食卓となったりリビングに置くのにふさわしいテーブルを塗替え!

食卓となったりリビングに置くのにふさわしいテーブルを塗替え!

毎日の食事をいただいたり、リビングの中心部分に置いておくテーブルだって、長い間使っているとかなり古ぼけてくる。そこでペンキなどを使って塗替えしてみると、お店にはないオリジナルのテーブルへと生まれ変わる。

2018.4.2 UPDATE

0

色んな形状のテーブルを塗替えて、自分好みにアレンジ!

まずは、白色のペンキを塗る

リビングに置いておくのにふさわしい、脚が短い長方形のテーブルを、白いペンキで塗装した。上や下の板、そして支えている脚にも塗っているが、少し古ぼけた感じが出るように工夫して塗っている。

表面は黒、脚は白

こちらも、先ほどと同じ形状のテーブルだが、今度は脚部分が白くて、物を乗せる部分が真黒となっていて、まるで対照的な色合いになっている。なお上の部分は、黒く塗った同じ幅の板を繋げて作っている。

ちょっと高さがある円卓

交差している脚で支えている、古ぼけた感じの円卓を、塗装によって自分好みにリメイクした。脚とテーブル部分で色を変えて、さらに表面には文字を大きめにレタリングしているという特色もある。

ロゴをステンシルしてもOK

子供用の机を真っ白に塗装した後は、黒いインクで好きな文字やロゴをステンシルした。やっぱり白い背景には黒い文字は映えて、1つの立派なインテリア家具を作り上げている。

模様を敷き詰める

大きな面積を持つ天板を真黒に塗った後は、合同な正方形型の模様を等間隔にあしらっていく。こうすることで不思議な印象のテーブルができあがる。ちなみに模様をステンシルする時は、ずれないようにセロテープで抑えるとよい。

ソファーのそばに置くサイドボード

だいぶ古ぼけてしまった小さなテーブルは、もう一度色を塗りなおしてみると新品のように生まれ変わる。そしてこれはソファーやベッドのそばにおいて、その上には花瓶に生けた花やライトを置くとよい。

水色の線で模様を付ける

まずは全体を水色に塗装して乾かし、次に物を乗せる部分に細く切ったマスキングテープを貼り、水色の絵の具で塗りつぶしていく。完全に乾いたらテープをはがすと、白と水色が融合した家具になった。

豪華絢爛な食卓

今度はダイニングに置くのにふさわしいテーブルへと、リメイクした。表面には等間隔のギザギザ模様をあしらっていて、均等な厚さになるようにニスを塗っている。さらにテーブルに合わせている椅子も、座る部分をリメイクした。

ステンシルシートで楽々

元々は黒一色のミニテーブルだったが、英語の筆記体がびっしりと書かれたステンシルシートを貼って、その上にコロコロにに付けた白い絵の具を塗りつけて、そっとはがすと、黒い背景に白い文字がくっきりと目立つ、逸品テーブルとなった。

時計の文字盤サイドボード

こちらも、細い脚で支えているミニテーブルとなっている。しかも今回の物を乗せる部分は、ローマ数字をあしらった時計の文字盤となっていて、ますますインテリア性を出しているのがわかる。

黒い背景に、白い文字が映える

こちらは少しだけど、面積を広げたり狭くしたりすることができるテーブル。肝心の部分や折り曲げる部分には白い文字で構成されたメッセージが刻まれていて、しかも背後にある黒とよく調和しているのがわかる。

合同な模様を敷き詰める

まるで花びらのような模様を、規則正しく敷き詰めていく。もちろんこれも合同な形に切ったマスキングテープを等間隔に貼りつけていき、後で水色のペンキを塗って乾かしてはがすという寸法になる。

はんだごてで模様を付ける

だいぶ使い込んで古くなったテーブルも、表面の部分にはんだごてで焦がしたような模様を付けると、なかなか味わい深いものに生まれ変わる。ちなみに模様を付ける時は、あらかじめ鉛筆で下書きをしておくとよい。

予めくり抜かれたデザインシートを貼って、その上にペンキを塗る

今使っている見慣れたテーブルに一工夫を加えたいなら、あらかじめくり抜かれたデザインシートを全体に行き渡るように貼って、その上に白いペンキを塗って乾かして模様を付けるとよい。前回は黒色だったが、今回は背景が茶色となっているのも特徴。

白と黒のストライプ

今度は、今まで紹介してきた白色と黒色をひとまとめにして天板にあしらっている。それぞれ太い直線状になるようにして交互に塗り合わせていくことで、シンプルだけど十分におしゃれな印象にしているのがわかる。

文字を付けてもOK

今度は大部分に模様をあしらわず、わずかな場所に付けている。しかも今回は大きめの文字となっていて、1つの単語を作り上げているのが特徴。なお使う文字は、ゴシック体でも明朝体でも筆記体でも構わない。

少しムラがあっても構わない

色を塗る時は完全にムラがない状態が望ましい。という決まりはない。少しムラがあったり、完全に塗れなくても大丈夫で、これはこれで味わいがあると感じている人も多い。

中には物をしまえる

フタも付いた大きな容積の箱に、鉄製の丈夫な脚を付けて周りをペンキやステンシルでデコレーションしていくと、あまり使わないものを中にしまえるテーブルができあがった。なおこの上には、燭台や花などを置いておくとよい。

長方形のタイルで覆う

もうだいぶ使い込んで、表面がボロボロになって色あせてしまっても、合同な大きさの長方形のタイルを隙間なく貼りつけていくことで、古いものからリメイクしたとは思えないような出来栄えになる。そしてこれは、外に置いても悪くない。

まずは茶色を塗って、その上に模様を付ける

こちらは、外の庭に出しておく木製テーブルと椅子。元々は全部真っ白だったが、上の天板部分だけを焦げ茶色に塗装して乾かし、その後は葉っぱの形にくり抜いた型紙を貼りつけて真っ白な絵の具を塗って紙をはがすと、素敵なものへと生まれ変わった。

子供用の小さなテーブル

子供が庭で遊ぶのにふさわしい椅子も付いた小さなテーブルを、カラフルに塗装した。脚と椅子の部分は赤く塗装して、肝心の天板部分は予め白く塗り、ギザギザに切ったマスキングテープをまっすぐになるよう貼りつけてから、虹のようにカラフルな色を塗っている。

ギザギザ模様

今度は黒くて太いギザギザ模様を、テーブルの上にあしらった。もちろんこれも同じ幅のマスキングテープを貼りつけて、その上を黒い絵の具で塗りつぶして作っている。さらに今回は、脚の部分も黒くした。

難しい文字を刻み込む

全体を白く塗装した後は、直筆やステンシルなどで難しそうなデザインの文字を刻み込んだ。文字は芸術性を出していて、上に乗せたものをより引き立ててくれるような印象がある。

金色の線

まずは全体を白く塗って乾かし、そこに所々曲がった直線状のマスキングテープを貼りつける。続いてはその上を金色の塗料でムラなく塗りつぶしていき、テープをはがすと白と金色がはっきりと目立つ模様になった。

出典:stowandtellu.com

ミツバチのステンシル

こちらも、端を折りたためて必要な時に面積を広げることができるテーブルとなっている。そしてその天板は、黒い背景にミツバチが戯れているという風景となっていて、脚の間に挟まっている板は、正六角形を敷き詰めてできたハチの巣模様なのがよい。

ヴィンテージな印象

元々は黒い、楕円形のちゃぶ台のようだったが、改めて茶色に塗り替えて天板に文字を刻み込むと、ヴィンテージ感あふれる逸品へと生まれ変わった。なお文字は、ステンシルでもレタリングでも、ハンダゴテでも構わない。

表面は茶色、脚は白

これはとてもエレガントなデザインの、小さな机。脚、天板は共に洗練されていて、表面の部分は茶色い背景に、筆記体の英語で書かれたメッセージが刻まれている。そして物をしまう引き出しもあるというのが嬉しい。

狭い面積でも、しっかりと塗る

脚が長くて、天板の部分が狭いこのテーブルも、塗装によってこんなにおしゃれに生まれ変わる。そして天板には、合同な正方形のカラフルな模様があしらわれていて、全体とよく調和している。

真っ赤に染める

下にも物を収められて、こまごまとしたものを整理できる引き出しも付いている小さなテーブルを、赤一色で染めた。これだけ高さがあったら、ベッドやソファーの近くに置いて、その上にはライトなどを置きたい。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪