていることは確かだ。

ガリレオ温度計

今ではあまり見かけなくなったガリレオ温度計も、ガラス製の立派なインテリア製品となっていることを忘れてはならない。これは液体といくつものガラス球が中に入れられていて、気温が高くなるとガラス球が沈み、気温が低いとガラス球が浮く仕組みとなっている。

化粧水や香水、コスメブラシなどを置くトレイ

お出かけの時に使う化粧品や香水、さらには化粧水やコスメブラシなどを置いておくのにふさわしいこのトレイは、何と2段構成になっていて、ガラスでできている。これなら女性を虜にしそう。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪